KSBスーパーJチャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KSBスーパーJチャンネル
ジャンル 報道番組
放送時間 月曜日 - 金曜日 16:45 - 19:00
土曜日 16:30 - 17:55(135 / 85分)
放送期間 2000年4月3日 - 現在
放送国 日本の旗 日本
制作局 瀬戸内海放送
出演者 中村康人
佐田志歩
多賀公人
ほか
字幕 リアルタイム字幕放送
(全国ニュース枠のみ対応)
エンディング 菅原紗由理「ALWAYS」(平日版)
外部リンク KSBスーパーJチャンネル

特記事項:
16:50 - 18:15にテレビ朝日スーパーJチャンネル』を内包。
テンプレートを表示

KSBスーパーJチャンネル』(ケイエスビー・スーパージェイチャンネル)は、2000年4月3日から瀬戸内海放送(KSB)で放送されている夕方のローカルワイドニュース番組テレビ朝日で放送されている『スーパーJチャンネル』は1997年3月31日から既に放送されていたが、KSBは2000年3月31日まで前番組『ステーションEYE』のタイトルを使用した『KSBステーションEYE』を放送していた。通常は高松本社製作である。

放送時間[編集]

下記の放送時間は2018年4月現在のものである。時刻はいずれも日本標準時(JST)。

  • 月曜 - 金曜 16:45 - 19:00
    • 上記の放送時間のうち、KSB発・ローカルパートの放送時間は16:45 - 16:50と18:15 - 19:00の2回、東京発の全国パートは16:50 - 18:15となっている。
    • 開始時刻は16:50、16:55、16:53と改編期に変更を繰り返し、17時台のネット受けは2010年3月まで17:00飛び乗りとなっていた。2010年3月29日より現在と同じ16:45開始となり、ネット受けも17時台の冒頭から行うようになった。
    • かつては17時台後半にもローカルパートを設けていた(緊急ニュースなどがある場合には東京発)。
  • 土曜 16:30 - 18:00
    • 日曜も17:30 - 18:00に放送されていたが、2018年4月1日からは『サンデーステーション』が放送されており、同番組において全国・ローカルニュース枠を設けている。2015年4月1日 - 2017年4月2日も同様に『報道ステーション SUNDAY』が編成されていた。

概要[編集]

開始前 - 開始当初[編集]

  • 元々17時台は刑事ドラマ(過去にテレビ朝日で放送された『西部警察』『特捜最前線』『はぐれ刑事純情派』『さすらい刑事旅情編』など)再放送枠だった枠を、それまで14時台に編成していた生活情報番組にこまるTV』(現在は終了)を事実上内包し、『おとなりTV・KSBスーパーJチャンネル』のタイトルでスタート。
  • しかし、視聴率が思わしくなかったために3か月で方向転換し、『にこまるTV』は再独立。タイトルも「おとなりTV」を外して『KSBスーパーJチャンネル』と改め、放送内容も17時台前半はキー局のテレビ朝日のネットとして後半をローカル情報枠という、現在とほぼ同じ内容になって現在に至る。
  • コメンテーター制も金曜のみとなり、レギュラーゲストという形になった。また、視聴者参加の電話クイズコーナー(全曜日共通)、金曜のFM香川JOY-U・CLUB』との同時放送コーナー「おとなりFM中継」は2年ほど続けられた。
  • かつては17時台の後半で飛び降りて17:54までローカル枠を放送していたが、2012年3月時点で17時台フルネットに移行した。

中期から現在[編集]

