ホルボーン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホルボーン駅
Holborn Station
Holborn Tube Station - April 2006.jpg
位置
所在地

88-94 Kingsway, LONDON, WC2B 6AA

北緯51度31分02秒 西経0度07分12秒 / 北緯51.51722度 西経0.12000度 / 51.51722; -0.12000
行政区 カムデン・ロンドン特別区
駅情報
運営 ロンドン交通局
路線 ピカデリー線
セントラル線
駅構造 地下駅
ホーム数 4
ゾーン 1
地下鉄年間乗降員数
2005年 25.074百万人[1]
2007年 31.106百万人[1]
歴史
1906年
1907年
1933年
1994年
開業(GNP&BR)
オールドウィッチ支線開業
セントラル線開業
オールドウィッチ支線廃止

ホルボーン駅 (Holborn station) は、ロンドン都心部のロンドン地下鉄鉄道駅である。カムデンホルボーンを南北に通るキングスウェイと東西に通るハイ・ホルボーンが交わる場所にあり、ピカデリー線セントラル線の列車が発着する。

ピカデリー線ではコヴェント・ガーデン駅ラッセル・スクウェア駅の間、サークル線ではトッテナム・コート・ロード駅 (Tottenham Court Road)とチャンスリー・レーン駅 (Chancery Lane)の間にある。

大英博物館の最寄り駅なので、プラットホームには博物館の所蔵物のポスターが貼ってある。

駅の入口はキングスウェイハイ・ホルボーン沿いにある。 トラベルカード・ゾーンは1

沿革[編集]

ホルボーン駅は1906年12月15日に、グレート・ノーザン、ピカデリー・アンド・ブロンプトン鉄道(GNP&BR, 現在のピカデリー線にあたる)が開業した。当時の駅名は「ホルボーン(キングスウェイ)」(Holborn (Kingsway))といった。駅のさらに地下にはセントラル・ロンドン鉄道(CLR, 現在のセントラル線)が通っていたが、当時はセントラル線の方にはこの場所に駅がなく、250メートル西に「ブリティッシュ・ミュージアム駅」があった。

当初予定されていたホルボーン駅とストランド駅(後のオールドウィッチ駅)を結ぶオールドウィッチ支線(Aldwych branch)は建設の遅れで1907年11月30日になりようやく開通した。ほんの一駅の間をシャトル運行するこの路線は当初より乗客が少なく、第二次大戦時には一時的に廃止され路線全部が防空壕と化し、戦後も平日のラッシュ時のみ運転されるような状態が続き、ついに1994年に廃止された。現在のオールドウィッチ駅は映画などの撮影のために開放されるのみである。ホルボーン駅にあったオールドウィッチ支線用のホームは、ロンドン地下鉄による新型の案内用サインや広告システムの設置テストに使用されている。

ホルボーン駅の地下を走るCLRのトンネルを工事で拡大し、両線の間の乗換駅を作ろうという案は1913年より具体化したが、第一次世界大戦勃発で実現しなかった。1930年代初頭にロンドン各地の地下鉄駅が近代化されたのと同じ時期にホルボーン駅も近代化され、駅出口はモダニズム様式にデザインし直され、セントラル線に新設されたプラットフォームから地上へは長大なエスカレーターで結ばれた。セントラル線のホルボーン駅が1933年9月25日に開業するのと同時にブリティッシュ・ミュージアム駅は廃止された。

1980年7月9日の13時28分、セントラル線のホルボーン駅では、西行きホームで停車中だった13時17分発の電車に別の電車が追突する事故が起こっている。

近隣の名所[編集]

ホルボーン駅&近隣 ギャラリー[編集]

その他[編集]

ハワード・ジョーンズ楽曲 ニューソング(1984年)のミュージック・ビデオロケーション撮影は当駅で行われた。

脚注[編集]

  1. ^ a b Transport for London - London Underground performance update

外部リンク[編集]