ケンジントン&チェルシー王立区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケンジントン&チェルシー王立区
Royal Borough of
Kensington and Chelsea
Kensington and Chelsea
グレーター・ロンドン内における位置
地理
行政上の地位 ロンドン特別区王立区
面積
— 総面積
325位 (326地区中)
12.13 km²
ONSコード 00AW
人口統計
人口
— 合計 (2010年推定)
— 人口密度
102位 (326地区中)
16,9500人
13,974人 / km²
民族構成 77.1% 白人
(50.2% 英国人
2.7% アイルランド人
24.2% その他)
0.8% カリブ系混血
0.6% アフリカ系混血
1.2% アジア系混血
1.4% その他 混血
3.0% インド人
1.1% パキスタン人
0.9% バングラデシュ人
1.4% その他のアジア系人
2.2% カリブ系黒人
3.5% アフリカ系黒人
0.6% その他の黒人
2.7% 中国人
3.6% その他
政治
行政府 テキスト参照
首長 ジェームズ・ハスバンド
英国議会下院選出議員 グレッグ・ハンズ
サー・マルコム・リフキンド
ロンドン議会
選出議会議員
West Central
キット・モルトハウス
ポストコード
警察
W, SW
ロンドン警視庁
公式サイト www.rbkc.gov.uk


ケンジントン&チェルシー王立区 (―おうりつく、: Royal Borough of Kensington and Chelsea、しばしばRBKCと略称) は、イングランドロンドン中央部にあるロンドン特別区の一つである。シティ・オブ・ウェストミンスターに次いで裕福なバラである。

現代のロンドンの心臓部であるシティ・オブ・ウェストミンスター[要出典]とは王立区域の東側で隣接しており、西側ではハマースミス・アンド・フラム・ロンドン特別区と境界を接する。区の豊富な資産を生かして、大規模な博物館大学アルバートポリス内)のほか、ハロッズハーヴェイ・ニコルズのようなデパートなど、区内にはかなりの数の施設が建てられている。また、ノッティング・ヒル地区で開催されるノッティング・ヒル・カーニバルは欧州最大のカーニバルであるほか、ベルグラビアナイツブリッジとケンジントン・ガーデンの各地区にはいくつかの大使館が林立する[要検証 ]。ロンドン近郊の高級住宅地としても知られ、世界で最も贅沢な地域の一つでもある[要出典]

区の自治主体はケンジントン・アンド・チェルシー・ロンドン特別区・カウンシルである。王立区のモットーはQuam Bonum in Unum Habitareであり、大まかに訳すと「仲良く暮らすことは良いことだ」である。

歴史[編集]

1965年ケンジントンチェルシーが合併し生まれた。

ケンジントン&チェルシーの地域[編集]

人口統計[編集]

2001年の国勢調査によると、自治区には、15万8919人が住んでいる。人口比率は79%の白人と4%のアフリカ系黒人と3%のカリブ系黒人そして、それ以外が14%だった。平均余命は男性が79.8歳、イギリスで3番目に高かった。女性は84.8歳でイギリスで最も高かった。[要出典]

2006年12月に、スポーツ イングランドはケンジントン&チェルシーの住民がイギリスで4番目にスポーツと他のフィットネス活動が活発だという調査を発表した。[要出典]

宗教[編集]

ケンジントン&チェルシーの典型的な通り。

ケンジントン&チェルシーには多くの[要出典]キリスト教会がある:

  • ブロンプトン小礼拝堂 --"ローマカトリック"
  • チェルシー旧教会--"英国国教会"
  • 聖トリニティ・ブロンプトン教会--"英国国教会"
  • 聖コロンバ教会--"スコットランド教会"

名所・旧跡・主要施設など[編集]

外部リンク[編集]