twm

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
twm
Twm.png
twm デスクトップ
作者 Tom LaStrange
初版 1987
プログラミング言語 C
対応OS Unix-like
サポート状況 開発終了
種別 ウィンドウマネージャ
ライセンス MIT License
テンプレートを表示
twmのスクリーンショット

twm(Tom's Window Manager,またはTab Window Manager)はX Window System用のウィンドウマネージャの一つ。1987年にTom LaStrangeによって開発された。X11R4以降、標準のウィンドウマネージャとしてXサーバに同梱されている。

現在では何らかの原因でデスクトップ環境などが立ち上がらない時などに、緊急用として使われているのがほとんどであるが、動作の軽快さ、仕様の単純さ、カスタマイズのしやすさ、他ライブラリへの依存度の少なさといった理由により少数の愛好者が存在する。

コードはもはやメンテナンスされていないが、swmvtwmCTWMFVWMといった様々な派生が作られている。

歴史[編集]

twmは、uwmの置き換えとして Evans & Sutherland勤務のTom LaStrangeによって書かれた。これは、X Consortiumの一部であった。X11R1のためのバージョンは、Usenetのニュースグループ"comp.unix.souces"において1988年6月13日に公開された[1]

数カ月後、MITのX ConsrtiumのJim Fultonfが、Evans & Sutherlandにアプローチし、X Consortiumにコードのメンテナンスを移すよう訊ねた。また、Fultonは、これがInter-Client Communication Conventions Manualに準拠するようにした。これに続き、twmはuwmを置き換え、X11R4の標準のサンプルウィンドウマネージャとしてリリースされた。

Fultonによると、"tab"という言葉は、"T"から始まる利便性とタブ付きフォルダのように見えるウィンドウタイトルバーに強調を置けるため選ばれたという。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ for open comment and review. Original files as posted to comp.unix.sources (isc.org)

外部リンク[編集]