高田市駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高田市駅*
駅舎
駅舎
たかだし
Takadashi
F23 尺土 (1.9km)
(1.4km) 浮孔 F25
所在地 奈良県大和高田市片塩町17-4
駅番号  F24 
所属事業者 社章近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 F 南大阪線
キロ程 34.2km(大阪阿部野橋起点)
電報略号 タカ
駅構造 高架駅(盛土駅)
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
7,619人/日
-2012年11月13日-
開業年月日 1929年昭和4年)3月29日
備考 * 1948年に高田町駅から改称
テンプレートを表示
高田市駅へ進入する16000系特急(2004年3月撮影)

高田市駅(たかだしえき)は、奈良県大和高田市片塩町にある、近畿日本鉄道(近鉄)南大阪線。駅番号はF24。駅長配置駅である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線ホームを持つ高架駅(土盛り)。ホーム長は8両。

改札口は地上にあり、北側の1ヶ所のみ。自動改札機は、オムロン製が設置されている。赤い自動改札機(U-PG)は、出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCA対応。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 F 南大阪線 下り F 橿原神宮前吉野方面 B 大和八木京都方面
2 F 南大阪線 上り F 尺土古市大阪阿部野橋方面

方面表記では上記のように記載されているが、大和八木・京都方面へは途中の橿原神宮前駅にて、橿原線の列車への乗り換えが必要である。

特徴[編集]

特急を含めたすべての列車が停車する。 地元では近鉄大阪線大和高田駅西日本旅客鉄道和歌山線高田駅と区別するために「市駅」と言うことが多い。

駅長が置かれ、南大阪線の二上山駅 - 浮孔駅間と、御所線の各駅を管理している。なお、大和高田駅にも駅長が配置されている[4]

利用状況[編集]

近年における1日乗降人員の調査結果は以下の通り[5]

  • 2005年11月8日:9,778人
  • 2008年11月18日:8,927人
  • 2010年11月9日:8,388人
  • 2012年11月13日:7,619人
  • 2015年11月10日:7,696人

駅周辺[編集]

バス[編集]

奈良交通

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
F 南大阪線
急行
尺土駅 (F23) - 高田市駅 (F24) - 橿原神宮前駅 (F42)
区間急行・準急・普通
尺土駅 (F23) - 高田市駅 (F24) - 浮孔駅 (F25)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、26-27頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  2. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』8 関西1、新潮社2008年、26頁。ISBN 978-4-10-790026-5
  3. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月5日閲覧。 
  4. ^ 『HAND BOOK 2010』、近畿日本鉄道総合企画部編、2010年9月
  5. ^ 南大阪線 一日乗降人員(調査日:平成27年11月10日〔火〕) - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]