MOCマーケティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
MOCマーケティング合同会社
種類 合同会社
本社所在地 日本の旗 日本
100-0011
東京都港区港南一丁目8番15号 Wビル
設立 1961年2月18日
業種 石油・石炭製品
法人番号 6010001076603
事業内容 石油製品の輸入・販売
代表者 代表取締役社長 今澤豊文
資本金 30億円(2014年2月4日現在)
売上高 連結3675億5百万円(2013年3月期)
純利益 連結35億34百万円(2013年3月期)
純資産 連結381億49百万円
(2013年3月31日現在)
総資産 連結1098億69百万円
(2013年3月31日現在)
決算期 3月
主要株主 東燃ゼネラル石油株式会社 95.5%(2014年2月19日現在)
関係する人物 河西乾二
テンプレートを表示
三井石油6号線相馬SS
堀川高辻SS 現在はエッソに転換

MOCマーケティング合同会社(えむおーしーまーけてぃんぐ)は、かつて存在した石油卸売会社。東燃ゼネラル石油(現・JXTGエネルギー)の子会社であった。

三井物産の子会社三井石油株式会社(みついせきゆ)として運営されていたが、2014年に同社保有の株式を東燃ゼネラル石油に売却し、現社名に変更した。

概説[編集]

石油元売であるとともに、MITSUIのブランド名で東日本を中心にガソリンスタンドを展開していた。しかし九州地方福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄の各県)には、MITSUIブランドの店舗は存在しなかった。

2014年7月1日より石油販売事業はEMGマーケティング合同会社へ統合された。MOCマーケティングの完全子会社で直営のガソリンスタンドを展開していた東洋石油販売は、全店舗がエッソにブランド変更され、後に東洋石油販売は東燃ゼネラル石油のグループ会社である中央石油販売と合併した。

その他の事業も東燃ゼネラル石油グループ各社に継承され、2015年6月30日に解散した。

沿革[編集]

  • 1961年昭和36年)2月 三井物産石油販売 (株) として設立
  • 1968年(昭和43年)10月 千葉製油所(極東石油工業 (株))操業開始
  • 1981年(昭和56年)11月 三井物産石油 (株) と改称
  • 1990年平成2年)4月 三井石油 (株) と改称
  • 1991年(平成3年)4月 三井液化ガス (株) を合併
  • 2004年(平成16年)12月 LPガス事業を分離独立、三井液化ガス(現ENEOSグローブ (株))を設立
  • 2014年(平成26年)2月4日 三井物産保有株式が東燃ゼネラル石油に売却され、MOCマーケティング(株)と改称。
  • 2014年(平成26年)7月1日 石油販売事業をEMGマーケティング合同会社に譲渡。三井石油時代より50%出資していた極東石油工業(株)が、EMGマーケティング合同会社の完全子会社となる。
  • 2014年(平成26年)8月1日 MOCマーケティング(株)よりMOCマーケティング合同会社に組織変更。
  • 2014年(平成26年)12月22日 保有していた東洋石油販売株式会社の全株式をTGSH合同会社に譲渡。
  • 2015年(平成27年)6月30日 会社解散。