Metacity

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Metacity
Metacity.png
Metacity-screenshot.png
Linux における Metacity
開発元 GNOME developers
最新版 3.25.2 / 2017年7月2日(5か月前) (2017-07-02
対応OS UnixライクOS
種別 ウィンドウマネージャ
ライセンス GPL
公式サイト 公式ブログ
テンプレートを表示

Metacity(メタシティー)はX Window System用のウィンドウマネージャで、GNOME 2(2.2以降)では標準のウィンドウマネージャだった。GTK+2で書かれており、GNOMEなしで使うこともできる。GNOME 3からはGNOMEの標準ウィンドウマネージャはMutterになった。

レッドハット社のHavoc Penningtonによって開発され、2001年にバージョン2.3として初リリースされた。「大人のための退屈なウィンドウマネージャ」[1]と作者が説明しているように、シンプルで余計な機能がない。カスタマイズをしない人の使用を想定し、デフォルトの状態で最も使いやすいように設計されている。GNOME 2.2からSawfish(en:Sawfish (window manager))に取ってかわり標準ウィンドウマネージャとなったためGNOMEプロジェクトの一部となったが、GNOMEとは独立に利用することもできる。

ライセンスはGPLである。

標準とすることに関して存在した議論[編集]

GNOMEの標準ウィンドウマネージャとしては、それ以前のもの(Sawfish)に比べ設定項目が非常に少なく、標準とすることには異論もあった。Metacityを肯定する意見としては、GNOMEはEnlightenmentやSawfishのような沢山の設定項目を必要としないようなコンピュータユーザをターゲットとしているからであると言える。否定する意見としてはUNIXアプリケーションにおける操作性と柔軟性の良さがないと言える。なお、柔軟性の欠如を解決するためのアドオンも開発された(Brightside)。

参照[編集]

外部リンク[編集]