  • ローカルパートのオープニングは挨拶の後に以前は時節の話題を行っていたが、2009年7月1日からは全国ニュース1本を紹介し(ANN配信の素材映像を基にテロップ等は自社で付ける)、そのまま岡山・香川のニュース3本程度→今日のラインナップ→岡山・香川の天気→17時台後半パートの予告→天カメ映像→テレビ朝日発に飛び乗る形をとっていた。
  • かつてはKSBでのテレ朝ネットは緊急時を除き17:00となっていたが、後述の通り2010年の改編により祝日を除き冒頭からのネット(16:53)に変更され、現在は一律16:50となる。
  • 2010年秋まで、直前の番組「サスペンスPark KSB」( - 2009年3月)→「ドラマPark KSB」(2009年4月 - )の本編終了直後(16:54:30→16:52:35→16:44:35)に15秒ほどの生ジャンクションが入っていた。その直後に「ドラマPark KSB」のエンドカード「おしまい」が放送された。ただし競艇中継などの特別編成の場合は放送されなかった。
  • 16:45と18:18のローカルパート冒頭の計2回挨拶を行っている。これに加え、2012年3月まで17時台後半で差し替えを行っていたため、17:36頃にも挨拶があった。
  • 2008年11月3日より月曜・火曜・水曜17時台後半を岡山・香川のニュースを挿む形でJチャン関東ローカル枠の特集2を録画ネットを開始している。この時、一部テロップ類はKSBで差し替え(もしくは加え)ていたり、テレビ朝日はアイキャッチ無しでCMに突入するが、KSBは独自にアイキャッチと予告テロップを挿入したりしている。
  • 毎年・年内最終放送日は、17時台でローカルニュースを行い、18時台はゲスト(2008年までは金曜日だった場合、コメンテーターは休みになる)と共に岡山・香川で一年間起こった出来事をVTRを交えて振り返る回顧企画になる。2009年は17時台の1時間まるまる回顧企画を行い、3月に降板した金曜レギュラーゲストの田尾和俊と岡山・香川選出の民主党衆院議員各1名がゲストで登場した(このため、通常17時台前半部の東京発のニュースを休止し、ANN枠のみの放送)。
  • 2001年1月6日以降、週末のローカルニュース枠も『KSBスーパーJチャンネル』としている。CM前はBGM無しで右下に番組ロゴを表示し、エンディングも簡略化されている(大まかな中身としてはテレビ朝日と変わらないが、当然ロゴとBGMは異なる)。なお、2000年4月2日 - 12月31日にはANNの冠を外した『スーパーJチャンネル』の名前になっていた。
  • 越境受信やCATV再送信等でKSBを視聴している高知県民が多いためか、高知県で起こった大きな事件・事故を取り上げることがある(2005年3月に発生した土佐くろしお鉄道宿毛駅衝突事故や2007年3月に発生した全日空機高知空港胴体着陸事故など)。
  • 高知白バイ衝突死事故では、警察側の証拠捏造やそれを丸呑みして新証拠を却下する裁判所側を疑問視し、被告となった元運転手を密着取材している。これは後にANN全国ネットのドキュメンタリ番組『テレメンタリー』『報道発 ドキュメンタリ宣言』でも取り上げられた。
  • 2010年6月14日からテロップ類が地デジサイズである16:9に合わせる形になった。それに伴い、アナログ放送では16:9レターボックスサイズとなる(テレビ朝日ネット部分(2010年7月5日からは16:9レターボックスに)やCM中はこれまで通り4:3サイズ)。
  • 2011年5月30日から9月まで、本番組でもクール・ビズを導入し、多賀の服装もノーネクタイ・ジャケット姿となる。2012年は7月2日より実施(キー局でも同日に実施)。岡山・香川の民放ではすでにRNCとRSKが導入している。
  • 2012年4月より、タイトルロゴをテレビ朝日と同じデザインに変更し、2015年3月30日にもテレビ朝日のものに合わせたデザインに変更した。ただし、カラーはテレビ朝日が赤なのに対し、KSBでは緑に。
  • 開始以来時刻出しは行われていなかったが、2016年5月30日から『グッド!モーニング』『羽鳥慎一モーニングショー』で使われている緑のカスタムフォントで表示を開始(CM中は通常フォントで表示)。
  • 2017年4月3日よりリニューアルされ、テロップデザインの色を緑からテレビ朝日のものに合わせた赤に変更。時刻出しもカスタムから通常フォントに変更。16:45からの5分間は女性キャスター一人で進行する構成に変更。

