ジョン・スペンサー=チャーチル (第7代マールバラ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
第7代マールバラ公爵
ジョン・スペンサー=チャーチル
John Spencer-Churchill,
7th Duke of Marlborough
John Spencer-Churchill, 7th Duke of Marlborough.jpg
生年月日 1822年6月2日
出生地 イギリスの旗 イギリスイングランドノーフォーク
没年月日 1883年7月4日 (満61歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス、イングランド、ロンドン
出身校 オックスフォード大学オリオル・カレッジ
所属政党 保守党
称号 第7代マールバラ公爵ガーター勲章士(KG)、枢密顧問官(PC)
親族 ランドルフ卿(三男)
ウィンストン(孫)
配偶者 フランセス・アン英語版

内閣 第3次ダービー伯爵内閣
第1次ディズレーリ内閣
任期 1867年3月8日 - 1868年12月9日

内閣 第2次ディズレーリ内閣
任期 1876年12月11日 - 1880年4月21日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ウッドストック選挙区英語版[1]
任期 1844年4月22日 - 1845年[1]
1847年7月29日 - 1857年7月1日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1857年7月1日 - 1883年7月5日[1]
テンプレートを表示

第7代マールバラ公爵ジョン・ウィンストン・スペンサー=チャーチル: John Winston Spencer-Churchill, 7th Duke of Marlborough, KG, PC, 1822年6月2日 - 1883年7月4日)は、イギリス政治家貴族

ヴィクトリア朝期の1857年から1883年にかけてマールバラ公爵家の当主だった。家が傾いている時期の当主であり、家計のやり繰りに苦労した。保守党の政治家でもあり、ベンジャミン・ディズレーリの内閣で枢密院議長英語版アイルランド総督を務めた。

1840年まではサンダーランド伯爵(Earl of Sunderland)、1840年から1857年にはブランドフォード侯爵(Marquess of Blandford)の儀礼称号を使用した。

後の英国首相ウィンストン・チャーチルの祖父にあたる。

生涯[編集]

1871年7月8日の『バニティ・フェア』誌に描かれたマールバラ公の似顔絵。

イングランドノーフォークのガーボールディシャム・ホール(Garboldisham Hall)に生まれる。父はブランドフォード侯爵ジョージ・スペンサー=チャーチル(後の第6代マールバラ公爵)。母はギャロウェイ伯爵英語版の娘ジェーン[2]

出生時よりマールバラ公爵家の嫡孫としてサンダーランド伯爵の儀礼称号を持っていた。イートン校を経てオックスフォード大学オリオル・カレッジを卒業した。1840年に祖父である第5代マールバラ公爵ジョージが死去、父がマールバラ公爵位を継いだことでマールバラ公爵家の跡取りの儀礼称号ブランドフォード侯爵を継承した。

1844年ウッドストック選挙区から当選を果たし、保守党の庶民院議員となった[1]。この選挙区はマールバラ公爵家の領地であり、マールバラ公爵が候補者指名権を持っていた[3]

1857年に父の死によりマールバラ公爵位と家督を相続し、貴族院議員に列する。彼が当主の時代はヴィクトリア朝にあたるが、この時代、商工業の発展で地主はますます没落しており、マールバラ公爵家も家計が苦しくなる一方だった[4]。この頃、ベンジャミン・ディズレーリヴィクトリア女王に「(マールバラ公爵家は)公爵にしては金持ちではありませんね」と語ったという[5]

だがマールバラ公爵は、放蕩家だった父を反面教師として育ったことで几帳面でしまり屋な性格だった[6]。曾祖父の第4代マールバラ公爵が収集した宝石類、先祖伝来の文庫などを次々と売却することで家計の改善に尽力した[4][7]。また多くの領地をロスチャイルド家に売却している[5]。それでも3万5000ポンドの年収がある2万5000エーカーの土地は残った[5]

政界では第三次ダービー伯爵内閣と第一次ディズレーリ内閣において枢密院議長英語版を務め、第二次ディズレーリ内閣ではアイルランド総督を務めている。

マールバラ公爵はそれ以前からアイルランド総督職就任を要請されていたが、そのたびに断っていた。この時に引き受けたのは、三男であるランドルフ卿皇太子アルバート・エドワード(愛称バーティ)と喧嘩したことで、ランドルフ卿と彼の貴族社会での立場が危うくなったからである[8][9]。ランドルフ卿の未来を心配した首相ディズレーリが、ほとぼりが冷めるまでランドルフ卿を秘書にしてアイルランドへ行っていた方がいいと勧めたのである[9][10]

1877年1月にランドルフ卿とともにアイルランド・ダブリンに入り、アイルランド総督の執務をとった[11]。以降ディズレーリ政権が下野する1880年まで同職を務めあげた[12]

1883年ロンドンで死去した[2]。マールバラ公爵位と家督は長男であるジョージが継承した。

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

その他[編集]

家族[編集]

1843年にロンドンデリー侯爵の娘であるフランセス・アン英語版と結婚し、以下の11子を儲けた[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e UK Parliament. “Marquess of Blandford” (英語). HANSARD 1803–2005. 2013年12月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Lundy, Darryl. “John Winston Spencer-Churchill, 7th Duke of Marlborough” (英語). thepeerage.com. 2013年12月16日閲覧。
  3. ^ ペイン(1993) p.38
  4. ^ a b 臼田(1979) p.194
  5. ^ a b c 河合(1998) p.19
  6. ^ ペイン(1993) p.26
  7. ^ ペイン(1975) p.27
  8. ^ 森(1987) p.262
  9. ^ a b サンズ(1998) p.28-29
  10. ^ ペイン(1993) p.44
  11. ^ ペイン(1993) p.45
  12. ^ ペイン(1993) p.47

参考文献[編集]

関連項目[編集]

議会
先代:
サー・フレデリック・セシジャー英語版
ウッドストック選挙区英語版選出庶民院議員
1844年 - 1845年
次代:
ロフタス子爵
先代:
アルフレッド・スペンサー=チャーチル卿
ウッドストック選挙区選出庶民院議員
1847年英語版 - 1857年英語版
次代:
アルフレッド・スペンサー=チャーチル卿
公職
先代:
第5代ベスボロー伯爵英語版
イギリスの旗 王室家政長官英語版
1866年 - 1867年
次代:
第6代タンカービル伯爵英語版
先代:
第3代バッキンガム=シャンドス公爵
イギリスの旗 枢密院議長英語版
1867年 - 1868年
次代:
初代リポン伯爵
先代:
初代アバコーン伯爵
Flag of the Lord Lieutenant of Ireland.svg アイルランド総督
1876年 - 1880年
次代:
第7代クーパー伯爵英語版
名誉職
先代:
第6代マールバラ公爵
County Flag of Oxfordshire.svg オックスフォードシャー総督英語版
1857年-1883年
次代:
サー・ヘンリー・ダッシュウッド准男爵
イングランドの爵位
先代:
ジョージ
Duke of Malborough COA.svg 第7代マールバラ公爵
1857年 - 1883年
次代:
ジョージ