ミロ・ジュカノヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミロ・ジュカノヴィチ
Мило Ђукановић
Milo Đukanović.jpg

任期 2018年5月20日

任期 2012年12月4日2016年11月28日
任期 2008年2月29日2010年12月29日
任期 2003年1月8日2006年11月10日

Flag of Montenegro (1994-2004).svg モンテネグロ
Presidential Standard of Montenegro.svg 第2代 大統領
任期 1998年1月15日2002年11月25日

モンテネグロの旗 モンテネグロ
モンテネグロ国防大臣
任期 2006年1月5日2006年11月10日

出生 (1962-02-15) 1962年2月15日(60歳)
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
ニクシッチ
政党 モンテネグロ社会主義者民主党

ミロ・ジュカノヴィチモンテネグロ語:Мило,Ђукановић、1962年2月15日 - )は、モンテネグロ政治家。現在、同国大統領を務める。大統領(ユーゴスラビア連邦時代)、首相(3期)などを歴任した[1]モンテネグロ社会主義者民主党党首。日本の外務省ではミロ・ジュカノビッチ (Milo Djukanovic) と表記されている。

2018年4月15日投開票の大統領選挙英語版に立候補し、1回目の投票で過半数の53.8%を獲得し当選[2]、5月20日就任。

2019年10月22日の即位礼正殿の儀に参列し、翌23日には迎賓館赤坂離宮安倍晋三内閣総理大臣と会談を行った[3]

物議を醸した事件[編集]

タバコ密輸疑惑[編集]

アムネスティ・インターナショナルの報告書で、ミロ・ジュカノヴィチの指揮するグループがアドリア海を通じてタバコイタリア密輸し、同国の国家予算に数十億ユーロの被害をもたらした疑惑が浮上した。イタリアの最高裁判所は、ジュカノヴィチが組織的なマフィアグループの指導者であるという疑いに基づいて、2004年にイタリアの検察が求めた同氏の逮捕を承認した。しかしその後、モンテネグロの裁判所に移ったジュカノヴィチに対する訴訟は保留となった。これについてアムネスティ・インターナショナルは「モンテネグロの司法は麻痺している」と批判している[4]

セルビア正教会大司教即位阻止事件[編集]

2021年9月5日にセルビア正教会におけるモンテネグロおよびリトラルの大司教にイオアニキ2世英語版が即位する際、ジュカノヴィチはツェティニェにある修道院での即位式典開催に反対し、別の場所に移転するよう求めた[5]。結局、即位式は予定通りの場所で執り行われたもののジュカノヴィチの一連の発言、行動は憲法の定める政教分離に違反しているのではないかという議論が巻き起こり[6]、11月19日、モンテネグロ議会はジュカノヴィチに対して提起された大統領弾劾の提案を採択し、憲法裁判所が憲法違反の有無を判断することとなった[7]。2022年2月4日、憲法裁判所はジュカノヴィチが違憲行為を行っていないとの判断を下し、弾劾手続きは停止することとなった[8]

首相候補拒否事件[編集]

2022年9月19日、与党連合はミオドラグ・レキッチ英語版を新首相に推薦し、組閣を委任するようジュカノヴィチに提案した[9]ものの、議会の過半数を確保できる保証がないことを理由に翌20日にこれを拒否し早期に解散総選挙を行うよう要求した[10]。この動きに新セルビア民主主義英語版党首のアンドリヤ・マンディッチ英語版はジュカノヴィチがクーデターを試みていると非難した[11]。9月22日、ジュカノヴィチが新政権樹立のための協議の場にすべての政党を参加させなかったのは憲法違反であるとして、ジュカノヴィチの大統領罷免を審議するよう求めた請求書に議会議員81人のうち過半数の41人が署名し裁判所に提出した[12]

脚注[編集]

  1. ^ Prime Minister of Montenegro Milo Djukanovic - Biography”. 2015年9月13日閲覧。
  2. ^ “Veteran Djukanovic Wins Montenegro Presidential Election -Projection”. USニューズ&ワールド・レポート. (2018年4月15日). https://www.usnews.com/news/world/articles/2018-04-15/veteran-djukanovic-wins-montenegro-presidential-election-projection 2018年4月16日閲覧。 
  3. ^ 令和元年10月23日 即位礼正殿の儀参列者との二国間会談等(6) | 令和元年 | 総理の一日 | ニュース | 首相官邸ホームページ
  4. ^ “Monitor weekly editorial, 22 October 2010 Crime and Amnesty”. MONITOR online. (2011年3月23日). http://monitor.co.me/index.php?option=com_content&view=article&id=2414:crime-and-amnesty&catid=1691&Itemid=2914 2015年9月13日閲覧。 
  5. ^ “Đukanović poziva na izmještanje ustoličinja mitropolita sa Cetinja”. ラジオ・フリー・ヨーロッパ. (2021年8月28日). https://www.slobodnaevropa.org/a/djukanovic-cetinje-mitropolit-joanikije/31432755.html 2021年11月21日閲覧。 
  6. ^ “Montenegro MPs Seek to Sanction President for Church Protests”. Balkan Insight. (2021年9月22日). https://balkaninsight.com/2021/09/22/montenegro-mps-seek-to-sanction-president-for-church-protests/ 2021年11月21日閲覧。 
  7. ^ “Sud će odlučivati da li je Milo Đukanović povredio Ustav Crne Gore”. Dobrodošli na N1. (2021年11月19日). https://rs.n1info.com/region/milo-djukanovic-cetinje-crna-gora-joanikije-ustolicenje-ustav/ 2021年11月21日閲覧。 
  8. ^ “Ustavni sud Crne Gore utvrdio da Đukanović nije povrijedio Ustav”. ラジオ・フリー・ヨーロッパ. (2022年2月4日). https://www.slobodnaevropa.org/a/ustavni-sud-crne-gore-%C4%91ukanovi%C4%87/31686844.html 2022年2月5日閲覧。 
  9. ^ “Montenegro’s Former Ruling Parties Propose Miodrag Lekic for PM”. バルカン・インサイト. (2022年9月19日). https://balkaninsight.com/2022/09/19/montenegros-former-ruling-parties-propose-miodrag-lekic-for-pm/ 2022年9月21日閲覧。 
  10. ^ “Predsjednik Crne Gore odbio Lekića za mandatara, traži nove izbore”. ラジオ・フリー・ヨーロッパ. (2022年9月20日). https://www.slobodnaevropa.org/a/djukanovi%C4%87-odbio-lekica-za-mandatara-trazi-nove-izbore/32043023.html 2022年9月21日閲覧。 
  11. ^ “Mandić: Đukanović danas pokušao državni udar”. Vijesti. (2022年9月20日). https://www.vijesti.me/vijesti/politika/622452/mandic-djukanovic-danas-pokusao-drzavni-udar 2022年9月21日閲覧。 
  12. ^ “Montenegrin Court Blockage Stymies Move to Oust President”. Balkan Insight. (2022年9月23日). https://balkaninsight.com/2022/09/23/montenegrin-court-blockage-stymies-push-to-oust-president/ 2022年9月24日閲覧。 

外部リンク[編集]