FVWM95

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FVWM95
FVWM95
FVWM95のスクリーンショット
開発元 Luis Hector Peraza Gonzalez
最新版 2.0.43f / May 3, 2003
対応OS UnixライクOS
種別 ウィンドウマネージャ
ライセンス GPL
公式サイト fvwm95.sourceforge.net
テンプレートを表示


FVWM95とは、Xウィンドウシステムにて動作するウィンドウマネージャ。FVWMのバージョン2から派生したもので、Windows 95に酷似した外観が特徴。

1995年頃のパソコン業界を席巻していたWindows 95の外観をUnixライクOSで再現できることから当時は人気があり、Red Hat Linuxもバージョン5.0でデフォルトのウィンドウマネージャとして採用していた。

特徴[編集]

  • Windows 95に酷似した外観
  • タスクバーでウィンドウを切り替えることができる(1995年当時は画期的な機能だった)
  • 仮想デスクトップのサポート
  • FVWM 2とよく似た使い勝手

関連項目[編集]

いずれもWindows 95が販売されていた時期に最初のバージョンがリリースされたウィンドウマネージャで、Windows 95の外観を意識している。

外部リンク[編集]