備考[編集]

  • 2006年頃から年末年始の『ANNスーパーJチャンネル』縮小版は全国ニュース開始5分前にローカルニュースを『KSBスーパーJチャンネル』として行い、本来の縮小版ローカル枠は関東ローカルのニュースをそのまま放送している(天気もそのままネットされているが、同様の措置をとる系列局が多いためか、全国の天気となっている)。これは月曜 - 金曜での措置で、土日の場合には通常通りローカル枠内でニュース・天気を放送する。
  • 2006年8月15日、2007年8月9日、2008年8月8日には全国高等学校野球選手権の香川代表校出場試合中継の関係で17時台の放送は休止された。18時台のローカルニュースでも代表校が攻撃中は出来るだけ中継した。2011年8月11日は岡山代表校出場試合中継(15:30 - 17:54)で延長オプションを行使し当番組は18:30開始となり、全国ニュース枠は初めて休止となった。
  • 一時期は17時台を岡山から、18時台を高松からそれぞれ伝えていた。また、何らかの事情で高松スタジオが使えない(改装やメンテナンス等)場合は全面的に岡山スタジオから放送されていた。現在は高松からの放送である。
    • 2006年11月20日 - 11月30日には高松本社のスタジオを完全HD化するための改装工事を行ったため、岡山本社からの放送になっていた。
  • 2006年10月12日から地上デジタル放送のサイマル試験放送が開始されたため、ハイビジョン制作にはなったが、ほとんどの映像(VTRや報道フロアのカメラ映像)はSDのままだった。その後、2006年12月1日に地上デジタル放送では完全HDになり「HVハイビジョン制作」のテロップも冒頭に表示されるようになった(ただし、岡山本社取材の映像は電送回線の関係で4:3SDのまま)。また、同時にステレオ放送となった。11月30日まで東京パートはステレオ放送、ローカルパートではモノラル放送になっていた(ただし、週末版はそれ以前から全編ステレオ放送)。
  • 2007年4月2日からローカルパートのリニューアルが行われるとともに、地上デジタル放送ではローカルパート時間中、テレビ朝日を意識して、画面右下側に番組ロゴマーク(「 KSB j 」)の表示をしていた。
  • 2007年8月22日にはサッカー・キリンチャレンジカップ中継のため、テレビ朝日と同様に18:17で終了となった。これは、ローカルニュースは通常通り17:34から行われたためである。ちなみに、18:16のエンディング時には自局出しで「制作著作 KSB瀬戸内海放送」のテロップが表示された。
  • 2009年3月30日からは冒頭の番組ラインナップと18時台のニュースのみバーチャル映像が使用されるようになった。
  • 2009年4月3日から同年8月までの間、金曜日は“速報性を高める”との名目のもと高松本社併設のKSBニュースセンターより放送していた。ニュースセンター内を仕切る簡易的なパーテーションを用い、放送中はニュースセンター内の様子も垣間見ることができた。2009年9月より再びスタジオから放送するようになった。
    • なお、ぐるりん瀬戸内はこれまで同様に岡薫が通常の高松本社スタジオからの出演となっていた。また、気象予報士(当時は清水とおる)による天気予報は通常のスタジオから一人のみでの放送となる。このため、気象予報士とキャスターとの掛け合いなどは見られなくなっていた。
  • 2011年5月3日以降の祝日版は17:36以降も東京発の同時ネットとなり、2012年3月以降17時台後半も東京発となり、ローカルパートは16:45 - 16:53、18:15 - 19:00となる。ただし、台風などの特別な情報がある場合は、飛び降りてローカルニュースを放送。
  • 2013年4月1日より、KSBの今夜の番組を紹介する『KSBうぃる』を18:53より放送。このため、当番組は18:52で終了していたが、2015年3月30日に『KSBうぃる』が2分縮小し、18:55からの放送となるため、当番組は18:55までの放送となった[1]
  • 2016年は12月23日、2017年は12月22日で年内のローカル版はレギュラー放送を終えた。その後、2016年12月26日〜30日、2017年12月25日〜29日の間はローカル枠は16:45からの5分間のみとなり、その後は東京発の「スーパーJチャンネル」を臨時フルネットで放送した。

