高岡藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高岡県から転送)
移動先: 案内検索

高岡藩(たかおかはん)は、下総国高岡村(現在の千葉県成田市高岡)に存在した

藩史[編集]

徳川秀忠徳川家光に仕えて大坂の陣をはじめとする様々な経緯で功績を挙げていった井上政重は、御書院番士・大目付(当時は総目付という名称)などを歴任して次第に加増を受け、島原の乱でも戦後処理などで功を挙げたことから寛永17年(1640年)6月12日、6,000石を加増されて1万石を領する大名として諸侯に列し、ここに高岡藩を立藩したのである。ただし、当時は高岡に陣屋は築かれず、江戸定府していた。政重はその後もキリスト教徒の取締りのために宗門改役を設置し、長崎出島における交易制限を行なうなど、鎖国体制の確立に尽力した。この功により寛永20年(1643年)5月23日、3,000石を加増された。政重は万治3年(1660年)7月9日に老衰を理由に家督を井上政清に譲って隠居する。

第2代藩主・政清のときに弟の井上政則に1,000石、井上政明に500石を分与したため、高岡藩領は1万1,500石となる。第3代藩主・井上政蔽のとき、高岡に陣屋が築かれた(高岡陣屋)。また、弟の井上政式に1,500石を分与したため、高岡藩領は1万石となった。

ちなみに高岡藩は尾張藩と繋がりが深く、第6代藩主・井上正国徳川宗勝の十男で、第7代藩主・井上正紀は尾張藩の付家老家である竹腰勝起の次男である。第10代藩主・井上正和は文久2年(1862年)に江戸藩邸内に藩校学習館を創設した。儒学者朝川善庵門人の随朝などが教授し、藩士だけではなく庶民の入学を許可した開放的な藩校であった。

藩主の井上家は幕末期に浜松藩を領した井上家の分家にあたり、常陸下妻藩と共に、みな明治維新を迎えている。

最後の藩主・井上正順明治2年(1869年)の版籍奉還で知藩事となる。2年後の廃藩置県で高岡藩は廃藩となり、高岡県となる。のちに高岡県は新治県を経て千葉県に編入された。

歴代藩主[編集]

井上家[編集]

譜代。1万石→1万3,000石→1万1,500石→1万石。

  1. 井上政重(まさしげ):従五位下。筑後守(大目付)
  2. 井上政清(まさきよ):従五位下。筑後守(大坂加番・駿府加番)
  3. 井上政蔽(まさあきら):従五位下。筑後守(駿府加番)
  4. 井上政鄰(まさちか):従五位下。筑後守  
  5. 井上正森(まさもり):従五位下。山城守
  6. 井上正国(まさくに):従五位下。筑後守(大坂定番・奏者番)
  7. 井上正紀(まさのり):従五位下。壱岐守  
  8. 井上正瀧(まさたき):従五位下。筑後守
  9. 井上正域(まさむら):従五位下。筑後守(祭祀奉行)
  10. 井上正和(まさよし):従五位下。筑後守(祭祀奉行)
  11. 井上正順(まさより):従五位下。宮内少輔

幕末の領地[編集]

関連項目[編集]

先代:
下総国
行政区の変遷
1640年 - 1871年 (高岡藩→高岡県)
次代:
新治県