自由の番人作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
自由の番人作戦
Tip of the Spear!.jpg
A U.S. Army crew chief with 17th Cavalry Regiment surveys the area over Jalalabad, Afghanistan.
戦争対テロ戦争, アフガニスタン紛争 (2001年-2021年), 確固たる支援任務
年月日:2015年1月1日 – 2021年8月30日
(6年7ヶ月2週間)
場所アフガニスタン
結果ターリバーンの勝利
  • アフガニスタンの政権が崩壊
  • アメリカ市民と危険にさらされているアフガニスタン人がカブールから避難
交戦勢力
確固たる支援任務 テロ組織
指導者・指揮官
アメリカ合衆国の旗 CIC ジョー・バイデン(2021年 - 現在)
アメリカ合衆国の旗 CIC ドナルド・トランプ(2017年 – 2021年)
アメリカ合衆国の旗 CIC バラク・オバマ(2014年 - 2017年)

アメリカ合衆国の旗 アメリカ中央軍:

北大西洋条約機構の旗 確固たる支援任務:

連合:

ターリバーンの旗 ハイバトゥラー・アクンザダ

ターリバーンの旗 アフタル・ムハンマド・マンスール 
アルカーイダの旗 アイマン・ザワーヒリー
アブイブラヒム・ハシミ
(2019年 – 現在)
アブー・バクル・アル=バグダーディー 
(2014年 – 2019年)
Hafiz Saeed Khan 
(2015年 – 2016年7月)
Abdul Haseeb Logari [2][3]
(2016年 – 2017年8月)
Abdul Rahman Ghaleb [4][5]
(2017年4月 - 7月)
Abu Saad Erhabi [6]
(2017年7月 – 2018年8月)
ムハンマド・ジア=ウル=ハク
(2018年8月 – 2019年8月)
Abdullah Orokzai(捕虜)[7][8]
(2019年4月 – 2020年4月)
Qari Hekmat 
Mufti Nemat 降伏
Dawood Ahmad Sofi 
Mohamed Zahran 
Ishfaq Ahmed Sofi 

戦力
確固たる支援任務: 9592人(2021年2月時点)[9]

民間軍事会社のコントラクター: 7,800人(2021年7月時点)[10]

アフガニスタンの旗 アフガニスタン軍: 307,947人(2021年1月28日時点)[11]

不明
損害
アフガニスタン紛争 (2001年-2021年)参照 アフガニスタン紛争 (2001年-2021年)参照
アフガニスタン紛争 (2001年-2021年)

自由の番人作戦(じゆうのばんにんさくせん、Operation Freedom's Sentinel)は、世界規模の対テロ戦争の一部であるアフガニスタン紛争における不朽の自由作戦に続く作戦である。NATO主導の確固たる支援任務の一部として2015年1月1日に始まり、テロ対策と任務の一環としての同盟国との協力という2つの構成要素があった[12]

アフガニスタンには、2020年2月時点で、NATOの軍とNATO以外の軍を合わせて16,551人の兵士がいて[13]、2020年6月には15,937人に減少し[14]、2021年2月では、9592人が駐留していた[15]

2020年の間に、自己報告によれば、アフガニスタン軍は、30万人を超える兵士で構成されていたが[16]2021年ターリバーン攻勢の際に、降伏または近隣の国に撤退し、アフガニスタンのほぼ全域がターリバーンの支配下に入った。

自由の番人作戦は、2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件から20年を迎える直前の2021年8月31日に正式に終わる予定だったが[17]8月15日のカーブル陥落により政権が崩壊した影響で、8月30日になった。

目的[編集]

13年間の不朽の自由作戦を経て、アメリカ軍とNATO同盟国は大規模な軍事作戦からNATO主導の訓練と支援を柱とする小さな役割に焦点を移した[18]。新たな任務の大半がNATO主導の確固たる支援任務に基づく一方で、NATOとは別個にアメリカ軍の部隊が部隊防護、後方支援、対テロ活動に参加することになっていた[18]

