ダーウィン・アワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダーウィン・アワード
The Darwin Awards
監督 フィン・タイラー
脚本 フィン・タイラー
製作 ジェーン・シンデル
出演者 ジョセフ・ファインズ
ウィノナ・ライダー
デヴィッド・アークエット
ジュリエット・ルイス
ウィルマー・バルデラマ
クリス・ペン
ジュリアナ・マルグリーズ
ロビン・タニー
ブラッド・ハント
ジョシュ・チャールズ
ジュダ・フリードランダー
ルーカス・ハース
D・B・スウィーニー
音楽 デビッド・キティ
撮影 ヒロ・ナリタ
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 プレシディオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年1月25日
日本の旗 2007年12月1日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ダーウィン・アワード』(The Darwin Awards)は、アメリカ合衆国コメディ映画

ダーウィン賞という、「愚かな死に方」をしたことによって己の劣った遺伝子を自ら淘汰し、人類の進化に貢献した人に贈られるブラックジョーク要素を持つ賞をもとに製作された。2006年サンダンス映画祭で公開。日本では作品の公開にあわせて日本版ダーウィン賞が発表、SHIBUYA 109にて授賞式が行われた。PG-12指定。

あらすじ[編集]

映画は大学生が卒業研究のドキュメンタリーとして主人公マイケル・バロウズを撮影するシーンから始まる。随所に学生のカメラから撮影したカットが盛り込まれている。

愚かな死に方をした人に贈られるダーウィン賞マニアでサンフランシスコ市警のマイケル・バロウズは、犯人を取り逃がし保険会社に転職し、保険調査員シリ・テイラーとコンビを組む。保険者の死因についてダーウィン賞のような愚かな死に方をしたと主張するバロウズにテイラーは困惑したが、彼の手腕が明らかになるにつれ徐々に親しくなり、さまざまな保険者の死因を推理する。やがて二人はある晩関係をもったが、次の日には価値観の相違から破局。そんな時にかつて取り逃がした犯人が現れる…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
マイケル・バロウズ ジョセフ・ファインズ 藤原啓治
シリ・テイラー ウィノナ・ライダー 小林さやか
ジョリーン ジュリエット・ルイス 浅野まゆみ
ハーヴェイ デヴィッド・アークエット 咲野俊介
トム クリス・ペン 遠藤純一

トリビア[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]