青山繁晴の緊急提言 世界は動く!正念場の日本〜明日のニッポンを子どもたちと考える〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青山繁晴の緊急提言 世界は動く!正念場の日本
〜明日のニッポンを子どもたちと考える〜
ジャンル ニュース情報番組
出演者 青山繁晴
杉本なつみ
山里亮太
製作
プロデューサー 堀部茂世(関西テレビ)
制作 関西テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2011年12月31日
放送時間 土曜日15:00 - 16:15
放送分 75分
回数 1
テンプレートを表示

青山繁晴の緊急提言 世界は動く!正念場の日本〜明日のニッポンを子どもたちと考える〜[1](あおやましげはるのきんきゅうていげん せかいはうごく!しょうねんばのにほん〜あすのにっぽんをこどもたちとかんがえる〜)とは、関西テレビ2011年12月31日に放送された年末特別番組。

概要[編集]

2011年年始まで、『爆笑! こうなる宣言』に情報プレゼンターとして番組参加していたコーナーを、2011年末に単独番組として独立させた番組で、実務家である青山が初めてホスト役を務めた。[2] 日々起きているニュースや出来事に対して、そこから見えてくる「問題点」「日本の未来図」「私たち国民が心しておくこと」を青山が常に情報発信する際に発言する「物事を根っこから考える」番組である。 スタジオには大人パネラー以外に12~18歳の男女30人を集め、彼らが抱く素朴な疑問に対し、わかりやすく解説を加える。

番組内容[編集]

2012年への緊急提言を解説[3]
  • 北朝鮮情勢の今後について
  • 「原発テロ」に備えよう
福島第一原子力発電所事故後の菅政権の対応について。また、福島県飯舘村での取材を行ない、菅野典雄村長を直撃インタビューを行った。

番組の最後に激動の2012年に対し、青山がズバリ提言する。

出演者[編集]

メインパーソナリティ[編集]

進行役[編集]

パネラー[編集]

小学4年生から高校3年生の男女30人

スタッフ[編集]

  • 構成:二宮一泰、小森直樹、やまだともカズ
  • ナレーション:前塚あつし
  • TD:吉田満
  • VE:松岡泰助(関西テレビ)
  • CAM:山本倫久(関西テレビ)
  • MIX:小野浩一(関西テレビ)
  • LD:原口祥明
  • TK:白石純子
  • 編集:岡元裕次、今岡裕之
  • 音効:三浦智子、萩原隆之
  • 美術制作:河真裕美(関西テレビ)
  • デザイン:井内克信
  • 美術進行:中越章浩
  • 大道具:内海哲哉
  • 小道具:秋丸弘美
  • 電飾:中井高浩
  • 園芸:山本幸一
  • メイク:野村雅美
  • タイトル:原田賢一、谷篤史
  • 衣装協力:ORIHICA、STYLEWORKS、RICORIDI、rev k shop、TOCOPACIFIC、DearPrincess、
  • 協力:クラッチ.
  • AP:今橋叔子(クラッチ.)、清水美希(クラッチ.)
  • AD:三浦未来、森本真史
  • ディレクター:松本繁男、山本千晃、市川晃、薄井大介(クラッチ.)
  • チーフディレクター:重信好輝(クラッチ.)
  • プロデューサー:堀部茂世(関西テレビ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 芸人出演番組盛りだくさん、関西テレビの年末年始番組発表 2011年12月5日(お笑いナタリー)
  2. ^ ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ とりあえず 2011年12月30日
  3. ^ スーパーニュースアンカーのニュースDEズバリ、ぶったまのニュース解説と流れは略一緒
  4. ^ 青山が以前番組参加していた2時ワクッ!の同曜日のレギュラー出演者
  5. ^ 「12月28日 水曜日」 水道橋博士の悪童日記
  6. ^ 青山が以前番組していた2時ワクッ!の同曜日のレギュラー出演者