サウリ・ニーニスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サウリ・ヴァイナモ・ニーニスト
Sauli Väinämö Niinistö
Sauli Niinistö 2.JPG
サウリ・ニーニスト(2012年1月)
生年月日 (1948-08-24) 1948年8月24日(69歳)
出生地  フィンランドサロ
出身校 トゥルク大学
前職 弁護士
所属政党 国民連合党
配偶者 マーヤ・リーナ・ニーニスト
イェンニ・ハウキオ
サイン Signature Sauli Niinistö.png

在任期間 2012年3月1日 - 現職

フィンランドの旗 議会議長
在任期間 2007年4月24日 - 2011年4月27日

フィンランドの旗 財務大臣
在任期間 1996年2月2日 - 2003年4月16日

在任期間 1995年4月13日 - 2001年8月30日

フィンランドの旗 法務大臣
在任期間 1995年4月13日 - 1996年2月1日
テンプレートを表示

サウリ・ヴァイナモ・ニーニストフィンランド語: Sauli Väinämö Niinistö1948年8月24日 – )は、フィンランド政治家弁護士。現在、同国大統領

経歴[編集]

フィンランド南部サロ出身。郷里のサロで弁護士事務所を開業後、1977年にサロ市議会議員となり、政界入り。1987年にはフィンランド議会議員に当選する。

1994年国民連合党議長に選出され、執行部入りする。1995年パーヴォ・リッポネン内閣の法務大臣として初入閣する。以後、財務大臣副首相などを経て、2006年に国民連合党から大統領選挙に立候補し善戦した。2007年から2011年までフィンランド議会議長を務めた。2012年の大統領選挙に再び立候補し、2012年2月に緑の党ペッカ・ハービスト元環境相を決選投票で破り、大統領に当選した。

2009年フィンランドサッカー協会会長に就任した。2011年より緑の同盟代表を務めるヴィッレ・ニーニストの叔父に当たる。

2016年3月に来日。

出典[編集]

公職
先代:
タルヤ・ハロネン
フィンランドの旗 フィンランド共和国大統領
第12代:2012年 -
次代:
(現職)
先代:
リロ・ヴィーナネン英語版
フィンランドの旗 フィンランド共和国財務大臣
1996年 - 2003年
次代:
アンティ・カリオマキ英語版
先代:
ペルッティ・サロライネン
フィンランドの旗 フィンランド共和国副首相
1995年 - 2001年
次代:
ヴィッレ・イタラ英語版
先代:
アンネリ・ヤーテンマキ
フィンランドの旗 フィンランド共和国法務大臣
1995年 - 1996年
次代:
カリ・ハカミエス
議会
先代:
パーヴォ・リッポネン
フィンランドの旗 フィンランド議会議長
2007年 - 2011年
次代:
ベン・ジスコヴィチ英語版
(代行)