ハイバトゥラー・アクンザダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャイフ・アル・ハディース
マウラウィー

ハイバトゥラー・アクンザダ
هبت الله اخونزاده
アフガニスタンの旗 アフガニスタン・イスラム首長国
第3代 アミール・アル=ムウミニーン
就任
2016年5月25日(タリバンの主張)
2021年8月15日(事実上)
首相ハッサン・アフンド(2021年-)
前任者アフタル・ムハンマド・マンスール
ターリバーンの旗 ターリバーン
第3代 最高指導者
就任
2016年5月25日
副指導者シラジュディン・ハッカニ
ムハンマド・ヤクーブ
アブドゥル・ガニ・バラダル
アフガニスタン・イスラム首長国の旗 アフガニスタン・イスラム首長国最高裁判所
裁判官
任期
1996年 – 2001年
アフガニスタン・イスラム首長国の旗 アフガニスタン・イスラム首長国高等法院
裁判長
任期
2001年 – 2016年
後任者アブドゥル・ハキム・イシャクザイ
個人情報
生誕 (1961-08-10) 1961年8月10日(61歳)
Flag of Afghanistan 1930.svg アフガニスタン王国カンダハール州パンジャウイ郡
宗教イスラム教スンナ派ハナフィー学派デオバンド派

ハイバトゥラー・アクンザダパシュトー語: هبت الله اخونزاده Hibatullah Akhunzadaアラビア語: هيبة الله أخوند زادهHaibatullāh Aḫūnd Zādah1961年8月10日 - )は、アフガニスタン政治家マウラウィー英語版位のウラマーカーディーイスラーム主義勢力ターリバーンの3代目最高指導者英語版。日本の報道では「アクンザダ師」と表記される[1]

来歴[編集]

出自[編集]

アフガニスタン王国カンダハール州出身。正確な出生年は不明で、1950年代以前[2][3]あるいは1961年頃[4]であると考えられている。パシュトゥーン人の出自で、ヌールザイ英語版氏族に属している。名前の「ハイバトゥラー」はアラビア語で「アッラーからの贈り物」を意味するهبة الله(ヒバトゥッラー、アラブ圏では女性に多い名前だが男性名としても古くから用いられてきた)という人名に相当するが、日本のメディアにおける一般的な発音とカタカナ表記は現地語のھیبت الله(Haybatullah)に即したハイバトゥラ、ハイバトゥッラー、ハイバトラ等となっている[4]

アクンザダの父親はモスクのイマームであり、家族は非政治的で隠士のような生活を送っていた。アクンザダの家族は礼儀正しいものの、外向的でなく、部族の集会や会議に参加したことはなかった[5]

ソ連侵攻[編集]

1979年のソ連侵攻で激化したアフガニスタン内戦の戦火は当時アクンザダが住んでいた村まで及んだ。アクンザダはパキスタンの都市クエッタへ避難したと言い伝えられている[2][5]。1980年代、パキスタンでイスラームの知識、特に預言者ムハンマドの言行録であるハディースの知識を深め、「シャイフ・アル・ハディース」の肩書きを得た[2]

ターリバーン裁判官[編集]

1994年にターリバーンへ加入した[5]

1996年にターリバーンがアフガニスタン全土を掌握してアフガニスタン・イスラーム首長国を樹立するとシャリーア法廷の裁判官を務め、ナンガルハール州軍事法廷の裁判長や最高裁判所の副裁判長を歴任した[5]。アクンザダはアフガニスタン・イスラーム首長国で宗教問題を担当するターリバーン幹部として名声を集め、同国で発行されたファトワーの大半は彼が発行した。宗教学者として評判がとても高かったため、他のタリブからイスラム法学者および精神的指導者として尊敬され、時のアミール・アル=ムウミニーンであるムハンマド・オマルから師範として仰がれていた[5]

連合軍の侵攻[編集]

米国を中心とする有志連合によるアフガニスタン侵攻で政権が崩壊した後は、アフガニスタン国内に潜伏していたとされる[6]。また、パキスタン・バローチスターン州の多数のマドラサを指導しているとされる[7]

