ブランコ・ツルヴェンコフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブランコ・ツルヴェンコフスキ
Бранко Црвенковски
Branko-Crvenkovski.JPG
ブランコ・ツルヴェンコフスキ
生年月日 (1962-10-12) 1962年10月12日(56歳)
出生地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ)、 サラエヴォ
出身校 スコピエ大学
所属政党 マケドニア社会民主同盟

在任期間 1992年8月17日 - 1998年11月30日
大統領 キロ・グリゴロフ
在任期間 2002年11月1日 - 2004年5月12日
大統領 ボリス・トライコフスキ

在任期間 2004年5月12日 - 2009年5月12日
テンプレートを表示

ブランコ・ツルヴェンコフスキマケドニア語:Бранко Црвенковски1962年10月12日 - )は、マケドニア共和国の政治家。第3代大統領。

人物[編集]

ユーゴスラビア社会主義連邦共和国、現ボスニア・ヘルツェゴビナサラエヴォ生まれ。マケドニアの首都スコピエのスコピエ大学電気工学部を卒業後、1990年マケドニア社会民主同盟(SDSM)から国会議員に初当選し、マケドニアが独立した1991年に同党党首となって以来党首再選を続けている。

1992年、初めて首相(第2代)となり、アルバニア系政党も含めた連立政権を組閣、経済安定と民主化を進めるとともに、ギリシャとの間の国名を巡る紛争を妥協させ、国際連合への加盟を果たした。

1998年の総選挙で敗退し首相を降りるが、2002年の総選挙で勝利し、内部マケドニア革命組織・マケドニア国家統一民主党ボリス・トライコフスキ大統領のもとで再び首相(第4代)に就任した。

2004年2月26日にトライコフスキ大統領が事故死したのをきっかけに4月に行われた総選挙で社会民主同盟の候補となり、4月28日の決選投票で国家統一民主党の候補を破って第3代大統領に当選した。2009年5月12日に退任。


公職
先代:
ボリス・トライコフスキ
マケドニア共和国の旗 マケドニア共和国大統領
第3代:2004 - 2009
次代:
ジョルゲ・イヴァノフ