磐城駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
磐城駅
Iwaki stn Kintetsu.jpg
いわき - Iwaki
F21 当麻寺 (0.7km)
(1.2km) 尺土 F23
所在地 奈良県葛城市長尾220-2
駅番号  F22 
所属事業者 社章近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 F 南大阪線
キロ程 31.1km(大阪阿部野橋起点)
電報略号 イワキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,348人/日
-2012年-
開業年月日 1929年昭和4年)3月29日
備考 無人駅
テンプレートを表示

磐城駅(いわきえき)は、奈良県葛城市長尾にある、近畿日本鉄道(近鉄)南大阪線

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ホーム有効長は4両編成分で、下りホーム側には保守車両用の側線がある。駅舎(改札口)は大阪阿部野橋方面行きホームの尺土寄りにあり、反対側の橿原神宮前方面行きホームへは構内踏切で連絡している。トイレは改札内にある。

2013年(平成25年)12月より終日無人駅化された。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 F 南大阪線 下り 橿原神宮前吉野御所方面
2 F 南大阪線 上り 古市大阪阿部野橋河内長野方面

利用状況[編集]

  • 2012年11月13日の調査結果によると、1日の乗降人員は1,348人[3]
  • 2010年11月9日の調査結果によると、1日の乗降人員は1,339人。
    • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、220位。
    • 南大阪線・吉野線の駅(43駅、他線接続駅含む)の中では、31位。
    • 奈良県内の近鉄の駅(93駅)の中では、75位。
  • 2008年11月18日の調査では、1日の乗降人員は1,437人。2005年11月8日の調査では1,575人。

駅周辺[編集]

寺院風の造りの葛城市役所當麻庁舎

バス[編集]

その他[編集]

かつて、近鉄御所線は当駅から分岐する計画であった。分岐のための線路も敷設されたが、後に御所線は隣の尺土駅から分岐することになったため、その線路は前述した保守車両用の側線となった。

また、隣の尺土駅で緩急接続が図られているダイヤ編成となっているうえ、尺土駅は特急を含む全営業列車が停車するため、上り列車においては優等列車が通過して踏切の遮断機が上がってもすぐに後続の準急や普通が到着し踏切が作動し始める。下り列車においても反対に到着列車の発車後すぐに優等列車が通過するため、遮断機が上がってもただちに再稼働する現象が起こる。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
F 南大阪線
急行・区間急行
通過
準急・普通
当麻寺駅 (F21) - 磐城駅 (F22) - 尺土駅 (F23)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、26-27頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  2. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月5日閲覧。 
  3. ^ 近畿日本鉄道 駅別乗降人員

関連項目[編集]

外部リンク[編集]