コックリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コックリングの一例

コックリング(Cockring)は、男性のペニスにつける輪(性具)である。 主にペニスの根元につけられることが多く、ペニスの細胞からの血流を遅くし、勃起する時間を長くするのに用いられる。 コックリングはペニスだけにつけることも可能でありながら、ペニスと陰嚢の両方につけることが可能である。陰嚢だけにつけることも可能だが、この場合はコックリングではなく睾丸カフと呼ばれることがおおい。

コックリングの材質はさまざまで、皮革・ゴム・シリコンが一般的であるが、締め付ける部分やメインのパーツが金属やナイロンでできているものもある。 コックリングという名称は、プリンス・アルバート・ピアッシングと同じ意味で用いられることが多いが、金属製の輪である必要はない。

コックリングによる刺激[編集]

コックリングは勃起不全の治療や勃起の亢進を押さえたりするのに使われる一方、コックリングによって締め付けられた時の感触やうっ血を楽しむのにつかわれる。コックリングは性具である一方、性器のアクセサリとしてもつかわれる。ED治療の目的でつかわれる際、血管や神経を傷つけるのを避けたり、勃起をコントロールするために、ペニスの根元についている輪が、バキュームポンプのシリンダーから外れないように、バキュームポンプ本体が勃起を調整している。 コックリングは自慰目的でつかわれたり、より快い勃起を起こしてオルガスムを長引かせるために使われることもある。また、快楽を増幅させるためにバイブレーターが付いているタイプもある。

使用方法[編集]

コックリングは、勃起をコントロールしたり、激しい勃起を起こさせるために、血液をペニス内部にたまらせる。そのため、勃起させたいときに使うときは、コックリングを必ずペニスの付け根につける。

コックリングは伸縮性のある素材でできていることが多く、ペニスから陰嚢までつけ、使用時は睾丸が体の外側へ向かって動いていく。ただし、金属やプラスチックといった硬い素材でできている場合、使用するときは陰嚢を引っ張って輪に通してから、睾丸も輪に通す。そうすることにより、輪に通したペニスが体の外に向かって動く

種類[編集]

シリコーン陰茎亀頭リング

コックリングの素材はさまざまで、シリコン・ゴム・ナイロンといった軟質のものから、金属やプラスチックといった硬質なものでできているものまでさまざまである。

ある種のコックリングは、セックス時にクリトリス肛門を刺激するものが付いている.[1]。また、振動するコックリングは、輪自体が振動するタイプがある一方、取り外し可能な2つの弾丸型バイブレーターがクリトリスや睾丸を刺激する、ドルフィンタイプというものがある。これらのタイプ以外にも性交中にパートナーの陰嚢や会陰を刺激するタイプのものがある。これにより、女性は、コックリングについたバイブレーターにクリトリスを刺激されて、オルガスムスに達しやすくなる。 なお、コックリングをしているときに痛みや不快感を覚えたり、性器が冷たくなったと感じたら、コックリングを外すべきである。 これらのタイプとは別に、ふくらませてサイズを調節するタイプもある。また、トリプルコックリングまたはトリプル・クラウンと呼ばれるタイプは、睾丸を固定するためのリングが2つついている。通常オルガスムスの際、睾丸は体の内側に向かって引っこんで行くものだが、トリプル・クラウンをつけているときは、その輪によって睾丸は強制的に体の外に向かって動くため、オルガスムスの快感を長引かせることができる。

特殊なタイプ[編集]

近年発売されているコックリングは、アクセサリーや突起が付いているものが多く、2つの睾丸を同時に刺激するバイブレーターがついたものもある。 また、近年発売されているコックリングの多くは、性交中にクリトリスや肛門を刺激するアクセサリがついたものもある。ただし、付属するアクセサリの数が多ければ多いほど、そのアクセサリの冷たい感触に悩まされやすくなるという難点もある。

これ以外にも、コックリングの内蔵された下着がある。このタイプのパンツの内部には、繊維製またはゴム製のコックリングやCリング(ペニスを囲むようにして装着し、行き来させる輪)がついたポーチがあり、それが性器へとつながっている。Cリングは装着者が歩くたびに、性感帯を刺激するようになっている[2]

カリフォルニア・マッスルというブランドは、背部を露出させられるようになっており、このタイプのCリングのポーチは、細いビキニ型水着やジョックストラップにつけることができる。

注意[編集]

コックリングの注意書きには、20分から30分以上コックリングを装着してはならないと書いてあり、眠っているときや麻薬で意識がもうろうとしているときも同じく危険であると書いてある。ペニスがしびれ出したり、白くなり始めたら、危険信号であり、すぐに外すべきだとされている

コックリングを簡単にかつきちんと外れるようにするため、今日のコックリングは外しやすくなっており、いちいちペニスの付け根から輪を引っ張りだす手間が省けるようになっている。

また、抗凝血薬を飲んでいる人や、鎌状赤血球症患者、糖尿病患者、心臓病患者はコックリングを使うべきではないとされている。さらに、それらの問題とは別にコックリングがすぐに抜け落ちたり、恥毛にからまったり、陰のうが締め付けられると言ったトラブルも起きている。そのため、コックリングを使用する際は、ローションも併用するとよいとされている。

医学的な問題およびその対策[編集]

コックリングがきつすぎたり、コックリングを長時間装着している場合は危険であり、持続勃起症になり、最悪の場合壊疽を起こして陰茎を切断せざるをえなくなることもある。勃起不全の治癒に用いる場合でも、30分以上の装着は不適切であるとされている。また、コックリングをつけたまま眠ったときがもっとも危険とされており、一時的もしくは永久的に、性器の神経を傷つけることになる。コックリングを長くつけすぎると、陰茎亀頭がまひしペニスが冷えたり白くなったりするため、すぐに医師の診察を受けるべきであるとされている。

伸縮性のあるコックリングは輪を広げて陰茎から引っ張り出して外すが、体勢の問題で取り出しにくい時がある。そのため、引っ張り出さなくても、すぐに外れる仕掛けがついたものもある。

勃起不全以外の目的で用いられるタイプの物は、血流が戻る力を弱めるための機能が付いている。たとえば、あるタイプには、使用時にリングを行き来するための堅いビーズがついている。

重度の勃起不全の治療に使う際、ポンプで勃起させてから、勃起した陰茎にコックリングを被らせるとうまくいくとされている。勃起不全治療には、勃起した際にシリンダーから外れることがないように、よく伸びる素材の輪の使用が望ましいとされている。

脚注[編集]

  1. ^ Questions and answers on cock rings Retrieved on 2010-03-03
  2. ^ How to put on a cock ring Retrieved on 2010-03-03

関連項目[編集]