X11.app

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
X11.app (XQuartz)
X11app.png
開発元 X.Org Foundationアップル
最新版 2.7.7 / 2014年8月18日(2年前) (2014-08-18
対応OS OS X
種別 X11サーバ/互換層
ライセンス X11 License
Apple Public Source License
公式サイト xquartz.macosforge.org
テンプレートを表示

X11.app (XQuartz) は、X.Org Server に基づくOS X向けのX Window Systemの実装。ハードウェアによる2次元コンピュータグラフィックスOpenGLのアクセラレーションを追加し、OS Xのグラフィカルユーザインタフェース (GUI) であるAquaとの統合を行っている。

X11.appは当初Mac OS X v10.2向けベータ版として公開され、Mac OS X v10.3では標準パッケージとなり、アップルのウェブサイトからダウンロード可能となった。Mac OS X v10.4では、インストールDVDにオプションとしてインストーラが同梱された。Mac OS X v10.5〜10.7では、X11.app はデフォルトでインストールされていた。OS X v10.8からは標準搭載ではなくなり、別途インストールが必要となった。

Mac OS X v10.4でのX11.appはX11R6.6のXプロトコルを実装している。この実装にはXFree86 4.4ベースのXサーバ、Quartzルートレス・ウィンドウマネージャ、ライブラリ、xtermなどの基本ユーティリティが含まれる[1]。「ルートレス」とは、X WindowのアプリケーションをQuartzデスクトップ上に表示でき、他のQuartzアプリケーションのウィンドウと同じに扱えることを意味する。quartz-wmによりX11のトップレベルウィンドウをOS Xのトップレベルウィンドウにマッピングした、「マルチウィンドウ」も扱える。Mac OS X v10.5 になるとX11.appはXFree86よりも一般化してきたX.Org Serverを使うよう書き換えられた[2]

ライセンスはX.Org Server同様、基本的にX11 Licenseだが、quartz-wmなど一部がApple Public Source Licenseで配布されている。

X Window Systemの実装としては、Mac OS 9まではMacX、Mac OS X v10.2まではXDarwinなどがあった。

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]