Mr. Do!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Mr. Do!』(ミスタードゥ)はユニバーサル(現・ユニバーサルエンターテインメント)1982年10月に発売したアーケードゲーム。面クリア型アクションゲームである。

プレイ方法[編集]

プレイヤーはレバーで赤いピエロの主人公(Mr. Do)を4方向レバーで動かし、またボタンでボールを投げる。Mr. Doが通路以外の場所を移動すると通路が出来る。ボールは主人公が投げるとバウンドし、通路に沿ってジグザグに移動する。主人公はボールを1個しか持てないので、一度ボールを投げてしまうと手元に戻らない限り、再び投げる事は出来ない。 投げたボールは敵に当たると破裂して画面外へ飛び散り、若干のタイムラグの後に手元に戻る。このタイムラグは敵にぶつける毎に長くなっていくため、ボールへの頼りすぎは禁物である。なお、主人公が拾うことでも手元に戻る。

敵の倒し方[編集]

敵を倒す方法は2通り。

  • 主人公が投げるボールを当てる。
  • 画面上に存在するりんごが落ちる際に潰されるようにする。

1回のボール投擲で倒せる敵は1匹のみ。りんごを使用した場合は一度に複数の敵を倒す事も出来る。

りんごの性質[編集]

りんごは2段以上の高さから落とすか最下段に落とすと割れてしまう。1段分の高さなら落下させても割れる事は無い。

りんごは主人公に水平方向へ押されると移動する。これを使いこなす事がこのゲームの肝となる。なお、垂直方向に押されても移動しない。また、モンスターに押される事もあり、その際に落下してプレイヤーを潰したり、モンスター自身を巻き添えにして潰したりする事もある。

EXTRAモンスターとパクパクの進行方向にあるりんごは、たとえ落下中のものであっても食べられて消滅する。ただし、口が開ききらないタイミングで落ちたりんごは当たった際に食べられずに潰す事が可能である。また既にモンスターを潰している落下中のりんごも同様に食べられずに潰すことができる。

クリア方法[編集]

ステージクリアの方法は以下の通り複数ある。1ミス(後述)をしてもクリアが確定すればミスを無効にできる。

  • 画面上にあるチェリーを全て取る。カメレオン状態のモンスターが最後のチェリーを取った時も同様にクリアとなる。
  • 赤いモンスターを全て倒す。
  • EXTRAモンスターを倒し、EXTRAを完成させる。そのステージはクリアとなりMr.Doが1人増える。
  • ダイヤモンドを取る。そのステージはクリアとなり、1クレジット増える。なお、この設定は店側で無効にすることもできる。

ゲームオーバー[編集]

敵(各モンスター)に触れるか、りんごに潰されると1ミスとなり、全てのMr. Doを失うとゲームオーバーとなる。

このゲームには永久パターンが存在するが、永久パターン防止キャラクター等の防止策は存在しない。唯一モンスターが穴を掘ってプレイヤーに襲い掛かってくるくらいである。またプレイ自体の強制終了もなく、ゲームオーバーにならない限り永久にプレイが可能である。

なお、ステージ99をクリアするとステージ100(表示は0)になりクリアするとマップはステージ1に戻る。ただし敵の追跡速度は最速のままで、お菓子ターゲットは最高得点のジュースが出現する。

キャラクター[編集]

Mr.Do
主人公。赤地に白の服と帽子を身にまとったピエロで、地中を反射しながら進むボールが武器。
モンスター
主人公を追い回す謎の生物。インストラクション・カードなどを見る限り、どうやら怪獣のようである。普段は赤色で掘ってある場所以外は通れないが、時折七色に変身して穴を掘ってプレイヤーに向かってくる。
EXTRAモンスターが出現している間、モンスターは動きが止まるが当たり判定は残っている。
EXTRAモンスター
モンスタージェネレータの位置に出現するターゲットを取ると画面上部から出現する。ランダムではなく、一定の間隔でEXTRAの順に移動し、ターゲットを取った位置の文字が出現するため、狙って出現させる事も出来る。
モンスターのように穴を掘ってくることはない。進行方向にあるりんごを食べてしまう。倒すとりんごに変化する。それぞれ「E」「X」「T」「R」「A」の文字が描かれ、倒すと画面に記された文字が点灯する。すべての文字が点灯するとそのステージはクリアとなりMr.Do!が増える。
5000の倍数の得点に達した場合も単独で出現する。その際はパクパクは出現しない。また、一定時間歩き回ると画面上部に帰ってしまう。
DO!がボールを持っていない時はDO!を追い、ボールを持っている時はDO!から逃げる。ただしターゲット取得で登場した時は、パクパクが全滅するまではボールの有無にかかわらずDO!を追う。
パクパク
お菓子ターゲット取得時、EXTRAモンスターとともに3体登場。青紫で大きな口を持つ。EXTRAモンスター同様、進行方向にりんごがあるとそれを食べてしまう。ボールを当てるとパクパクがりんごに変わる。EXTRAモンスターを倒した場合、残りの全てのパクパクはりんごに変化する。

ターゲットアイテム[編集]