出演者[編集]

メインキャスター[編集]

  • 多賀公人(フリーアナウンサー、元KSBアナウンサー) - 初代キャスター。2006年9月18日から9月22日までは中村が夏休みのため、ピンチヒッターで出演。2009年7月6日よりメインキャスターに復帰する。
  • 中村康人(KSBアナウンサー) - 月曜 - 金曜のキャスターを2009年7月3日まで担当していた。同年10月12日 - 10月16日には多賀が夏休みのためにピンチヒッターとして登場。
  • 佐田志歩(KSBアナウンサー)
  • 田嶌万友香(KSBアナウンサー)

その他のキャスター[編集]

  • 松木梨菜(KSBアナウンサー) - 主に取材を担当。
  • 難波彩子(KSB所属気象予報士) - 金曜天気担当。

過去の出演者[編集]

  • 緒方希美子(当時KSBアナウンサー) - 月曜 - 木曜の初代キャスター、前番組『KSBステーションEYE』から続投。
  • 矢田美奈子(当時KSBアナウンサー) - 金曜の初代キャスター。
  • 黒部京子(当時KSBアナウンサー)
  • 上村明子(当時KSBアナウンサー)
  • 大倉聡(当時KSBアナウンサー)
  • 畑嶋恵理奈(当時KSBアナウンサー)
  • 牧野克彦(当時KSBアナウンサー)
  • 小野田リカ(当時KSBアナウンサー) - 初代天気担当。
  • 井川達雄(FM香川アナウンサー) - 金曜の「おとなりFM中継」(FM香川『JOY-U・CLUB』との同時放送)で登場。
  • 中井今日子(FM香川アナウンサー) - 映画コーナー担当。
  • 甲斐千代子(元テレビ高知・KSBアナウンサー) - 金曜担当。
  • 伊藤香(オフィスキイワード所属フリーアナウンサー・気象予報士) - 月曜のみに出演。
  • 清水とおるウェザーニューズ所属 → フリー、気象予報士) - 金曜天気担当、2009年6月26日まで担当していた。
  • 小坂知里(当時KSBアナウンサー) - 火曜・水曜・木曜天気担当・金曜フラッシュニュース担当。
  • 岡薫(KSBアナウンサー) - 月曜 - 木曜担当。
  • 本庄里恵子(KSBアナウンサー) - 金曜担当。2010年4月2日より再度メインキャスターとして復帰するも、第2子妊娠による産休で降板。
  • 早川茉希(当時KSBアナウンサー) - 2011年から2012年3月までは金曜のみに出演。2012年4月2日から2015年3月まで月曜 - 金曜通しで出演。
  • 荒木優里(当時KSBアナウンサー) - 2017年3月まで出演。
  • 西村志野(KSBアナウンサー)

レギュラーゲスト[編集]

2009年3月27日放送分まで、金曜日にゲストが出演していた。ゲスト2名は番組開始当初はコメンテーターとして出演していた。『おとなりTV』時代には月曜 - 木曜にもコメンテーターを置いていたが、それを廃したためにレギュラーゲスト扱いとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 2015年3月23日に、テレビのEPGで確認。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

瀬戸内海放送 (ANN) 平日夕方のKSBニュース
前番組 番組名 次番組
おとなりTV KSBスーパーJチャンネル

KSBスーパーJチャンネル
-----
瀬戸内海放送 (ANN) 土曜夕方のKSBニュース
検証ドキュメンタリー ザ・スクープ
(岡山・香川ローカルパート)
KSBスーパーJチャンネル ANN
-----
瀬戸内海放送 (ANN) 日曜夕方のKSBニュース
KSBステーションEYE
スーパーJチャンネル
KSBスーパーJチャンネル ANN

報道ステーション SUNDAY

KSBスーパーJチャンネル ANN
サンデーステーション
(岡山・香川ローカルパート)