CASA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CASA・西友河辺
ビルイン型店舗
CASA・西友河辺店の看板
CASA・山鹿店(2014年)
ロードサイド型店舗

CASA(カーサ)は、セゾングループの株式会社西洋フードシステムズ(旧社名:株式会社レストラン西武)が運営していたファミリーレストランである。西友の店舗や、西友が展開していた百貨店業態(のちのLIVIN)、西武百貨店の店舗を中心に出店していた。店名の "casa" はスペイン語イタリア語で「」を意味する。

西洋フードシステムズはセゾングループ中核5社の1社であったが、グループ解体に伴いコンパス・グループ傘下入りし、西洋フード・コンパスグループおよび同社から分社した西洋レストランシステムズ株式会社の運営となった。

本項では、西洋フードシステムズおよび西洋レストランシステムズが運営していた、他の業態についても触れる。

歴史[編集]

ファミリーレストラン部門のCASA(カーサ)は、西洋フードシステムズの中核事業である。1983年からレストラン西武へ出向し同社社長に就任していた和田繁明が「CASA」を立ち上げた。1989年には西洋フードシステムズに社名変更した。

1980年代から1990年代にかけて、すかいらーくデニーズロイヤルホストに並んで多店舗展開を進め、一時は北海道から九州までの全国に200余店舗を有していた。店舗出入口付近に10メートル程度のモミの木を配して夜間にイルミネーションを点灯し、近所の主婦を対象に料理教室を開催するなど地域に密着して営業した。

バブル崩壊後に消費が低迷した時期、同業のすかいらーくは「ガスト」など低価格帯の新業態を展開するが、西洋フードシステムズは1991年寿屋系列のレストラン「グルッペ」を買収し[1]、「CASA」を刷新するため「町の洋食屋さん」をコンセプトとする新メニューを提供した。しかし全体の業績は改善されずに不採算店舗を閉店し、他社レストランのびっくりドンキーフランチャイズとして加盟してフランチャイジーとしての可能性も模索した[2]。注文時に用いるハンディターミナルの導入は1990年以降と競合他社よりも遅くなった。

2001年に「CASA」を大規模に業態転換した「キッチンデミグラ」と中華レストラン「フーチン」の低価格レストランチェーンの計画を発表し、実際に数店舗を改装して新装開店させたが[3]、新業態計画はのちに中断した。

西洋フードシステムズは、多業態総合外食企業として様々に展開してきた事業軸を見直し、コントラクト事業コンセッション事業へ経営資源を集中し事業の再構築を図る経営方針を打ち出す[4]。その推進のため、慢性的に不振が継続していた「CASA」の郊外ロードサイド店舗のうち関東・関西を中心に120店舗を、2002年ココスジャパンへ48億円で売却[5][6]。また、子会社の「西洋フードシステムズ九州」が運営している九州エリアでは、全ての店舗が「居食処 博多五風」への業態転換を行い、2003年8月までに九州の「CASA」店舗は無くなった[7]。こうして、2002年2月には188あったCASAの店舗は[8]、売却と業態転換などにより僅か1年で32店まで激減している。

更に2007年8月には残った「CASA」の大部分(主に百貨店内以外)や、居酒屋「藩」「居食処 博多五風」「京らーめん 糸ぐるま」などの約120店舗を「西洋レストランシステムズ」に分社化し[9]モルガン・スタンレー証券とオフィス井上に売却、後に居酒屋チェーン大手の「川中商事」(後のアンドモワ)に売却された[10][11]

2012年8月の時点では、首都圏を中心に西洋フード・コンパスグループ株式会社(2007年に西洋フードシステムズより商号変更)が9店舗、西洋レストランシステムズ株式会社が11店舗を展開していたが、2012年8月31日をもって西洋フード・コンパスグループ株式会社と西洋レストランシステムズ株式会社は資本提携関係を解消した[12]。 この後、西洋フード・コンパスグループ直営の「CASA」は「CASA Grande(カーサ グランデ)」に店舗名を変え、見た目がほぼ同じでも「CASA」と「CASA Grande」で運営企業が異なる状況となる。

九州・山口地方のロードサイド店舗は「博多五風」、その後「肉だら家」に業態転換したが、ユッケ集団食中毒事件による焼肉屋の業績不振の影響で2011年に再び「CASA」に業態を転じ、2014年に全店舗撤退した。

