Antergos

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Antergos
開発者 Alexandre Filgueiraなど[1]
OSの系統 Unix系
ソースモデル オープンソース
初リリース 2012年5月7日(5年前) (2012-05-07
最新安定版リリース 2016.03.20[2] / 2016年3月20日(19か月前) (2016-03-20
パッケージ管理 Pacman
対応プラットフォーム IA-32およびx86-64
カーネル種別 モノリシック (Linux)
既定のユーザインタフェース GNOME Shell, Cinnamon, Xfce, コマンドライン, KDE, Openbox, MATE
ライセンス GNU GPLおよびその他様々なフリーソフトウェアライセンス
ウェブサイト antergos.com
テンプレートを表示

Antergos(以前はCinnarchで知られた)はArch LinuxベースのLinuxディストリビューションである。Antergosはデフォルトのデスクトップ環境GNOME 3を用いるが、CinnamonMATEKDEXfceなどのデスクトップを用いることもできる。Antergosは2012年7月にCinnarchとしてリリースされ、2013年5月Distrowatchで最もポピュラーなディストリビューションのトップ30位以内にランクインした[3]Antergosガリシア語で「先祖」の意味であり、この単語が「現在と過去とを繋ぐ」を意味するため名前に選ばれた[4]

歴史と開発[編集]

元々このプロジェクトはCinnarchとして始まり[5][6]、デスクトップ環境はLinux Mintチームが開発したGNOME ShellのフォークであるCinnamonを用いていた。2013年4月にCinnarchチームは、Arch Linuxのようにローリング・リリースリポジトリにCinnamonを(最新のGTKライブラリとの互換性を保つことを優先しなかったため)維持するのが困難になったのでデフォルトデスクトップ環境をCinnamonからGNOME 3.6に置き換えた[要出典]。それに応じて名前をAntergosに改名し、その名の元で2013年4月にリリースされた[7][8][9]

名前以外に変更されたものは、システムに含まれるデフォルト設定である。ファイルマネージャNemoからNautilusに、デスクトップマネージャはMDM (Mint Display Manager) からGDMに、メッセージングクライアントはPidginからEmpathyにそれぞれ置き換えられた。

バージョン2014.05.26から、AntergosはNumix-Squareアイコンと外部のNumix-FrostテーマをこのOSにもたらしたNumixプロジェクトと提携した[10]

2015年3月7日、インストーラーが必要とするコンポーネントのみを提供する、Antergos Minimal ISOが利用可能となった[11]

インストール[編集]

Antergosはテキストベースのインストーラーと共に、グラフィカルインストーラーであるCnchiを提供する。このインストーラーはGNOMEデスクトップ内でブートするが、インストール中にGNOME 3CinnamonMateKDEXfceOpenboxの中からいずれかを選ぶためのオプションを提供する[12][13]。インストールの開始およびインストール前にCnchiを自動でアップデートするためにネットワーク接続は必須である。

パッケージ管理[編集]

Antergosはローリング・リリースであり、Antergos自身のリポジトリと共にArch Linuxの公式リポジトリとAURを利用する[14]。AntergosはArch Linuxと似た最小限のテキストベースインストーラーを持つ、Pacmanベースのディストリビューションである。

パッケージ管理はPacmanとPamac(Pacman用のGUIフロントエンド)を経由する[15]

デフォルトのオフィススイートは付属していないが、Cinnarch初期のリリースからLibreOfficeコンポーネントを選んでダウンロードするのを容易にする、"LibreOffice Installer for Arch Linux"が付属している[16]

リリース[編集]

Cinnarchの名で最初のISOが出たのは2012年5月7日で、Arch Linuxフォーラムでユーザーにそのリリースをメッセージと共に通知した[17]。Antergosの名の最初のバージョンは2013年5月12日にリリースされた[18][19]

脚注[編集]

  1. ^ About”. Antergos Linux. 2015年4月23日閲覧。
  2. ^ ISO Refresh: 2016.03.20”. Antergos Linux. 2016年3月29日閲覧。
  3. ^ Antergos”. DistroWatch. 2016年6月12日閲覧。
  4. ^ Antergos 2013.05.12 – We’re back”. Antergos News (2013年5月). 2016年6月12日閲覧。
  5. ^ Noyes, Katherine (2012年11月26日). “With 'Cinnarch,' Arch Linux gets a sprinkle of Cinnamon”. PC World. IDG. 2013年7月16日閲覧。
  6. ^ von Eitzen, Chris (2012年11月23日). “Cinnarch: Arch Linux with Mint's Cinnamon desktop”. The H - Open. Heinz Heise. 2013年7月16日閲覧。
  7. ^ faidoc (2013年4月11日). “Cinnarch GNOME 2013.04.11 – Last release under the Cinnarch name”. Antergos Linux. 2013年7月16日閲覧。
  8. ^ Noyes, Katherine (2013年5月23日). “Another Day, Another Distro: Antergos Linux Is Born”. LinuxInsider. ECT News Network, Inc.. 2013年7月16日閲覧。
  9. ^ Noyes, Katherine (2013年5月14日). “So Long, Cinnamon: Cinnarch Linux is reborn as Antergos”. PC World英語版. IDG. 2013年7月16日閲覧。
  10. ^ faidoc (2014年5月26日). “Antergos 2014.05.26 available”. Antergos blog. 2014年8月13日閲覧。
  11. ^ Falgout, Dustin (2015年3月7日). “Antergos Minimal ISO: For Those Who Don’t Need a Full Live Environment and Want a Faster Download.”. Antergos blog. 2015年4月17日閲覧。
  12. ^ Noyes, Katherine (2013年5月14日). “So Long, Cinnamon: Cinnarch Linux is reborn as Antergos”. PC World. IDG. 2013年7月16日閲覧。
  13. ^ Antergos Linux 2013.05.12 review”. LinuxBSDos.com (2013年5月20日). 2013年5月31日閲覧。
  14. ^ About”. Antergos (2013年5月). 2016年6月12日閲覧。
  15. ^ PacmanXG4”. 2016年6月12日閲覧。
  16. ^ PCWorld.com”. 2016年6月12日閲覧。
  17. ^ Cinnarch - Your favorite distro with Cinnamon desktop”. Announcement of the first Cinnarch release. 2016年6月12日閲覧。
  18. ^ Official announcement of the first Antergos release”. 2016年6月12日閲覧。
  19. ^ All Cinnarch/Antergos release news on DistroWatch.com”. 2016年6月12日閲覧。

外部リンク[編集]