2015年10月1日、アメリカ軍とアフガニスタン軍の確固たる支援任務の司令官であるJohn F. Campbellの声明によりアメリカ軍の目的が定義された。「アメリカ軍は、アルカイダの残党に対する対テロ任務とアフガニスタン軍を支援する確固たる支援任務という、明確に定義された2つの任務を実行している。この任務における取り組みは同時にかつ互いに補完するものである。我々がアルカイダの残党に攻撃し続ける一方で、アフガニスタン人を守り、平和を勝ち取り、地域全体の安定に寄与するためにアフガニスタン治安部隊を構築している」[19]

自由の番人作戦の開始時のアメリカ軍の人員は9,800人だった。Campbell将軍は1,000人の増派とNATO軍の人員を約13,500人まで増やすことを要求し、認可された[20]。2019年、NATOの確固たる支援任務と自由の番人作戦の合同支援で、アメリカ軍の人員が14,000人だった[21]。2021年1月頃には、アメリカ軍は人員を2,500人にまで減らした[22]。しかし、後に、アフガニスタンで発表されたよりも、特殊部隊を含めて1,000人も多く駐留していることが判明した[23]

さらに、2021年1月時点で、民間軍事会社のコントラクターが約18,000人もアフガニスタンに駐留し、3分の1がアメリカ市民だった[24]。アメリカのジョー・バイデン大統領は、2021年7月8日に、アフガニスタン紛争は8月31日に正式に終わる予定であると述べた[17]。タリバンに対するアメリカの空爆は継続される計画だったが[25]カブール陥落によるアフガニスタンの政権崩壊で終了した[26]

議会の報告書[編集]

海外緊急対応作戦の主任監察官は、四半期ごとにアメリカ合衆国議会に自由の番人作戦の報告書を提出しなければならない。この報告書には、アフガニスタンにおける作戦の支援活動と、アメリカ政府の政策目標を達成するためのアメリカ国防総省アメリカ合衆国国務省アメリカ合衆国国際開発庁による作業も掲載される[27]

2018年1月1日から2018年3月30日までの報告書の抜粋:

“General John Nicholson Jr., Commander of Resolute Support and Commander of U.S. Forces-Afghanistan (USFOR-A) said this quarter that U.S. and Afghan forces were gaining momentum through the new South Asia strategy, and that the Taliban was shifting to "guerilla tactics and suicide attacks" because it was no longer able to carry out attacks to seize cities or districts. However, suicide attacks and bombings in Kabul and across Afghanistan resulted in hundreds of civilian casualties, and raised concerns among Afghans about whether the government can secure the country.”[27]
“The United States faces multiple challenges in Afghanistan. Previous Lead IG quarterly reports identified several challenges facing Afghanistan and the OFS mission, including preparing to hold safe, credible parliamentary elections, defeating ISIS-K, and pressuring Pakistan to eliminate safe havens. During the quarter, the United States and Afghanistan continued to seek to address these challenges, though with limited progress, as detailed throughout this report.[27]

This quarter, Lead IG agencies also observed the following emerging challenges that complicate the OFS mission and efforts to end the conflict:”

  • Stemming the Attacks in Kabul
  • Managing Increased Violence in Afghanistan

2019年8月、第3歩兵師団の第48歩兵旅団戦闘団に代わり第82空挺師団の第3旅団戦闘団がアフガニスタンに配備された。2020年2月、第82空挺師団の第3旅団戦闘団に代わり第10山岳師団第1歩兵旅団戦闘団が、アフガニスタンのヘルマンド州周辺、パキスタン北西部とアフガニスタン南西部のガンダーラに配備された[28]

脚注[編集]

