ギオルギ・マルグヴェラシヴィリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギオルギ・マルグヴェラシヴィリ
გიორგი მარგველაშვილი
Prasidenten Margvelashvili (Cropped long).jpg
ギオルギ・マルグヴェラシヴィリ(2014年9月)

任期 2013年11月17日
首相 ビジナ・イヴァニシヴィリ
イラクリ・ガリバシヴィリ
ギオルギ・クヴィリカシヴィリ

任期 2012年10月25日2013年7月18日
首相 ビジナ・イヴァニシヴィリ

出生 1969年9月4日(46歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Georgian SSR.svg グルジア・ソビエト社会主義共和国トビリシ
政党 グルジアの夢→無所属[1]
署名 Margvelashvili Signature.svg

ギオルギ・マルグヴェラシヴィリグルジア語: გიორგი მარგველაშვილი、Giorgi Margvelashvili、1969年9月4日 - )は、グルジアの学者、政治家。2013年11月17日から、同国の大統領を務める。

教育哲学者で、2000年から2006年と2010年から2012年の二度にわたり、グルジア公共研究所の総長を務めた。2012年10月に発足したビジナ・イヴァニシヴィリ内閣に、教育科学相として入閣。2013年2月には、第一副首相に任命された。2013年5月、イヴァニシヴィリ率いる政党連合「グルジアの夢」の大統領候補に指名され、同年10月に62%の得票率で当選した。

生い立ち[編集]

技師のテイムラズ・マルグヴェラシヴィリ(1938年生)と心理学者のムゼアナ・ゴメラウリ(1933年生)の子として、トビリシに生まれる[2]。1992年に哲学の学位を得てトビリシ国立大学を卒業後、プラハ中央ヨーロッパ大学(1993年 - 1994年)とグルジア科学アカデミー哲学研究所(1993年 - 1996年)で勉学を続けた。1998年、トビリシ国立大学から哲学の博士号を取得[3]。1990年代初めは、コーカサス旅行社に山岳ガイドとして勤めていた。1995年に国家民主研究所のトビリシ事務所に企画顧問として加わり、グルジアとアメリカ合衆国合同の教育機関であるグルジア公共研究所 (GIPA) と統合する2000年まで所属した[1]

2000年から2006年と2010年から2012年の二度、GIPAの総長を務めた。2006年から2010年までは、GIPAの調査部を率いた。この時期、しばしばグルジアの政治と社会について解説を行った[3][4]

政治経歴[編集]

2012年まで、マルグヴェラシヴィリはグルジアでは無名の存在であった[5]。初めて政治に直接関わったのは2003年11月の国会議員選挙に向けて、野党陣営の「ブルジャナゼ民主」に加わったときで、同陣営の候補者名簿の上位10人に名を連ねた[6]。不正選挙の申し立てが街頭の抗議活動、さらにはバラ革命による権力交代に発展し、「ブルジャナゼ民主」がミヘイル・サアカシヴィリ率いる統一国民運動と合流すると、マルグヴェラシヴィリは政界を退いた[5]

2008年、マルグヴェラシヴィリは元国会議長のニノ・ブルジャナゼシンクタンク「民主主義と発展のための協会」の諮問委員会に加わり、再びブルジャナゼと提携した[7]。2012年まで、マルグヴェラシヴィリはサアカシヴィリ政権を批判し続けた。億万長者の大君ビジナ・イヴァニシヴィリが創設した野党連合「グルジアの夢」は公然と支持したが、「グルジアの夢」の選挙活動に直接関わることはなかった[1]

閣僚[編集]

2012年10月の国会議員選挙でサアカシヴィリの政党が勝利し、イヴァニシヴィリが首相になると、その「個人的な友人」で「インテリ」と思われていたマルグヴェラシヴィリは[8]、10月25日付で教育科学相になった[4]。2013年2月には、イヴァニシヴィリからイラクリ・アラサニア国防相の後任の第一副首相に任命された[8]

マルグヴェラシヴィリの政策大綱は、卒業試験や学校の役割、大学の財政的独立を含む教育システムの変革をもくろむものであった[9]

在任中、マルグヴェラシヴィリは何度か世間の注目を集めた。2013年3月には、サアカシヴィリ政権で大臣を務めた企業家のカハ・ベンドゥキゼが創設した財団が運営するトビリシのアグラリアン大学の免許を教育科学省が取り消したことで、野党や学生グループから告発された。同省は2週間以内に、不足していた点が是正されたとしてアグラリアン大学に対する免許を更新した[1]。また4月には、全国の65万人の学生に政府が教科書を無償で配布すると声明したため、経営への打撃となる出版業者や野党から、知的財産権の侵害に大衆を動かしているとして非難を受けた。5月に労働法の改正案をはねつけると、メディアから財界の「ナイトメア」と呼ばれた[1][10]

大統領候補[編集]

