サウス・ケンジントン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サウス・ケンジントン駅
South Kensington station
South Kensington station.jpg
サウス・ケンジントン駅の位置(セントラル・ロンドン内)
サウス・ケンジントン駅
サウス・ケンジントン駅
セントラル・ロンドン内におけるサウス・ケンジントン駅の位置
位置
所在地

サウス・ケンジントン SW7 2NB

北緯51度29分38.89秒 西経0度10分26.02秒 / 北緯51.4941361度 西経0.1738944度 / 51.4941361; -0.1738944
行政区 ケンジントン&チェルシー王立区
駅情報
運営 ロンドン地下鉄
路線 サークル線
ディストリクト線
ピカデリー線
ホーム数 4
ゾーン 1
地下鉄年間乗降員数
2005年 23.97百万人[1]
2007年 28.251百万人[1]
歴史
1868年 (1868)
1868年
1872年

1900年
1906年
1908年
1949年
開業(MR)
運行開始(MDR)
アウター・サークル運行開始(NLR)
ミドル・サークル運行開始
環状線完成(H&CR/MDR)
ミドル・サークル廃止
開業(GNP&BR)
アウター・サークル廃止
サークル線運行開始

座標: 北緯51度29分39秒 西経0度10分26秒 / 北緯51.4941度 西経0.1738度 / 51.4941; -0.1738

サウス・ケンジントン駅 (South Kensington station) はロンドン西部のケンジントンにある、ロンドン地下鉄である。ディストリクト線サークル線およびピカデリー線が発着する。トラベルカード・ゾーン1にある。

ディストリクト線・サークル線は掘割(天井の無い浅い地下)にあるホーム(掘割駅、the sub-surface platforms)を使用し、線路・ホームを共有している。ピカデリー線はその下にある地下トンネル内のホームを使用する。

各線共通の改札口を出て正面の階段を昇ったアーケード (the main station entrance) 両端の出口の他に、その階段手前で券売機の前を通って北側へ向かう地下道の先の博物館口 (subsidiary entrances) 二つがある。改札正面のアーケードを擁する部分はオールド・ブロンプトン通り国道A3218号線)、Thurlow Place、Harrington Road、Onslow PlaceおよびPelham Street に囲まれており、Pelham Street に面した出口と Thurlow Street に面した出口とがある。二つの博物館口はいずれもExhibition Road西側にあり、Cromwell Road との交差点北側にロンドン自然史博物館に近い出口が、インペリアル・カレッジ・ロードとの交差点近くにサイエンス・ミュージアムおよび王立音楽大学への出口が、それぞれ位置している。また、ヴィクトリア&アルバート博物館インペリアル・カレッジ・ロンドンゲーテ・インスティトゥートのロンドン支部およびIsmaili Centreにも近い。

歴史[編集]

この駅は、1868年12月24日に、メトロポリタン鉄道(MR、後のメトロポリタン線)およびメトロポリタン・ディストリクト鉄道(MDR、後のディストリクト線)により開業した。

MRは1868年10月1日にこの駅の西隣のグロースター・ロード駅まで延伸しており、MDRがその後にサウス・ケンジントン駅~ウェストミンスター駅間に最初の区間を開業した際にMDRと接続するため、サウス・ケンジントン駅まで延伸した。

MDRの開業の際にMRとMDRはこの駅で接続し、両鉄道はライバルだったが、それぞれの会社の運行する列車が相手会社の線路を相互直通運転するインナー・サークル (Inner Circle) 系統の運行を行っていた。加えて、同様にMDRと他社の相互直通運転を行う、「アウター・サークル」が1872年2月1日より、「ミドル・サークル1872年8月1日より運行され、いずれもこの駅を経由している。しかし、ミドル・サークルは1900年に、アウター・サークルは1908年12月31日にその運行区間を短縮され、この駅まで走らなくなっている。

1870年8月1日、MDRはグロースター・ロード駅~サウス・ケンジントン駅の間に自社の線路を敷設した。また、1871年10月1日にはMDRは自社の駅設備を設置した。

1885年、MDRは駅からExhibition Roadの下に歩行者専用地下道を作り、新たに建設されたミュージアムへの保護されたアクセスを与えた。もっとも、1908年までは通路の使用には通行料が必要だった[2]

20世紀初頭、MDRはリッチモンド支線、イーリング支線、ウィンブルドン支線、およびハウンズロー支線(この支線は現在ピカデリー線が運行)を次々と開業させたために、MDRはインナー・サークル南側区間(サウス・ケンジントン駅~マンション・ハウス駅)の激しい混雑に悩まされることになった。この両駅は1時間あたり平均で20本、多い時にはそれ以上の列車が走っていた[3]

