アップミンスター駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アップミンスター駅
Upminster station
Upminster station main entrance.JPG
アップミンスター駅の主な建物
アップミンスター駅の位置(グレーター・ロンドン内)
アップミンスター駅
アップミンスター駅
グレーター・ロンドン内におけるアップミンスター駅の位置
位置
所在地

ハヴァリング RM14 2TD

北緯51度33分33秒 東経0度15分04秒 / 北緯51.55917度 東経0.25111度 / 51.55917; 0.25111
行政区 ハヴァリング・ロンドン特別区
駅情報
運営 c2c
所有者 ネットワーク・レール
路線 ディストリクト線
ロンドン・ティルベリー・アンド・サウスエンド線
ロムフォード-アップミンスター線
駅構造 地上駅
駅コード UPM
ホーム数 7
ゾーン 6
NR 年間乗降員数
2004/5年度 3.438百万人[1]
2005/6年度 3.331百万人[1]
地下鉄年間乗降員数
2004年 3.338百万人[2]
2007年 4.569百万人[2]
歴史
1885年 (1885)
1902年
1905年
1932年
開業(LT&SR)
ディストリクト線開業
ディストリクト線廃止
ディストリクト線再開業
その他
外部リンク 時刻表駅の構造
駅の施設バス路線・停留所

座標: 北緯51度33分32秒 東経0度15分04秒 / 北緯51.559度 東経0.2511度 / 51.559; 0.2511

アップミンスター駅(英語: Upminster station) は、イギリスロンドンにある鉄道駅で、ロンドン地下鉄およびナショナル・レールの列車が発着する。

ロンドン東部ハヴァリング・ロンドン特別区アップミンスターにある。

概要[編集]

ロンドン地下鉄ディストリクト線の駅である。またナショナル・レールc2cおよびナショナル・エクスプレス・イースト・アングリア(英語版)が運行する列車の発着がある。

この駅はロンドン地下鉄で最も東の駅であり、チャリング・クロス駅の16.6マイル (26.7 km) 北東、フェンチャーチ・ストリート駅から下り側に東に15マイルのところにある。

ロンドン地下鉄・ゾーン6にあり、駅の営業はc2cが行っている。

歴史[編集]

この駅は1885年ロンドン・ティルベリー・アンド・サウスエンド鉄道 (LT&SR) により、ティルベリーを迂回してロンドンとサウスエンドとを直結する新しいルートの駅として開業した。

1902年、Whitechapel & Bow Railwayの開業によりメトロポリタン・ディストリクト鉄道の列車がLT&SRの線路まで運行することが可能になった際に、この駅はディストリクト線の東の終点として運行されるようになった[3][4]。もっとも1905年、ディストリクト線が電化された際に、ディストリクト線の運行はイースト・ハム駅まで(さらに後にはバーキング駅まで)短縮された。

1932年、ロンドン・ミッドランド・アンド・スコッティー鉄道英語版) (LMS) が第三軌条方式電化がなされたバーキング駅から線路を複線化 (constructed an additional pair of tracks from Barking) した際に、ディストリクト線の東の終点として再延伸された[3]

同年、この駅はLMSにより大幅に拡張され、中心駅舎・2つの跨線橋および残りのプラットホームは典型的な1930年代のスタイルで建設された。ロムフォードへの運行のための更なるホームは後に追加された。「Station Road」およびタクシー乗り場へのアクセスを与える駅舎は近代的に拡張・再開発され、W H Smith・cobblers/dry cleanersおよびタパスレストランとして現在使用される3棟を含めた。

1番線に残る、元々のビクトリア調の駅構造物 (The original Victorian station structures) は改装され、現在は第2切符売場・公衆トイレおよび、「Station Approach」・駅の駐車場への出口を備える待合室として用いられている。

この駅のホーム東端にはロンドン地下鉄の信号所、および駅の数百ヤード東にはc2cの全ての列車運行についての近代的な信号統括センター (signal control centre) が存在する[5]

列車の発着[編集]

この駅には7番線までホームがある。 1a・1・2番線はc2cの運行する列車が発着する。3・4・5番線はディストリクト線が発着し、6番線は'one'が運行する列車が発着する。

日中の列車本数は以下の通り。(本数は1時間あたり)

切符売り場・発券[編集]

この駅には2つの切符売り場 (Ticket Offices) があり、共にc2cにより営業されている。主駅事務室は本道 (main road) に面しており、第2事務室は駅駐車場に至る脇道 (side road) に面している。

この駅はほとんどTRIBUTE発券システムを使用しているが、しかしオイスター・カード (Transport for London Oyster Cards) の発売ができるようにする必要があり、2007年3月23日まで2台のAPTIS発券機がcoincidentallyであった(これらは全てのナショナ・レールの路線網で使用され続けている最後に残るAPTIS機であった)。 c2cはFasTISと呼ばれる、TRIBUTEに似た、完全にコンピューターベース (fully computer-based) ながらオイスター・カードの発売も可能である、新しいシステムの試験中である。このシステムはオイスター・カード設備が必要となるトラベルカード・ゾーンのエリア内の他のナショナル・レールの駅(たいていはGunnersbury駅やウィルズデン・ジャンクション駅のようなナショナル・レールとロンドン交通局路線の接続駅)における使用をすでに認可されている。もしc2cの試験が成功すれば、このシステムはc2cの路線網に拡大されるだろう。

乗り継ぎ[編集]

ロンドン・バスのバス路線の248系統、346系統、347系統、370系統、および373系統が駅から発着している。

隣の駅[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
ディストリクト線
アップミンスター・ブリッジ駅 - アップミンスター駅
ナショナル・レール
ナショナル・エクスプレス・イースト・アングリア
ロムフォード-アップミンスター線
エマーソン駅 - アップミンスター駅
c2c
ロンドン・ティルベリー・アンド・サウスエンド線
バーキング駅 - アップミンスター駅 - ウェスト・ホーンドン駅またはOckendon station


脚注[編集]

  1. ^ a b Annual passenger usage based on sales of tickets in stated financial year(s) which end or originate at アップミンスター駅 from Office of Rail Regulation statistics
  2. ^ a b Transport for London - London Underground performance update
  3. ^ a b Rose, D., The London Underground: A diagrammatic history, (1999)
  4. ^ Wolmar, C., Subterranean Railway, (2004)
  5. ^ c2c - Train name unites c2c and Network Rail

外部リンク[編集]