  1. ^ News – Resolute Support Mission”. 2015年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月17日閲覧。
  2. ^ Army Rangers killed in Afghanistan were possible victims of friendly fire”. Army Times (2017年4月29日). 2021年8月25日閲覧。
  3. ^ Barbara Starr et Ralph Ellis (2017年5月8日). “ISIS leader in Afghanistan was killed in raid, US confirms”. edition.cnn.com. 2021年8月25日閲覧。
  4. ^ US kills leader of ISIS in Afghanistan”. CNN. 2017年7月15日閲覧。
  5. ^ Statement by Chief Pentagon Spokesperson Dana W. White on death of ISIS-K leader in Afghanistan”. U.S. Department of Defense. 2017年7月15日閲覧。
  6. ^ ISIL leader in Afghanistan killed in air raids”. aljazeera.com (2018年8月26日). 2021年8月25日閲覧。
  7. ^ Thomas Joscelyn (2019年7月30日). “UN: Islamic State replaced leader in Afghanistan after visit from central leadership”. longwarjournal.org. 2021年8月25日閲覧。
  8. ^ https://www.aljazeera.com/news/2020/04/afghan-forces-announce-arrest-local-isil-leader-200404171431866.html
  9. ^ https://www.nato.int/nato_static_fl2014/assets/pdf/2021/2/pdf/2021-02-RSM-Placemat.pdf
  10. ^ https://www.usnews.com/news/world-report/articles/2021-07-21/number-of-private-military-contractors-in-afghanistan-drops-precipitously-as-biden-pushes-withdrawal-plan
  11. ^ https://www.sigar.mil/pdf/quarterlyreports/2021-04-30qr.pdf
  12. ^ Meet Operation Freedom's Sentinel, the Pentagon's new mission in Afghanistan” (英語). Washington Post. 2018年10月7日閲覧。
  13. ^ Resolute Support Mission (RSM): Key Facts and Figures February 2020”. nato.int. 2021年8月25日閲覧。
  14. ^ Resolute Support Mission (RSM): Key Facts and Figures June 2020 (PDF)”. nato.int. 2021年8月25日閲覧。
  15. ^ Resolute Support Mission (RSM): Key Facts and Figures February 2021 (PDF)”. nato.int. 2021年8月25日閲覧。
  16. ^ SIGAR: QUARTERLY REPORT TO THE UNITED STATES CONGRESS April 2021 (PDF)”. 2021年8月25日閲覧。
  17. ^ a b “Biden says US war in Afghanistan will end August 31” (英語). AP NEWS. (2021年7月8日). https://apnews.com/article/joe-biden-afghanistan-government-and-politics-86f939c746c7bc56bb9f11f095a95366 2021年7月8日閲覧。 
  18. ^ a b NATO combat mission formally ends in Afghanistan” (英語). Washington Post. 2018年10月7日閲覧。
  19. ^ “Operation Freedom's Sentinel and our continued security investment in Afghanistan” (英語). www.army.mil. https://www.army.mil/article/156517/operation_freedoms_sentinel_and_our_continued_security_investment_in_afghanistan 2018年10月7日閲覧。 
  20. ^ Sisk, Richard. “Amid Confusion, DoD Names New Mission 'Operation Freedom's Sentinel'” (英語). Military.com. https://www.military.com/daily-news/2014/12/29/amid-confusion-dod-names-new-mission-operation-freedoms.html 2018年10月7日閲覧。 
  21. ^ Operation Freedom's Sentinel: Lead Inspector General Report to the United States Congress, April 1, 2019–June 30, 2019”. Department of Defense Office of the Inspector General. p. 47 (2019年8月20日). 2019年10月12日閲覧。
  22. ^ Ali, Idrees (2021年1月15日). “U.S. troops in Afghanistan now down to 2,500, lowest since 2001: Pentagon”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-usa-afghanistan-military-idUSKBN29K229 2021年2月6日閲覧。 
  23. ^ Gibbons-Neff, Thomas; Cooper, Helene; Schmitt, Eric (2021年3月14日). “U.S. Has 1,000 More Troops in Afghanistan Than It Disclosed” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2021/03/14/world/asia/us-troops-afghanistan.html 2021年5月6日閲覧。 
  24. ^ Troop levels are down, but US says over 18,000 contractors remain in Afghanistan”. Stars and Stripes. 2021年5月6日閲覧。
  25. ^ https://www.washingtonpost.com/world/2021/07/25/us-airstrikes-afghanistan-taliban-mckenzie/
  26. ^ Pentagon Press Secretary John F. Kirby Holds a Press Briefing” (英語). U.S. Department of Defense. 2021年8月20日閲覧。
  27. ^ a b c d OPERATION FREEDOM'S SENTINEL REPORT TO THE UNITED STATES CONGRESS JANUARY 1, 2018‒MARCH 31, 2018 (PDF)”. defense.gov. 2021年8月25日閲覧。
  28. ^ 1st BCT, 10th Mountain Division to replace 3rd BCT, 82nd Airborne Division for unit rotation in the winter of 2020”. army.mil (2019年12月5日). 2020年10月5日閲覧。