2019年8月に、西洋フード・コンパスグループの事業再編が行われ、商業施設内テナント店舗から全面撤退が決まり、百貨店などに出店していた「CASA Grande」は、全て閉店となった。これにより「CASA」の屋号を持つ店舗は、西友河辺店、西友ひばりヶ丘店、西友浦安店、つくばエポカル店の首都圏4店舗を残すのみとなった[11][13]

2021年10月、アンドモワの事業停止、経営破綻が報道される。これにより残された「CASA」店舗も消滅する見込みとなった[14][15]

西洋フード・コンパスグループが運営していた店舗[編集]

CASA Grande
  • 西武福井店(2019年8月末に閉店)[16]
  • 西武大津店(2019年8月26日に閉店)[17]
  • 西武東戸塚店(2019年8月18日に閉店)[18]
  • そごう大宮店(2019年8月頃に閉店)[11]
  • 西武所沢店(2019年5月以前に閉店)[19]
  • 西武高槻店(2019年5月12日に閉店)[20]
  • 西武船橋店(2018年2月28日に西武船橋店と共に閉店)
  • 西武八尾店(2017年2月28日に西武八尾店と共に閉店)
  • そごう柏店(2016年9月30日にそごう柏店と共に閉店)[21]
  • そごう広島店(2013年2月以前に閉店)[22][23]
ダイニング CASA
  • 海老名SA店(2011年2月7日に閉店)[24]
グランヴューCASA
  • 海ほたるPA店(2012年10月24日に閉店)[25]
CASA
  • 西武池袋本店(2011年1月10日に閉店)[26]
  • 札幌ロフト店(2009年9月末に西武札幌店と共に閉店)
  • 上野メトロピア店(2008年6月頃に閉店)[27]
  • 新大阪店(2006年4月28日に閉店)[28]
  • 日本橋浜町店(2006年3月頃に閉店)[29]

西洋レストランシステムズ→アンドモワが運営していた店舗[編集]

CASA - ファミリーレストラン
  • つくばエポカル店(ホテルつくばエポカル)(2021年7月以前に閉店)[30]
  • ひばりヶ丘西友店(2021年7月以前に閉店)
  • 浦安西友店(2021年5月以前に閉店)[31]
  • 河辺西友店(2020年8月上旬に閉店)[32]
  • 東大和BIGBOX店(2019年3月23日に閉店)[33]
  • 高崎スズラン店(スズラン百貨店)(2018年9月19日に閉店)[34]
  • 新大久保店(2015年7月17日に閉店)[35]
  • 鹿屋店(2014年10月以前に閉店)[36]
《CASA → 2004年頃・博多五風 → 2011/03/25・肉だら家 → 2012/02/27・CASA》
《CASA → 2002年頃・博多五風 → 2011/02/28・肉だら家 → 2011/11/01・CASA》
《CASA → 2002年頃・博多五風 → 2010/12/13・肉だら家 → 2011/10/25・CASA》
《CASA → 2003年頃・博多五風 → 2011/03/28・肉だら家 → 2011/11/15・CASA》
  • 伊万里店(2012年11月以前に閉店)[39]
《CASA → 2002年頃・博多五風 → 2011/02/25・肉だら家 → 2011/09/27・CASA》
  • 山口小郡店(2012年9月2日に閉店)[40]
《CASA → 2004年頃・博多五風 → 2011/01/27・肉だら家 → 2011/12/13・CASA》
  • 中津店(2012年9月2日に閉店)[41]
《CASA → 2002年頃・博多五風 → 2010/04/22・肉だら家 → 2011/11/29・CASA》
  • サンシャイン店(2012年9月2日に閉店)[42]
  • 東京オペラシティ店(2012年2月10日に閉店)[43]
  • 御徒町店(2010年1月から2010年6月の間に閉店)[44][45]
藩(はん)- 居酒屋
京らーめん 糸ぐるま - 京風ラーメン
中国麺家 - 中華料理
小吃坊(しょうちぼう)- 中華料理
  • 甲府エクラン店
  • 高崎スズラン店(スズラン百貨店)
過去には川崎アゼリアにも出店していた。
炭家米蔵 - 釜飯
パスタベラ - イタリア料理
  • お茶の水店(新お茶の水サンクレール)
  • 水戸エクセル店
食通天 - 中華料理
  • ひばりが丘パルコ店
信濃 - 蕎麦
  • 高崎スズラン店(スズラン百貨店)
スナックイン - 立ち食い蕎麦焼きそば
駅コンコース(地上階・地下1階)全面改良工事に伴い、2014年4月末をもって閉店[47]

