エギルス・レヴィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エギルス・レヴィッツ
Egils Levits.jpg
2012年
第10代 ラトビア共和国大統領
就任
2019年7月8日
首相 クリシュヤーニス・カリンシュ
前任者 ライモンツ・ヴェーヨニス
欧州司法裁判所判事
任期
2004年 – 2003年
ラトビア共和国司法相
任期
1993年8月3日 – 1994年9月19日
大統領 グンティス・ウルマニス
首相 ヴァルディス・ビルカフス
前任者 ヴィクトルス・スクドラ
後任者 ロマーンス・アプシーティス
個人情報
生誕 (1955-06-30) 1955年6月30日(65歳)
ソビエト連邦ラトビア・ソビエト社会主義共和国リガ
国籍 ラトビア
政党 ラトビアの道 (1993年 – 1994年)
無所属
配偶者 アンドラ・レヴィテ
住居 リガ城(大統領官邸)
出身校 ハンブルク大学
職業 法学者

エギルス・レヴィッツラトビア語: Egils Levits1955年6月30日 - )は、ラトビアの政治家、法学者。現大統領[1]

ソビエト連邦末期にラトビア人民戦線に所属し、1990年の独立回復に貢献した。1993年から1994年まで副首相兼司法相、1994年から1995年までハンガリーオーストリアスイス大使を務めたのち、欧州人権裁判所判事に任命され、2004年まで在職した。同年以降は欧州司法裁判所判事を務めている[2][3]

2015年に大統領選挙に立候補したが、ライモンツ・ヴェーヨニスに敗れ次点に終わった。2019年の大統領選挙で当選。

経歴[編集]

ソビエト連邦占領下のリガに生まれる。父のヨナス・レヴィッツはユダヤ人のエンジニア、母のインゲボルガ・レヴィタはバルト・ドイツ人の詩人で、アイヤ・ゼムザレというペンネームを持っていた。1972年、反ソ連的活動を理由に一家そろってソ連を追放され[4]、インゲボルガの親戚のいる西ドイツに移住。ラトビアが独立を回復する1990年まで西ドイツに留まった。

レヴィッツはユダヤ系であるが、インタビューなどでは自らのアイデンティティーをもっぱらラトビア人に求めている[5]

1980年代末から政治の世界に入り[6]、1989年にラトビア市民会議が発足すると、ラトビア人民戦線所属の代議員となった[7]。その後、クラブ21という政治団体に合流し、1993年には「ラトビアの道」という政党から国会議員に当選した。ラトビア共和国憲法前文の起草に携わったほか[8]、大統領直属の憲法委員会委員長を務めてきた[9]。また、オーストリアスイスハンガリーなどの大使を歴任した[7]

法曹界でも、1995年に欧州人権裁判所判事に選任されたほか、2004年以降は欧州司法裁判所判事を務めている。

2015年の大統領選挙期間中、国会前で支持者に声をかけるレヴィッツ

2011年と2015年の2度、国民連合から大統領選挙に立候補したが、いずれも落選した[10] 。最有力候補とみなされた2019年の大統領選挙では[11]、与党連合から支持を得て[12]、5月29日に国会議員による投票で大統領に選出された[13]

大統領就任式は7月8日、サエイマ(国会)で行われた[4]。その後、レヴィッツはリガの自由の記念碑を訪れ、戦前の初代大統領ヤーニス・チャクステの墓に献花し、退任するライモンツ・ヴェーヨニス大統領からリガ城(大統領官邸)の鍵を受け取った[14]。7月10日には初の外遊としてエストニアタリンを訪問し、同国大統領のケルスティ・カリユライドと首相のユリ・ラタスと会談した[15][16]

10月22日には令和の天皇徳仁即位礼正殿の儀に参列するため日本を訪問し、23日に早稲田大学で「ラトビアから見た現代民主主義の諸課題」についての講演を英語でおこなった[17]。25日には内閣総理大臣安倍晋三と会談した[18]

政見[編集]

国内の政治的問題では、保守的な考えを示してきた。その一方、欧州司法裁判所では、ラトビアの近年の動きについて、難民の受け入れやイスタンブール協定(女性に対する暴力および家庭内暴力の予防と撲滅に関する協定)はラトビア共和国憲法に抵触しないと述べるなどしている[6]。ラトビア経済の強さはヨーロッパ有数であるとして、金融改革には懐疑的である[19]。政党には所属しておらず、今後も無所属で活動する意向を表明している[9][20]