この混雑を解消するため、MDRはアールズ・コート駅からマンション・ハウス駅への地下急行線の建設を計画した。1897年に議会の認可が下りたが、しかし工事はわずかしか行われなかった。1898年、MDRはサウス・ケンジントン駅からピカデリー・サーカス駅までの路線を計画していたBrompton & Piccadilly Circus Railway(現在のピカデリー線)を吸収した。この路線は、サウス・ケンジントン駅でMDRの新線と連結するように修正され、東方向のマンション・ハウス駅までの区間の計画は撤回された。MDRの地下トンネル内ホームの一部が短区間建設され、タイル張りがなされたが、営業に使用されることはなかった(ただし、後年signal schoolとして使用された)。

かつてのピカデリー線サウス・ケンジントン駅の駅舎

1902年のUnderground Electric Railways Company of London LtdによるMDRの買収の後、計画路線は第三の計画と混ぜられ、1906年12月15日にGreat Northern, Piccadilly & Brompton Railway(GNP&BR、現在のピカデリー線)としてフィンスベリー・パーク駅ハマースミス駅が開業した。サウス・ケンジントン駅の地下ホームは掘割ホームの直下に建設され、地平面からは地平面に伸ばされた出入口から掘割に作られた駅舎までエレベーターによりホームへアクセスできた。この駅舎はLeslie Greenにより設計され、正面がGNP&BR特有のox-blood redに塗られたテラコッタにより建設された。地下ホームの一部が短い区間建設され、タイル張りされたが、しかし営業に用いられることはなかった[4](ただし、後にsubt erranean officesとして使用された)。

1949年、それまでメトロポリタン線の系統の1つの扱いであったインナー・サークル系統が「サークル線」として地下鉄路線図上で独立した。

駅の配置[編集]

ディストリクト線・サークル線ホーム。左手の線路の向こうには使用されていないホームがある。右手の電車はディストリクト線東行き列車。

初期の配置[編集]

現在の掘割ホームの配置は、初期の配置から変更されている。北側から南側へ、初期のホームの配置を書くと以下のようになる。

1番ホーム: MR 東行き
2番ホーム: MR 西行き
3番ホーム: MDR東行き
4番ホーム: MDR西行き

2番ホームと3番ホームは島式ホームで、両ホームの間には西から来たMRの列車が終点とし折り返すための線路があった。

初期の配置 現在の配置
1番ホーム(MR 東行き)
使用されていないホーム
→→→MR 東行き→→→ (線路を撤去)
←←←MR 西行き←←← →→→→東行き→→→→
2番ホーム(MR 西行き)
2番ホーム(東行き)
サークル/ディストリクト線
1番ホーム(西行き)
--MR 折り返し線--┫
3番ホーム(MDR東行き)
→→→MDR東行き→→→ ←←←←西行き←←←←
←←←MDR東行き←←← (線路を撤去)
1番ホーム(MDR西行き)
かつてのホームは撤去

現在の配置[編集]

折り返し線路は1957年に使用されなくなり、線路のあった部分は2つの島式ホームをつなぐために埋められた。1番ホームと4番ホームはそれぞれ1968年1月と1969年3月に使用されなくなった。これらのホーム用の線路もまた撤去され、4番ホームはその後取り壊された。また、1・4番ホームが廃止された後に、3番ホームは1番ホームへと改称された。

現在は配置変更により列車は初期の配置とは線路を逆方向に走るようになり、間が埋められて広いひとつのホームとなった島式ホームのそれぞれの側にディストリクト線・サークル線の各方向の列車が発着する。

ホーム2:ディストリクト線・サークル線東行き
ホーム1(かつてのホーム3):ディストリクト線・サークル線西行き

初期のエレベーター・エスカレーターが移設されたため、現在はGNP&BRの駅舎は地下トンネル内ホームへの出入口として使用されなくなっている。駅舎はその一部であったテラスの残部が壊されたが、Pelham Street沿いに廃止されたまま残っている。現在もなおホームへの出入口として復活させることは可能である。 駅の東に西方向行きの列車がここを終点とし、それから東行きの線路に合流することができる 分岐器(ポイント)がある。

隣の駅[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
サークル線
グロスター・ロード駅 - サウス・ケンジントン駅 - スローン・スクエア駅
ディストリクト線
本線
グロスター・ロード駅 - サウス・ケンジントン駅 - スローン・スクエア駅
ピカデリー線
グロスター・ロード駅 - サウス・ケンジントン駅 - ナイツブリッジ駅

参照[編集]

  1. ^ a b Transport for London - London Underground performance update
  2. ^ Christian Wolmar. The Subterranean Railway: How the London Underground Was Built and How It Changed the City Forever. Atlantic Books. pp. p 114. ISBN 1-84354-023-1. 
  3. ^ ibid. p 108
  4. ^ www.dougrose.co.uk - statistics

外部リンク[編集]