ココスに転換した店舗[編集]

2002年に売却した120店のうち105店がココスに業態転換している[6]。その中で転換を確認できた104店舗について記載。

宮城県 (2店舗)
栃木県 (4店舗)
茨城県 (3店舗)
埼玉県 (16店舗)
東京都 (12店舗)
千葉県 (13店舗)
神奈川県 (17店舗)
静岡県 (5店舗)
愛知県 (2店舗)
京都府 (1店舗)
奈良県 (2店舗)
和歌山県 (2店舗)
大阪府 (17店舗)
兵庫県 (8店舗)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本外食歴史”. 2021年11月12日閲覧。
  2. ^ 今年の5大出来事とプラスα、2001年外食産業を振り返る”. 日本食糧新聞 (2001年12月17日). 2021年11月27日閲覧。
  3. ^ 新店ウォッチング:「フーチン」八王子堀之内店”. 日本食糧新聞 (2001年4月2日). 2021年11月12日閲覧。
  4. ^ 会社分割によるロードサイドレストラン事業(CASA)部門の分社化に関するお知らせ”. SEIYO FOOD SYSTEMS INC. (2002年1月29日). 2003年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月19日閲覧。
  5. ^ 株式会社西洋フードシステムズからのロードサイドレストラン事業の一部譲受けに関するお知らせ (PDF)”. ココスジャパン. p. 1 (2002年3月12日). 2003年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月6日閲覧。
  6. ^ a b 株式会社ゼンショーホールディングスの完全子会社である株式会社日本レストランホールディングスによる株式会社ココスジャパンの完全子会社化に関する株式交換契約締結のお知らせ (PDF)”. ココスジャパン. p. 3 (2019年11月7日). 2021年11月11日閲覧。
  7. ^ 店舗検索 九州”. SEIYO FOOD SYSTEMS INC.. 2003年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月11日閲覧。
  8. ^ 店舗検索 CASA”. SEIYO FOOD SYSTEMS INC.. 2002年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月11日閲覧。
  9. ^ 西洋フード・コンパスグループ レストラン事業の会社分割に関するお知らせ”. 西洋フード・コンパスグループ公式ウェブサイト (2007年8月2日). 2012年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月27日閲覧。
  10. ^ 株式会社オフィス井上とモルガン・スタンレー証券が西洋レストランシステムズ株式会社に出資 (PDF)”. 2021年11月11日閲覧。
  11. ^ a b c 西洋フード、事業再編で2019年8月までに百貨店内飲食店を全閉店-「カーサ」は全国4店のみに”. 都市商業研究所 (2019年9月8日). 2021年11月11日閲覧。
  12. ^ 西洋レストランシステムズ株式会社との資本提携解消に関するお知らせ”. 西洋フード・コンパスグループ公式ウェブサイト (2012年9月3日). 2013年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月11日閲覧。
  13. ^ CASA カーサの店舗一覧やお得なクーポン情報”. ホットペッパーグルメ (2020年2月20日). 2020年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月11日閲覧。
  14. ^ アンドモワ、新型コロナ影響で2021年10月倒産・破産申請へ-居酒屋大手、買収したファミレス「カーサ」も消滅か”. 都市商業研究所 (2021年11月1日). 2021年11月11日閲覧。
  15. ^ 西友河辺店、西友ひばりヶ丘店、西友浦安店は、西友各店舗のフロアガイドへの記載が無くなっており、2021年11月以前に閉店してる
  16. ^ 西武福井店のレストランフロアがリニューアルへ 2020.2” (2020年2月11日). 2021年12月2日閲覧。
  17. ^ カーサグランデ キッズメニューフィフティーン” (2019年8月11日). 2021年12月2日閲覧。
  18. ^ 【閉店】カーサグランデ”. 開店閉店.com (2019年8月20日). 2021年12月2日閲覧。
  19. ^ 西武所沢店 フロアガイド”. そごう・西武. 2019年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月2日閲覧。 フロアガイドが改装工事中に。閉店前の店舗の位置は8F左上
  20. ^ 西武高槻店 6階=レストラン街 (pdf)”. 2019年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月2日閲覧。