各面のお菓子ターゲット
ターゲット 点数
1 ケーキ 1000
2 ビスケット 1500
3 プリン 2000
4 アイスクリーム 2500
5〜6 ハンバーガー 3000
7〜8 カップケーキ 3500
9〜10 チョコレート 4000
11〜12 サンドウィッチ 4500
13〜15 ミルク 5000
16〜18 目玉焼き 6000
19〜21 ホットケーキ 7000
22〜 ジュース 8000
チェリー
1個50点。ただし8個連続でチェリーを取ると、8個目のみ500点のボーナスが入る。
チェリーを連続で取ると効果音の音階がド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドと順に高くなる。
チェリーを半分掘った状態を4方向から行うとバラの花の形になる。特に意味のある行為では無いが、当時の子供達の間では裏技としてある程度知られていた。当時のゲーム雑誌AMライフのメーカー訪問記事の中で同社スタッフから裏技の一つという発言があり、バグではなく意図的な仕様であった可能性が高い。
お菓子ターゲット
モンスタージェネレーターから全てのモンスターが出現した後に出現。ケーキ等のお菓子の形をしている。取ると1000点以上の得点が入り、モンスターの動きが止まる。同時に音楽と画面が変化し、EXTRAモンスターとパクパク3匹が出現する。
ダイヤモンド
りんごを落下させて割ると、4096分の1の確率でダイヤモンドが出現する。一定時間経つと消えてしまう。
ダイヤモンドを取ると、8000点入り、そのステージはクリアとなる。さらに1クレジット手に入り、ゲームオーバーになってもまた1ステージからプレイできる。なお、このゲームにはコンティニューの概念はない。DIPスイッチの設定でクレジット追加を無効にする事もできる。

ブレイクタイム[編集]

1ループ10ステージの構成で、3ステージクリア毎(10ステージ目は1ステージ)にブレイクタイムとしてステージクリアの状態が表示される。

表示内容は、各ステージで獲得した点数、ステージクリア条件、クリアまでの時間である。10ステージクリア時には10ステージの平均獲得点数と平均クリアタイムが表示される。

EXTRAを獲得した場合やダイヤモンドを取ってステージクリアした場合は、特別なブレイクタイム画像を見る事が出来る。

BGM[編集]

このゲームのBGMは以下のとおり。

逸話[編集]

地中を掘って進む、キャラクター大の物体を使って敵を押しつぶすなど、内容としては同年にナムコが発売したディグダグによく似ている。それもそのはず、上層部からディグダグを示したうえで、「これと同じものを作れ」という指示が出たためである。単なる模放をよしとしなかった開発チームは、上層部の要求を飲みつつも独特のゲームに仕上げたのである。

ちなみに主人公Mr.Do!はギリギリまでデザインが決まらず、完成直前までディグダグ似の雪だるまのような仮のキャラクターだったが、社長の意見によりユニバーサルのトレードマークのピエロとなった。クレジット投入時の画面に出てくるコインの絵柄に、その名残を見ることが出来る。

結果、このゲーム特有のオリジナル性がプレイヤーに親しまれ、駄菓子屋や個人経営のゲームセンターなどに設置された事もあり幅広い年齢層から人気を得た。 この人気により、「Mr. Du!」「Mr. Lo!」などコピー作品も多く出回った。


続編として「Mr. Do! VS ユニコーン」「Mr. Do!'s ワイルドライド」「Do! Run Run(国内版:スーパーピエロ)」が作られた。 また、1996年にはビスコによりMVS向けに「NEO Mr. Do!」としてリメイクされ稼動した。このリメイク版は、家庭用ネオジオネオジオCDも含めてコンシューマ向けには発売されていない。

その他[編集]

  • ある特殊な条件を満すと、バグにより残りのDo!が255人に増える。増殖技の対策を施したROMもあり、出来ないゲーム機も存在する。
  • 敵キャラクターのロジックの1つに、任意の迷路において目的地までの最短経路を求める、A*探索のような本格的なルート探索アルゴリズムが実装されている。通常のモンスターやEXTRAモンスターでは、他の数種のアルゴリズムも切り替えて使われているため、あまり目立たないが、パクパクはそのアルゴリズムだけでプレイヤーを追跡する様子が確認できる。
  • スコアにカウンターストップが存在せず999,950点を超えると0点に戻る。

続編[編集]

以下のような続編が存在する。ただし、続編と銘打たれてはいるものの、共通点は主人公やEXTRAのフューチャーの存在くらいで、それぞれ内容はまったく異なっている。

Mr. Do! VS ユニコーン(1983年
城壁のような場所で敵のユニコーンと戦いを繰り広げる。床にハンマーで穴を開け、敵をそこにはめてから一段上の床ブロックを落として攻撃する。方向を変えることが出来る階段が攻略のポイント。EXTRAモンスターも登場する。
Mr. Do!'s ワイルドライド(1984年
ジェットコースターのレール上を歩いてゴールを目指す。途中にあるハシゴでコースターを回避することが出来る。乱数要素が存在せず、パターンを覚えることでぐっと難易度は落ちるが、それでも前2作よりハードルは高い。開発時タイトルは「ゴーゴーコースター」。
Do! Run Run (1984年)→スーパーピエロ (1987年
ユニバーサルでのMr. Do!シリーズ最終作。初代の様にターゲットを取りつつ敵を倒して行くゲーム。Mr. Doが移動する度、真後に自動的にラインが引かれ、出来るだけターゲットを残しつつもラインを囲むと、ターゲットの点数がどんどん上がったり、EXTRAモンスターを出現させるアイテムが出て来たりする。国内では一部店舗のみで稼動していた。1987年には、キャラクタやグラフィックを多少変更し、「スーパーピエロ」のタイトルで国内販売された。

パチスロ機[編集]

1998年に同名の機種がユニバーサル販売(現:ユニバーサルエンターテインメント)からリリースされた。その後2000年に同社初の液晶搭載機としてデュエルドラゴンが、その9年後の2009年には5号機としてデュエルドラゴンキングダムがそれぞれリリースされている。

コンシューマー移植[編集]

日本国内でのコンシューマー移植作を以下に挙げる。

日本国外では、ゲームボーイ版やAtari2600版、コレコビジョン版等が存在する。

外部リンク[編集]