ハイバトゥラー・アクンザダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャイフ
ハイバトゥラー・アクンザダ
هبت الله اخونزاده
アフガニスタンの旗 アフガニスタン・イスラム首長国
第3代 アミール・アル=ムウミニーン
就任
2016年5月25日(タリバンの主張)
2021年8月15日(事実上)
首相ハッサン・アフンド(2021年-)
前任者アフタル・ムハンマド・マンスール
ターリバーンの旗 ターリバーン
第3代 最高指導者
就任
2016年5月25日
副指導者シラジュディン・ハッカニ英語版
ムハンマド・ヤクーブ
アブドゥル・ガニ・バラダル
アフガニスタン・イスラム首長国の旗 アフガニスタン・イスラム首長国最高裁判所
裁判官
任期
1996年 – 2001年
アフガニスタン・イスラム首長国の旗 アフガニスタン・イスラム首長国高等法院
裁判長
任期
2001年 – 2016年
後任者アブドゥル・ハキム・イシャクザイ英語版
個人情報
生誕 (1961-08-10) 1961年8月10日(60歳)
Flag of Afghanistan 1930.svg アフガニスタン王国カンダハール州パンジャウイ郡
宗教イスラム教スンナ派ハナフィー学派デオバンド派

ハイバトゥラー・アクンザダパシュトー語: هبت الله اخونزاده Hibatullah Akhunzadaアラビア語: هيبة الله أخوند زادهHaibatullāh Aḫūnd Zādah1961年8月10日 - )は、アフガニスタン政治家マウラウィー英語版位のウラマーイスラーム主義勢力ターリバーンの3代目最高指導者英語版。日本の報道では「アクンザダ師」と表記される[1]

来歴[編集]

アフガニスタン王国カンダハール州出身。1961年頃に出生したとみられている[2]パシュトゥーン人の出自で、ヌールザイ英語版氏族に属している。名前の「ハイバトゥラー」はアラビア語で「アッラーからの贈り物」を意味するهبة الله(ヒバトゥッラー、アラブ圏では女性に多い名前だが男性名としても古くから用いられてきた)という人名に相当するが、日本のメディアにおける一般的な発音とカタカナ表記は現地語のھیبت الله(Haybatullah)に即したハイバトゥラ、ハイバトゥッラー、ハイバトラ等となっている[2]

1996年にターリバーンがアフガニスタン全土を掌握してアフガニスタン・イスラーム首長国を樹立するとシャリーア法廷長官に任命された[3]。アクンザダはアフガニスタン・イスラーム首長国で宗教問題を担当するターリバーン幹部として名声を集め、同国で発行されたファトワーの大半は彼が発行した。アフガニスタン紛争で政権が崩壊した後は、アフガニスタン国内に潜伏していたとされる[4]

2016年5月21日にターリバーン第2代最高指導者アフタル・ムハンマド・マンスールアメリカ軍の空爆を受け死亡したのを受け、25日に第3代最高指導者に就任した[1]。ターリバーンの発表によると、アクンザダはマンスールの代理人として活動しており、生前のマンスールから後継指名を受けていたという[5]。また、アクンザダはパキスタン・バローチスターン州の多数のマドラサを指導しているとされる[6]

アイマン・ザワーヒリーはマンスールの死後からアクンザダに忠誠を誓っており、同盟状態のアルカーイダからの信頼を得ている。アクンザダには、2016年以降ターリバーン内にあった権力闘争後の、団体の結束が委ねられていた[7]。ザワヒーリーは「信仰者の首長」と呼んでいる[8]

ターリバーンの全土掌握[編集]

米軍撤退開始に伴い2021年5月に始まった攻勢により8月15日には首都カーブルが陥落し、事実上ターリバーンがアフガニスタンの全権を掌握することとなった。ターリバーン幹部のワヒードラ・ハシミ(Waheedullah Hashimi)はアフガニスタンは評議会により統治され、評議会議長が大統領のような役割を果たし、アクンザダは評議会議長の上に立つ公算があると述べた[9]。公の場に姿を表さないことから死亡説も一部では囁かれるが、9月7日のターリバーンによる暫定政権発足の際にアクンザダ名義で国民に声明を発表し、新政権においてはイスラムの規則及び法を遵守していく、とした[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b “アフガンのタリバンが指導者マンスール師の死亡を確認 新指導者にアクンザダ師”. 産経ニュース. (2016年5月25日). http://www.sankei.com/world/news/160525/wor1605250020-n1.html 2016年5月25日閲覧。 
  2. ^ a b “Afghan Taliban announce successor to Mullah Mansour”. BBC News. BBC. (2016年5月25日). https://www.bbc.com/news/world-asia-36375975 2021年9月7日閲覧。 
  3. ^ Afghan Taliban: Haibatullah Akhunzada is new leader - AJE News (英語) - 2016年5月25日
  4. ^ Afghan Taliban says Haibatullah Akhunzada is new leader”. Aljazeera. 2016年5月25日閲覧。
  5. ^ Profile: New Taliban chief Mawlawi Hibatullah Akhundzada” (2016年5月26日). 2016年5月31日閲覧。
  6. ^ Afghan Taliban Appoint New Leader After Mansour's Death”. ABCNews.com. 2016年5月25日閲覧。
  7. ^ “【解説】タリバン指導部にはどんな人物がいるのか?”. JIJI.COM. (2021年8月17日). https://www.jiji.com/jc/article?k=20210817041909a&g=afp 2021年8月18日閲覧。 
  8. ^ 【図解】タリバン最高指導者ハイバトゥラ・アクンザダ師”. AFPBB. 2021年8月31日閲覧。
  9. ^ “アフガン、タリバン指導者アクンザダ師が実権 評議会設置=幹部”. ロイター. https://jp.reuters.com/article/amp/idJPKBN2FJ1VL 2021年9月7日閲覧。 
  10. ^ “死亡説くすぶるタリバン最高指導者が声明「国外に出るべきではない」”. 朝日新聞. (2021年9月8日). https://www.asahi.com/articles/ASP984WMNP98UHBI017.html 2021年9月8日閲覧。