マンション・ハウス駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンション・ハウス駅
Mansionhouse Sation
Mansionhouse300.jpg
マンション・ハウス駅の位置
マンション・ハウス駅
セントラル・ロンドン内におけるマンション・ハウス駅の位置
位置
所在地 マンション・ハウス
行政区 シティ・オブ・ロンドン
駅情報
運営 ロンドン地下鉄
路線 サークル線
ディストリクト線
駅構造 地下駅
ホーム数 3
ゾーン 1
地下鉄年間乗降員数
2005年 4.221百万人[1]
2007年 5.11百万人[1]
歴史
1871年 (1871)
1872年

1872年
1884年

1900年
1908年
1949年
1989年
1991年
ターミナル駅として開業(MDR)
アウター・サークル運行開始(NLR)
ミドル・サークル運行開始
環状線完成(H&CR/MDR)
インナー・サークル、東に延伸
運行終了
ミドル・サークル運行終了
アウター・サークル運行終了
サークル線運行開始
建て直して再開業

座標: 北緯51度30分44秒 西経0度05分39秒 / 北緯51.5122度 西経0.0941度 / 51.5122; -0.0941

マンション・ハウス駅(‐えき、英語: Mansion House station)はロンドンシティ・オブ・ロンドンにあるロンドン地下鉄の駅である。

サークル線ディストリクト線が発着する。この駅はトラベルカードゾーン1 (Travelcard Zone 1) 内にある。

概要[編集]

クイーン・ヴィクトリア・ストリート (Queen Victoria Street) とキャノン・ストリートの交差点の地下にある地下駅である。

マンション・ハウス(シティ・オブ・ロンドンの市長官邸)に近いが、実際にはバンク駅の方がより近い。

歴史[編集]

この駅は1871年7月3日メトロポリタン・ディストリクト鉄道(Metropolitan District Railway、MDR、現在のディストリクト線)が路線をブラックフライアーズ駅から延伸した際に開業した。この駅はMDRの新しい東側の終着駅となった。

MDRはメトロポリタン鉄道(Metropolitan Railway、MR、現在のメトロポリタン線)とサウス・ケンジントン駅でつながっており、両鉄道はライバルであったが、「内環状線」(インナー・サークル)というそれぞれの列車が相手の路線に直通する運転を行った。

1872年2月1日、MDRの北方面支線がアールズ・コート駅からアディション・ロード駅(Addison Road station、現在のケンジントン・オリンピア駅)まで開業し、West London Extension Joint Railway(WLEJR、現在のウェスト・ロンドン線)と接続するようになる。この時からアウター・サークル(Outer Circle、外環状線)系統がMDRの路線を経由して運行されるようになった。この系統はNorth London Railway(NLR)により同鉄道の終着駅ブロード・ストリート駅(Broad Street station、かつてシティにあったが現存しない)からウィルズデン・ジャンクション駅までノース・ロンドン線 (North London Line) を、そこからアディション・ロード駅までウェスト・ロンドン線を、そしてそこからMDRをマンション・ハウス駅までを運行する、という形態であった。

1872年8月1日より、ウェストミンスターを通過するミドル・サークルもまた運行を開始した。この系統はムーアゲートからインナーサークル北側のMRの路線をパディントンまで走り、そこからラティマー・ロード駅までハマースミス&シティ鉄道(Hammersmith & City Railway、H&CR、現在のハマースミス&シティ線)を走り、そこからMDR線をマンション・ハウス駅まで運行するというものである。この系統はH&CRとMDRが共同で運行した。

1884年10月10日、MDRとMRはマーク・レーン駅(現在は廃止)まで路線の東側を延伸し、これによりインナー・サークルが環状線として完成した。

1900年6月30日、ミドル・サークル系統はアールズ・コート駅とマンション・ハウス駅の間の運行を取り止め、1908年12月31日にはアウター・サークルも運行を取り止めた。

1920年代に、この駅の入口はチャールズ・ホルデン (Charles Holden) の設計で再築された。1924年から1926年に延伸したシティ&サウス・ロンドン鉄道(City & South London Railway、現在のノーザン線)の駅同様の彼特有の駅デザインで建設された。

1949年、メトロポリタン線の運行するインナーサークル系統は、路線図において「サークル線」として記載されるようになった。

1989年10月29日、駅は新しい入口とリニューアルのために閉鎖し、その後1991年2月11日に再開している。

トリビア[編集]

この駅はしばしばクイズの問題に登場する。すなわち、ロンドン地下鉄の中で名称に5つの母音すべてを含む駅は2つあるが、それはどこか、というものである。正解のもうひとつの駅は、サウス・イーリング駅 (South Ealing tube station) である。

隣の駅[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
サークル線
テンプル駅 - マンション・ハウス駅 - キャノン・ストリート駅
ディストリクト線
本線
テンプル駅 - マンション・ハウス駅 - キャノン・ストリート駅

外部リンク[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Transport for London - London Underground performance update