ウェスト・ブロンプトン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェスト・ブロンプトン駅
West Brompton station
WestBrompton1.jpg
ウェスト・ブロンプトン駅の位置(グレーター・ロンドン内)
ウェスト・ブロンプトン駅
ウェスト・ブロンプトン駅
グレーター・ロンドン内におけるウェスト・ブロンプトン駅の位置
位置
所在地

ウェスト・ブロンプトン SW5 9JX

北緯51度29分11.76秒 西経0度11分44.52秒 / 北緯51.4866000度 西経0.1957000度 / 51.4866000; -0.1957000
行政区 ケンジントン&チェルシー王立区
駅情報
運営 ロンドン地下鉄[1]
駅構造 地上駅
駅コード WBP
ホーム数 4面4線(2面2線・2面2線)
利用可能 バリアフリー・アクセス
ゾーン 2
NR 年間乗降員数
2004/5年度 0.314百万人[2]
2005/6年度 0.412百万人[2]
2006/7年度 0.519百万人[2]
2007/8年度 0.633百万人[2]
地下鉄年間乗降員数
2005年 2.944百万人[3]
2007年 3.777百万人[3]
歴史
1866年 (1866)
1869年
1880年
1940年
1999年
開業(WLEJR)
ターミナルとして開業(MDR)
ターミナルではなくなる(MDR)
廃止(WLL)
再開業(WLL)
その他
外部リンク 時刻表駅の構造
駅の施設バス路線・停留所

座標: 北緯51度29分12秒 西経0度11分45秒 / 北緯51.4866度 西経0.1957度 / 51.4866; -0.1957

ウェスト・ブロンプトン駅(-えき、英語: West Brompton station)は、イギリスロンドン西部にある駅である。

ネットワーク・レールウェスト・ロンドン線(WLL、以下「WL線」とする)およびロンドン地下鉄ディストリクト線の駅で、トラベルカード・ゾーン2に属する。

概要[編集]

ロンドン地下鉄の駅はディストリクト線のウィンブルドン支線に属する。

ネットワーク・レール(イギリス在来線の線路・駅を保有する会社で、英国鉄道やオーバーグラウンドはこの会社から線路・駅を借りて営業している)のWL線の駅には、サザンが運行するナショナル・レール(イギリスの在来線運行会社の共同ブランド)の列車、およびロンドン・オーバーグラウンドの運行する列車が発着する(両鉄道は線路・ホームを共用)。なお、クロスカントリーが運行する列車はこの駅に停車せず、通過する。

共に相対式ホーム2面2線地上駅で、駅舎は線路の上層を横切るオールド・ブロンプトン・ロード国道A3218号線)に面する橋上駅舎である。

ディストリクト線の列車は東側の1・2番線に、WLLの列車は西側の3・4番線に発着する。ディストリクト線の2番線とWL線の3番線は同じ高さで接しており、間にはフェンスが設置されているものの、両ホームは通路により直接行き来が可能である。また、WL線のホームは地下鉄の駅と改札・出入口が分けられていない。

歴史[編集]

1860年代初頭、ウェスト・ロンドン・ジョイント鉄道 (WLJR) の南端の駅であったケンジントン・オリンピア駅(当時は「ケンジントン駅」)から、クラッパム・ジャンクション駅までを結ぶWest London Extension Joint Railway (WLEJR) の開業により、ウェスト・ブロンプトン地域を列車が通過するようになった。しかし、開業当初は当駅は設置されず、駅は1866年に開業した。

1869年4月12日、メトロポリタン・ディストリクト鉄道(Metropolitan District RailwayMDR、現在のディストリクト線)が、路線をグロースター・ロード駅から西に延伸し、WLEJRの駅に隣接して当駅を終点かつ延伸線の唯一の駅(現在間にあるアールズ・コート駅は2年後の1871年に開業)として開業させた。当初はMDRがWLEJRに直通する計画があったが、これは行われなかった。

1880年3月1日、MDRの南への延伸路線が当駅からパットニー・ブリッジ駅まで開業し、当駅は中間駅となる。

1940年第2次世界大戦が開始されるといくつものWL線の駅がドイツ軍による空襲の被害を受けたため、WL線のウィルズデン・ジャンクション駅とクラッパム・ジャンクション駅の間の旅客営業は1940年9月20日に中止され、WL線の駅には旅客列車が発着しなくなった(貨物列車の運行は継続)。旅客営業の無くなった当駅のWL線の駅舎とホームはその後取り壊されている。なお、地下鉄駅は営業が続けられた。

1999年6月1日、ネットワーク・レールが新たにWL線に2つのホームを設置し、旅客営業が再開された。駅の資金は、区境にあるこの駅の両側の区である、ケンジントン&チェルシー区ハマースミス&フラム区が提供している。

2007年11月、WL線に新たに発足したロンドン・オーバーグラウンドの運行する列車が走るようになり、当駅にも停車するようになった。同月にクロス・カントリーも発足したが、こちらは通過しているのは前述の通りである。

周辺[編集]

駅前の国道を挟んで北側にはアールズ・コート展示場 (Earls Court Exhibition Centre) があり、駅のすぐ東にはブロンプトン墓地 (Brompton Cemetery) がある。ロンドンオラトリオ会神学校 (London Oratory School) も近い。

隣の駅[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
ディストリクト線
ウィンブルドン支線
フラム・ブロードウェイ駅 - ウェスト・ブロンプトン駅 - アールズ・コート駅
ロンドン・オーバーグラウンド
ウェスト・ロンドン線
クラパムジャンクション駅 - ウェスト・ブロンプトン駅 - ケンジントン・オリンピア駅
ナショナル・レール
サザン
ミルトン・キーンズ - イースト・クロイドン
クラパムジャンクション駅 - ウェスト・ブロンプトン駅 - ケンジントン・オリンピア駅

※ナショナル・レール・オーバーグラウンドは同じ線路を使用する。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Transport for London - Safety boost as London Underground to take control of 11 Silverlink stations - 5 December 2006.
  2. ^ a b c d Annual passenger usage based on sales of tickets in stated financial year(s) which end or originate at ウェスト・ブロンプトン駅 from Office of Rail Regulation statistics
  3. ^ a b Transport for London - London Underground performance update

外部リンク[編集]

出典[編集]