Multi Video Systemのゲームタイトル一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Multi Video Systemのゲームタイトル一覧(マルチビデオシステムのゲームタイトルいちらん)では、業務用ネオジオであるMulti Video Systemのタイトルを列挙する。

タイトルに付いている記号の意味は下記の通りである。

  • 太文字及び「◎」は家庭用ネオジオ及びネオジオCDへ移植されていない、MVS専用のタイトル。
  • 「○」は家庭用ネオジオへ移植されていないが、ネオジオCDには移植されたタイトル。
  • 「☆」はアーケードアーカイブスアケアカNEOGEOへ移植されているタイトル。
  • 「()」内は発売及び開発メーカー。

タイトル一覧[編集]

1990年[編集]

1991年[編集]

1992年[編集]

1993年[編集]

1994年[編集]

1995年[編集]

1996年[編集]

1997年[編集]

1998年[編集]

1999年[編集]

2000年[編集]

2001年[編集]

2002年[編集]

2003年[編集]

2004年[編集]

『サムライスピリッツ零SPECIAL』をもって、日本国内におけるMVS向けソフトの開発は終了した。

脚注[編集]

  1. ^ ネオジオCD版のタイトルは『クロススウォード』となっている。
  2. ^ ネオジオCD版のタイトルは『ラリーチェイス』となっている。
  3. ^ 『100メガショック』シリーズで唯一容量が100メガビット以下である。
  4. ^ a b c d e f g h i j 日本国外のみ稼働。
  5. ^ MVS版のみ、使うロムカートリッジはそのままで、専用の周辺機器のサブボードを接続することで4人同時プレイ対応仕様である通称『スペシャルバージョン』にしての稼働も可能。
  6. ^ 同作品専用のMVS筐体と専用デバイス(トラックボール)がある。
  7. ^ 同社タイトー製の別の基板(プラットフォーム)で1995年に稼働開始しているが、MVS版は1999年からの稼働開始になっている。
  8. ^ 当初開発はフェイス、1994年AOUショウ出展作品
  9. ^ 旧SNKが最後に新規で発売したタイトル(この5日後の10月30日に破産手続きに入り、倒産した)。
  10. ^ 倒産した旧SNKの版権を受け継いだプレイモア(後のSNKプレイモア、現在の2代目SNK)の系列会社のうち一社。後にプレイモアに吸収合併され合流。
  11. ^ 倒産した旧SNKの版権を受け継いだプレイモアの系列会社のうち一社。後にプレイモアに吸収合併され合流。
  12. ^ 当初はNAOMI基板で開発され、発売される予定だったが途中で基板がMVSに変更された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]