ダーウィン賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダーウィン賞(ダーウィンしょう、Darwin Awards)は、進化論者であるチャールズ・ダーウィンにちなんで名づけられた皮肉の「名誉」であり、ダーウィン賞は、愚かな行為により死亡する、もしくは生殖能力を無くすことによって自らの劣った遺伝子を抹消し、人類の進化に貢献した人に贈られる賞である。

歴史[編集]

ダーウィン賞は、都市伝説が広く知られるようになった1985年に、電子メールニュースグループの議題として作られた。Google Usenetアーカイブに記録されている1985年8月7日Vending Machine Tipover[1]、および1990年12月7日のJATO Rocket Car[2]の2つの都市伝説は、早い時期から紹介されていた。JATO Rocket Carは1995年から1997年の間、電子メールにより紹介されていた。また1991年から毎年、1999年ダーウィン賞(1999年の場合)などといった題名のメールリストが、匿名で作成されている。ダーウィン賞を記録したウェブサイトもいくつか存在する。よく知られているのは、ダーウィン賞に関する本の著者であるウェンディー・ノースカットが管理しているサイトである。

受賞資格[編集]

ノースカットは、ダーウィン賞の受賞には5つの条件があるとしている。

子孫を残さないこと[編集]

「事故が原因で死亡したかまたは生殖能力を失った者であること。ただし、その前に子孫を残していたら受賞の対象にはならない。」
この賞の意義は「愚かな遺伝子を後世に伝えないことで人類の進化に貢献した者」を称えることにある。したがって、事故発生時にすでに子孫を残していたり、事故発生時に高齢等によってすでに生殖能力が失われていた場合は受賞の対象とはならない。「生殖能力を失った」ことを確認するためには、ダーウィンの著書に記述されている「無人島テスト」が適用される。これは「生殖可能な異性とともに無人島に漂着したとして子孫を残せるか」により生殖能力を判断するものであり、残せない状態になっていれば「合格」となる。テストの性質上、試験管内での受精や人工授精、クローン技術による生殖の作成の余地は残されていることになる。実際の受賞者は、事故で死亡したか事故で性器が使用不能になったかのいずれかである場合がほとんどである。なお、これらの規定はしばしば議論の対象となっている。

優れていること[編集]

「驚くべき愚行」
候補者の愚かさはユニークかつセンセーショナルでなければならない。寝タバコなどのよくある愚行については、ダーウィン賞の対象にはならない。ただし、病院で喫煙を禁止されたにもかかわらず、喫煙を続けたことにより亡くなった人[3]は、受賞の対象となる。素晴らしい功績、例えば、ニトログリセリン錠剤を飲み込み、壁に突っ込み爆発することによって自殺しようとした男性は、この条件に当てはまる。しかし、ダーウィン賞を得ようとして「驚くべき愚行」を行った場合は受賞の対象にはならない。

自ら自然淘汰を行うこと[編集]

「自らが死の原因」
手榴弾により友人を殺害すること自体は受賞の対象にならない。しかし、手榴弾から煙突クリーナーを作ろうとして自殺してしまった場合[4]は受賞の対象となる。責任を持つ団体が直接関わることを除き、他人を殺害すること、または他人の性機能を奪ってしまうことは受賞の対象とはならない。

正常であること[編集]

「明確な判断が可能」
対象者は精神疾患を持たず、犯罪者である場合は時効を過ぎていなければならない。

真実であること[編集]

「事実であることを証明されなければならない」
受賞の対象になった話は、信頼できる情報元(新聞記事やテレビのニュース、確実な目撃者がいるなど)に記録されていなければならない。真実でないことが判明した場合は、受賞資格は与えられない。しかし、とても面白い話であった場合は、都市伝説の欄に記録される。

[編集]

  • 手榴弾ジャグリング[5](クロアチア、2001)
  • 火薬庫にタバコを捨てる(フィリピン、1999)
  • パラシュートを着用せずスカイダイビング[6](アメリカ、1987)
  • ライターを使い、銃口を覗き見るための明かりを得ようとする[7](アメリカ、1996)
  • 燃料が無いことを証明しようとして、ガソリンタンクに火をつける(ブラジル、2003)
  • 45口径の自動拳銃を使い、ロシアンルーレットを行う[8](アメリカ、2000)
  • 地雷を使ってロシアンルーレットを行う(カンボジア、1999)
  • 警官や銃を所持した客でごった返す銃砲店へ強盗に押し入る。(アメリカ、1990)
  • 窓ガラスが割れないことを証明しようとして窓に突っ込み、飛び降り自殺をしてしまう[9](カナダ、1996)
  • 喧嘩をして窓から放り投げた妻にとどめを刺すべく飛び降りて、電線に引っかかって感電死(アルゼンチン、1998)
  • 水族館のシャチの水槽に勝手に飛び込み、シャチに水中に引きずり込まれ溺死(アメリカ、1999)

ノースカットのダーウィン賞に関するサイトでは、幸運にも、死亡したり性機能を失うまでには至らなかった人についての話も掲載されている。例として、Lawnchair Larryがある。彼は1982年7月椅子気球を取りつけカリフォルニア海岸の上を飛行していた。しかし16,000フィートまで上昇し、管制空域に入ってしまったので、後に罰金刑となった。

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]