KuToo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「#KuToo」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

#KuToo(クートゥー[1])は、日本の職場で女性がハイヒールおよびパンプスの着用を義務づけられていることに抗議する社会運動である。MeTooをもじって「靴」と「苦痛」を掛け合わせた造語である[2]

概要[編集]

ハイヒール
パンプス

2019年1月24日、石川優実Twitterにおいて、職場でハイヒールの着用を女性に義務づけることは許容されるべきではない、と述べた[3]。この発言のリツイート回数が数千回に及び、また、ほかの女性たちから足や背中の痛みを訴えるコメントが寄せられる様子を見た石川は、#KuTooの運動を始めた[3]。石川は、特定の種類の靴を着用することを女性に義務づけている企業について、これを禁止するよう厚生労働省に求めるための署名をChange.orgで募った[3]

この運動をきっかけとして、多くの女性たちが、足にできた痣や肉刺の写真を投稿したり、不快感や苦痛を詳しく述べたりするようになっている[3]。しかし、その一方で、ハイヒールの着用を女性たちに義務づけることは革靴の着用を男性たちに義務づけることと同じである、といった反発の声も上がっている[3]

職場でハイヒールの着用を強制されることについて、石川は、性別間の不平等と健康上のリスクという2つの問題が存在する、と述べている[4]

2019年6月3日、石川は、職場で女性にハイヒールの着用を強制することを禁止するよう求める要望書を、18,856人の署名とともに厚生労働省に提出した[5]。5日の厚生労働委員会において、厚生労働大臣根本匠は、業務の上で必要かつ適切であればハイヒールの着用を強制することは社会的に受け入れられる、と発言した[6][7]厚生労働副大臣高階恵美子は、女性がハイヒールを着用することは強制されるべきではない、と述べた[8]

『Business Insider Japan』は、職場での服装規定に関するアンケート調査を実施した[9]。職場や就職活動でハイヒールの着用を強制された、もしくは、そのような状況を見たことがある、と回答した割合は6割を超えた[9]

日本国外での歴史[編集]

16世紀のペルシア帝国では、騎兵隊の男性兵士たちがハイヒールを着用していた[10]。一方、18世紀のヨーロッパでは、男性と女性の両方がハイヒールを着用していた[10]フランス革命により、ハイヒールを履いたマリー・アントワネットがギロチンで処刑された後、ハイヒールは時代遅れのファッションとなった[10]。その後、ハイヒールの流行は回帰したが、20世紀には、もっぱら「女性の靴」であると考えられた[10]。同時に、ハイヒールは以前よりも高く、細くなり、歩きづらい靴となっていった[10]。1970年代や1980年代には、ハイヒールは女性の勤務用の服装として重要な部分を占めるものであると認識されていた[10]

2015年のカンヌ国際映画祭において、ハイヒールを履いていなかった女性たちが入場を拒否されるという事態が発生した[11]。その後、映画祭側は謝罪した[11]

2016年、ニコラ・ソープ英語版プライスウォーターハウスクーパースに受付係として採用されたが、勤務初日にハイヒールを履いていなかったことから帰宅を命じられた[11]。彼女は、職場でハイヒールの着用を義務づけられていることに抗議する署名を募り、約150,000人が賛同した[11]

2017年、フィリピンブリティッシュ・コロンビア州において、職場で女性にハイヒールの着用を強制することを禁止する法律が立法された[12]

脚注[編集]

  1. ^ 職場のパンプス強制やめて 厚労省に署名1万8千人分”. 北海道新聞 (2019年6月3日). 2019年6月25日閲覧。
  2. ^ Thousands back Japan high heels campaign”. BBC News (2019年6月3日). 2019年6月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e Chen, Aria Hangyu (2019年3月12日). “Japan's #KuToo Movement Aims to Stop Employers From Requiring Women to Wear Heels”. Time. 2019年6月6日閲覧。
  4. ^ Parker, Maggie (2019年6月20日). “Forcing Women to Wear High Heels to Work Is Gender Discrimination, Says Founder of Japan's #KuToo Movement”. Parade. 2019年6月25日閲覧。
  5. ^ Group files petition to ban dress codes in Japan requiring women to wear high heels at work”. The Japan Times (2019年6月3日). 2019年6月6日閲覧。
  6. ^ High heels at work are necessary, says Japan's labour minister”. The Guardian (2019年6月5日). 2019年6月6日閲覧。
  7. ^ Japanese official calls high-heel mandates for women at work "necessary and appropriate," dismissing "KuToo" movement”. CBS News (2019年6月6日). 2019年6月6日閲覧。
  8. ^ Labor minister opposes banning dress codes in Japan that force women to wear high heels”. The Japan Times (2019年6月5日). 2019年6月6日閲覧。
  9. ^ a b Over 60% of women see rules on heels enforced at work, study finds”. The Japan Times (2019年6月12日). 2019年6月25日閲覧。
  10. ^ a b c d e f Brennan, Summer (2019年6月6日). “Listen to Japan's women: high heels need kicking out of the workplace”. The Guardian. 2019年6月6日閲覧。
  11. ^ a b c d Weaver, Matthew (2019年6月3日). “#KuToo: Japanese women submit anti-high heels petition”. The Guardian. 2019年6月6日閲覧。
  12. ^ Ueno, Hisako; Victor, Daniel (2019年6月4日). “Japanese Women Want a Law Against Mandatory Heels at Work”. The New York Times. 2019年6月6日閲覧。