マジシャンロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マジシャンロード』 (Magician Lord) は、1990年にアルファ電子(後のADK)がMulti Video System(業務用ネオジオ)向けに制作したアクションゲーム。家庭用ネオジオも同年4月26日に発売された。

解説[編集]

ADK(アルファ電子)NEO-GEO参入第1弾。1990年代にはネオジオCD1994年10月31日発売)と長らく他のゲーム機に移植されなかったが、2007年9月28日Wiiバーチャルコンソールで配信された。更に2009年5月21日PSPソフト『SNK ARCADE CLASSICS Vol.1』として復刻、2010年12月22日にはオンライン協力プレイ、アドホックプレイ対応でPS3・PSPダウンロードソフトとしてリリースされている。2017年8月17日からは、アケアカNEOGEOの1作品として、PS4Xbox OneNintendo Switchにてそれぞれ配信されている。

本作は後に発売された『クロスソード』と『クロスソードII』の二作と合わせて、ベルカナ三部作となっている。

ストーリー[編集]

カダシスという国の支配を目論み、破壊神「アズ・アトース」の召喚を企てた魔人「ガル・アジース」が封印を破り甦った。
かつての英雄「マジシャンロード」の末裔である魔術師エルタは世界を救うために立ち上がる。

変身[編集]

宝箱から出現する火・水・風のエレメンタルの組み合わせで、エルタは以下のキャラクターに変身できる。

ドラゴンウォーリアー
炎を吐く。射程距離は短いが攻撃力が高い。
シノビ(忍)
身軽で攻撃力もそれなりに高い。利用度が高いキャラクター。
ライジン
主人公を囲む様に電気を発生させ攻撃をする。ジャンプが高い。
サムライ(侍)
刃をブーメランの様に飛ばし攻撃する。エレメンタルの配置上、あまり変身出来ない。
ポセイドン
魔界村』のたいまつの様な攻撃をする。移動速度が遅い。
ウォーターマン
小さい水柱を起こし攻撃をする。雑誌『ゲーメスト』では全く使えないキャラと酷評された。

ステージ構成[編集]

  • ステージ1 邪神の谷    かつては聖地であったが、魔物により荒廃した。
  • ステージ2 魔の鉱山へ   樹々の根に覆われた炭坑の町。
  • ステージ3 異空間への街道 骨や臓器など体内をモチーフとしたグロテスクなステージ。
  • ステージ4 悪魔の城    
  • ステージ5 恐怖の地下道  城の地下に広がる地下道。大量のカエルが巨大化し襲いかかってくる。
  • ステージ6 地獄への廊下  荒廃と化した宮殿のステージ。 
  • ステージ7 ガル・アジース
  • ステージ8 破壊神復活   最終ステージ。 

その他[編集]

  • クトゥルフ神話に影響を受けたゲーム。
  • 開発者によると試作品の段階では難易度が甘かったらしい。
  • 中ボスを倒した後、ガル・アジースが登場しエルタに向かってセリフを発する。このセリフは開発者の声で行われた。
  • 敵にやられた場合、ROM版では復活ポイントに戻されるが、CD版ではその場復活になる。その場復活はクリアできないプレイヤーのためにとった措置である。
  • ネオジオCD版にはガル・アジースの英語のセリフ(海外版仕様)が収録されている。CDプレーヤーで再生すると確認できる。

外部リンク[編集]