ステボ・ペンダロフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ステボ・ペンダロフスキ
Stevo Pendarovski
Стево Пендаровски
Pentarovski2019.jpg
第5代 マケドニア共和国大統領
就任
2019年5月12日
首相 ゾラン・ザエフ
前任者 ジョルゲ・イヴァノフ
個人情報
生誕 (1963-04-03) 1963年4月3日(56歳)
北マケドニア共和国の旗 北マケドニア スコピエ (旧ユーゴスラビア社会主義連邦共和国
国籍 北マケドニア
政党 マケドニア社会民主同盟
出身校 スコピエ大学

ステボ・ペンダロフスキ(Stevo Pendarovski、マケドニア語: Стево Пендаровски1963年4月3日 - )は、マケドニアの政治家で、2019年5月12日から北マケドニア共和国の第5代大統領に就任している[1][2][3][4]

経歴[編集]

教育および学歴[編集]

ステボ・ペンダロフスキは、1987年に、スコピエ大学で法学士号を取得した。 彼は後に、MAと政治学博士号を同じ大学で取得している。

2008年から、University American College Skopjeの国際安全保障、外交政策およびグローバリゼーションの助教授を務めている。

政治的キャリア[編集]

ステボ・ペンダロフスキは、総務省の広報アシスタント大臣としての彼のキャリアをスタートさせて、1998年から2001年まで、省の分析と研究部門の長をしていた。

2001年から2004年のボリス・トライコフスキ大統領の死まで、国家安全保障および最高外交政策顧問だった。

2004年から2005年に州選挙管理委員会を指揮した後、彼は2005年から2009年にかけて次の大統領であったブランコ・ツルヴェンコフスキに再び国家安全保障および最高外交政策顧問を務めた[5]

2014年3月4日に、マケドニアの主要野党である社会民主連合によって、2014年4月の大統領選挙の候補者に選出された[6]

また、2019年の選挙では、社会民主連合と民主統合連合の大統領候補となり[7]、5月5日に実施された決選投票で51.7%の得票率を得て、野党の国家統一民主党連合が推薦する大学教授のゴルダナ・シリャノブスカを破って勝利した[8]

脚注[編集]

公職
前任者
ジョルゲ・イヴァノフ
北マケドニア大統領
2019年 - 現在
現職