  21. ^ そごう柏店 レストラン&カフェ”. 2016年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月2日閲覧。
  22. ^ 津村巧の食道楽 店059”. 2021年12月2日閲覧。
  23. ^ 跡地には「旬菜和洋 レストラン&カフェ ラ・シガール」が2013年2月7日にオープン https://web.archive.org/web/20130208205106/http://www2.sogo-gogo.com:80/wsc-customer-app/page/514/dynamic/top/Top
  24. ^ 東名高速道路 海老名SA(下り線)リニューアル工事のお知らせ”. 中日本エクシス株式会社 (2011年1月5日). 2011年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月2日閲覧。
  25. ^ 2012年11月8日 ドライブ千葉県鴨川 白岩館”. GAKUの旅記録 (2012年11月13日). 2021年12月2日閲覧。
  26. ^ 西武池袋本店:レストラン&カフェ 一覧”. 2011年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月2日閲覧。
  27. ^ ショップリスト:レストラン CASA”. 2008年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月4日閲覧。 2008年5月のショップリストには掲載あり
  28. ^ CASA - にちにち蛙鳴蝉噪” (2006年4月17日). 2021年12月12日閲覧。
  29. ^ 跡地には「サイゼリヤ 日本橋浜町店」が2006年12月8日にオープン
  30. ^ 2021年7月に「CASA」の看板が無くなっている
  31. ^ 「京らーめん 糸ぐるま 浦安西友店」閉店”. 2021年11月20日閲覧。
  32. ^ 【青梅市】西友河辺店に併設されていたレストラン「CASA西友河辺店」が閉店されました”. 号外NET 西多摩 (2020年8月22日). 2021年11月20日閲覧。
  33. ^ CASA東大和店閉店のお知らせ” (2019年3月20日). 2021年11月24日閲覧。
  34. ^ Googleマップ CASA高崎スズラン店” (2021年11月19日). 2021年11月19日閲覧。 跡地には「きみ膳」がオープン
  35. ^ CASA新大久保店”. ホットペッパーグルメ. 2015年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月24日閲覧。 跡地は「焼き鳥 釜飯 藩 新大久保店」に業態変更
  36. ^ 跡地には「やみつきのした 鹿屋店」が2014年10月にオープン
  37. ^ 跡地には「魚民 山鹿昭和町店」が2014年7月18日にオープン
  38. ^ 跡地には「5-Grill 川内店」が2013年4月26日にオープン
  39. ^ 跡地には「魚民 伊万里店」が2012年11月12日にオープン
  40. ^ ちょっとうぐいすの鳴き声が気になるファミレス”. tabelog.com (2012年10月1日). 2021年12月2日閲覧。
  41. ^ CASA中津店deランチセット♪”. 本日も晴天なり・・・ (2012年8月24日). 2021年12月2日閲覧。
  42. ^ 9/2【閉店】CASA サンシャイン店”. 開店閉店.com (2012年9月2日). 2021年12月2日閲覧。
  43. ^ 2/10【閉店】CASA 東京オペラシティ店”. 開店閉店.com (2012年2月9日). 2021年12月2日閲覧。
  44. ^ ショップリスト:レストラン CASA”. 2010年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月4日閲覧。 2010年1月のショップリストには掲載あり
  45. ^ 跡地には「ガスト 仲御徒町店」が2010年6月16日にオープン https://loco.yahoo.co.jp/place/g-M4yCd3xXULs/
  46. ^ スナック・イン 池袋駅店 (池袋/そば)” (日本語). 食べログ. 2021年3月20日閲覧。
  47. ^ 西武池袋駅スナックイン、ナイスインできた地下1階構内名店|鉄道コラム” (日本語). 鉄道チャンネル (2020年1月1日). 2021年3月20日閲覧。
  48. ^ 転換後の店舗名は「ココス 宇都宮今泉店」
  49. ^ 転換後の店舗名は「ココス 小山駅東店」
  50. ^ 転換後の店舗名は「ココス 土浦大町店」
  51. ^ 深谷本住店に転換後、ビッグボーイ深谷店に再転換
  52. ^ 転換後の店舗名は「ココス 鴻巣本町店」
  53. ^ 転換後の店舗名は「ココス 成田飯田町店」
  54. ^ 転換後の店舗名は「ココス 東生駒店」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]