2013年5月11日に、野党連合「グルジアの夢」は彼を同年10月に行われる大統領選の候補者に指名した。リーダーのイヴァニシヴィリは、満場一致でこの決定が行われたと述べた[11]。退任が決まっているサアカシヴィリ大統領はこの指名に疑念を示し、「馬(インキタトゥス)が元老院に行く」というカリグラの逸話にたとえた[12]。マルグヴェラシヴィリとイヴァニシヴィリとも、マルグヴェラシヴィリは富豪首相の操り人形であるという他勢力の主張を退けた[13]。選挙活動に公金を流用したという申し立てをかわすため、法で規定されているわけではなかったが、マルグヴェラシヴィリは辞職した。後任には7月18日付でタマル・サニキゼが就いた[14]。マルグヴェラシヴィリは活発な選挙活動を展開したが、その側にはたびたびイヴァニシヴィリがつき、彼の前で支持を表明した[5] 。10月17日には、イヴァニシヴィリの「助言」を受けて、決選投票になった場合は選挙戦から撤退すると表明した[5]


10月27日の大統領選で、マルグヴェラシヴィリは62%の票を獲得し、統一国民運動のダヴィド・バクラゼ候補におよそ40%の差をつけて当選した[15]。選挙後、マルグヴェラシヴィリは深化したヨーロッパとの結びつきを維持しつつ、ロシアとの緊張緩和に努めると強調した[16]

2014年10月来日。

大統領[編集]

トビリシのルスタヴェリ通りにある国会議事堂の中庭で行われた宣誓式で、マルグヴェラシヴィリはグルジアの第4代大統領に就任した。これとともに、大統領権限の大幅な縮小の代わりに首相権限の増大を定めた新憲法が発効した[17]。式典にサアカシヴィリが出席しなかったことは、前任者および他の政治勢力による新政権軽視のあらわれとして取り上げられた[18]

マルグヴェラシヴィリはサアカシヴィリ政権下に建てられた贅沢な大統領宮殿への入居を拒否し、アメリカ大使館として使われていた首相府の建物の質素な一角を改装して住んでいる[19]

人物[編集]

母語のグルジア語のほか、英語とロシア語に堪能である。趣味は編み物[13]。私生活に関する発言はまれである。モスクワに留学経験のある娘アナ(1993年生)がいる。結婚はしていないが、かつて歌手や女優として活動していたメイクアップアーティストのマカ・チチュア(1965年生)と関係がある[20][21]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Margvelashvili Named as GD's Presidential Candidate. Civil Georgia. 11 May 2013. Accessed 11 May 2013.
  2. ^ Gelantia, Telara (15 May 2013). Financial declaration of "Georgian Dream" Presidential Candidate. PirWeli.
  3. ^ a b George Margvelashvili. Government of Georgia. Accessed 30 March 2013.
  4. ^ a b Ivanishvili's Incoming Cabinet. Civil Georgia. 16 October 2012. Accessed 30 March 2013.
  5. ^ a b c d Giorgi Margvelashvili. Civil Georgia. 15 October 2013.
  6. ^ Burjanadze, Zhvania Offer Radical Changes. Civil Georgia. 22 August 2003. Accessed 30 March 2013.
  7. ^ Burjanadze Launches Foundation. Civil Georgia. 7 July 2008. Accessed 30 March 2013.
  8. ^ a b Education Minister to Become Deputy PM. Civil Georgia. 5 February 2012. Accessed 30 March 2013.
  9. ^ Macharashvili, Nino (26 December 2012). Giorgi Margvelashvili: No education can be free. Tabula Magazine. Accessed 30 March 2013.
  10. ^ Georgian First Vice PM strongly against new Labour Code. Trend News Agency. 3 May 2013.
  11. ^ Georgian PM names pro-Western ally presidential candidate. Reuters. 11 May 2013.
  12. ^ Saakashvili Comments on GD's Presidential Candidate. Civil Georgia. 12 May 2013.
  13. ^ a b Metreveli, Irakli (25 October 2013). Georgia's presidential favourite a knitting academic. AFP.
  14. ^ New Education Minister Takes Office. Civil Georgia. 18 July 2013.
  15. ^ Georgia elections: Russia welcomes new president Giorgi Margvelashvili. The Telegraph. 28 October 2013.
  16. ^ 'Europe is our choice' – Georgia's president-elect Margvelashvili. Euronews. 28 October 2013.
  17. ^ Margvelashvili Sworn-in as New President. Civil Georgia. November 17, 2013.
  18. ^ Georgia's Saakashvili won't attend Margelashvili's inauguration. Vestnik Kavkaza. 16 November 2013.
  19. ^ Margvelashvili refuses to move to residence built for Saakashvili. Kyiv Post. 4 November 2013.
  20. ^ Owen, Elizabeth (23 September 2013). Georgia: More of the Same with Margvelashvili?. Eurasia.Net. Accessed 28 October 2013.
  21. ^ Woman who might become First Lady of Georgia. Georgian News TV. 13 May 2013.
公職
先代:
ハティア・デカノイゼ
教育科学相
2012年 – 2013年
次代:
タマル・サニキゼ
先代:
ミヘイル・サアカシヴィリ
グルジアの旗 グルジアの大統領
2013年 –
現職