人物[編集]

妻アンドラ(左)と娘インドラ(右)

産婦人科医の妻アンドラ・レヴィテとのあいだに1男1女がいる[21]ラトビア語のほか、ドイツ語(ドイツに滞在経験があることによる)、英語フランス語ロシア語に堪能である。

脚注[編集]

  1. ^ Balsojums”. titania.saeima.lv. 2020年1月20日閲覧。
  2. ^ Izraudzīti Latvijas tiesneši Eiropas Kopienu tiesā” (ラトビア語). Latvijas Vēstnesis. 2015年6月3日閲覧。
  3. ^ Egils Levits appointed as a judge at the Court of Justice of the European Union”. Ministry of Justice of the Republic of Latvia (2018年3月1日). 2018年9月2日閲覧。
  4. ^ a b “Latvia's new president Levits sworn into office; parents are of Jewish origin”. The Times of Israel. (2019年7月9日). https://www.timesofisrael.com/latvias-new-president-with-jewish-roots-sworn-into-office/ 2019年7月18日閲覧。 
  5. ^ Levits ir pret īpašumu atgriešanu ebreju kopienai” (ラトビア語). delfi.lv (2019年4月18日). 2019年8月12日閲覧。
  6. ^ a b Fridrihsone, Madara (2019年2月24日). “Egils Levits – līdz šim vienīgais pretendents uz prezidenta amatu. Kas viņš ir?” (ラトビア語). www.lsm.lv. 2019年4月10日閲覧。
  7. ^ a b Fridrihsone, Madara (2015年5月25日). “EGILS LEVITS” (ラトビア語). www.lsm.lv. 2019年4月10日閲覧。
  8. ^ Saeima adds controversial preamble to Latvia's Constitution”. Public Broadcasting of Latvia (2014年6月19日). 2015年6月3日閲覧。
  9. ^ a b Suhoveckis, Gatis (2015年6月2日). “Prezidenta kandidāta portrets: Egils Levits”. skaties.lv. 2019年4月10日閲覧。
  10. ^ EU Court Judge Egils Levits' chances of becoming Latvia's president increase”. Baltic News Network (2019年4月3日). 2019年3月10日閲覧。
  11. ^ Public figures from across the spectrum offer show of support for Levits”. Public Broadcasting of Latvia (2019年2月19日). 2015年6月3日閲覧。
  12. ^ Coalition parties to nominate Levits for Latvia's president” (2019年4月19日). 2015年6月3日閲覧。
  13. ^ Latvian parliament elects former judge Levits president”. Reuters (2019年5月29日). 2019年5月29日閲覧。
  14. ^ Egils Levits becomes Latvian president”. Public Broadcasting of Latvia (2019年7月8日). 2019年7月18日閲覧。
  15. ^ Estonia, Latvia presidents discuss cooperation, including in recycling”. ERR (2019年7月10日). 2020年1月21日閲覧。
  16. ^ President of Latvia Egils Levits will pay his first working visit to Estonia”. www.president.lv (2019年7月9日). 2020年1月21日閲覧。
  17. ^ ラトビア共和国大統領エギルス・レヴィッツ閣下 特別講演会”. 早稲田大学 (2019年10月1日). 2020年2月11日閲覧。
  18. ^ 安倍総理大臣とレヴィッツ・ラトビア大統領との会談”. 外務省 (2019年10月25日). 2020年2月11日閲覧。
  19. ^ Avotiņš, Viktors (2018年9月25日). “Levits: Risks ir – pazaudēt savu valsti” (ラトビア語). nra.lv. 2019年4月10日閲覧。
  20. ^ “Intervija ar Egilu Levitu, Eiropas Savienības Tiesas tiesnesi”. Rīta Panorāma (LSM). (2019年2月14日). https://www.youtube.com/watch?v=u2-eQTECbzc 2019年4月10日閲覧。 
  21. ^ Noslēpumainākā kandidāte uz pirmās lēdijas godu” (ラトビア語). delfi.lv (2015年6月3日). 2019年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
ライモンツ・ヴェーヨニス
ラトビアの大統領
2019年 –
現職