2016年5月21日にターリバーン第2代最高指導者アフタル・ムハンマド・マンスールアメリカ軍の空爆を受け死亡したのを受け、25日に第3代最高指導者に就任した[1]。ターリバーンの発表によると、アクンザダはマンスールの代理人として活動しており、生前のマンスールから後継指名を受けていたという[8]。最高指導者の座に就いたアクンザダには、2016年以降ターリバーン内にあった内紛後の、組織の結束が委ねられた[9]

2016年、アルカーイダ最高指導者のアイマン・ザワーヒリーはアクンザダに忠誠を誓い、「信徒の長(アミール・アル=ムウミニーン)」と呼んでいる[10]

2017年、息子のアブドゥル・ラーマンがヘルマンド州のゲレシュクにて、欧米諸国の傀儡とみなされた共和国政府軍に対し、自爆攻撃を敢行し殉教した[11]

政権奪還後[編集]

米軍撤退開始に伴い2021年5月に始まった攻勢により8月15日には首都カーブルが陥落し、事実上ターリバーンがアフガニスタンの全権を掌握することとなった。ターリバーン幹部のワヒードラ・ハシミ(Waheedullah Hashimi)はアフガニスタンは評議会(シューラ)により統治され、評議会議長が大統領のような役割を果たし、アクンザダは評議会議長の上に立つ公算があると述べた[12]。9月7日のタリバンによる暫定政権発足の際にアクンザダ名義で国民に声明を発表し、新政権においてはイスラムの規則及び法を遵守していく、とした[13]

政権奪還後も公の場に姿を表さず、本人とされる写真も以前ターリバーンが公開した1枚(撮影年月日不明)しか存在しないため、死亡説が一部では囁かれている。2022年5月1日のイード・アル・フィトルで、カンダハール大学モスクに現れ説教をした[14]。しかし、ジャーナリストはアクンザダに近づく事が許されず、周囲の人にも撮影許可が降りなかった。

2022年7月1日に開催されたロヤ・ジルガに出席し、対外援助に頼らない自立した経済の確立、ウラマーや庶民の団結による国内情勢の安定化を主張した。また、アフガニスタンへの内政干渉に対して、アフガニスタンは殉教者の国であり、原子爆弾を使用されたとしても、イスラームの道を守るとした[15][16]

政策[編集]

アフガニスタンの最高指導者として[編集]

2021年12月3日、女性の権利を規定する法令を発行した。女性は高貴で自由な人間として尊重するべきで、家の財産として扱うことはシャリーアに反するとした。女性には結婚について決める権利がり、平和協定と引替えに相手に差し出したり、結婚するよう圧力をかけることは許されないとした。また、未亡人の夫の財産の相続権を奪うことはできないとした[17]

2022年3月14日、アフガニスタンのムジャーヒディーンに対して、行動規則を発表した[18]。加えて、未成年の兵士登用の禁止を命令したとされる[19]。アフガニスタンではこれまで、ターリバーンや旧イスラム共和国政府で従軍する少年兵の存在が問題視されていた[20]

2022年3月23日、7年生から12年生(日本でいう中学・高校)の女子生徒が復学できるようにする決定を覆した。この決定は法務大臣代行兼最高裁判官アブドゥル・ハキム・イシャクザイ、巡礼寄進大臣代行ムハンマド・サキブ、勧善懲悪大臣代行シェイク・モハマド・ハリドなどのラーバリシューラの中でも保守的なウラマーからの圧力によるものだと噂されている[21]

2022年4月3日、アフガニスタンでのアヘンの栽培を禁止する法令に署名した。麻薬の注文と輸送も禁止された。

2022年5月7日、幼児・子供・老人を除く女性に、公の場所ではヒジャブ着用を義務付ける法令に署名した。法令の中で、ヒジャブの最良の形態としてアフガニスタン(パシュトゥーン人の間)で伝統的に着用されるチャドルブルカ)を挙げたが、それ以外のものでもボディーラインが見えたり透けているもので無ければ許容されるとした[22]

2022年5月21日、政府の役人向けて、不必要な重婚を避けるように命令した。男性にとって結婚には多額のマフルがかかり、重婚をするとその分の莫大な費用が必要となる。費用を調達するために汚職に手を染める、マフルを支払えずに信用を落すといった事を避けるべきだとした[23][24]

脚注[編集]

  1. ^ a b “アフガンのタリバンが指導者マンスール師の死亡を確認 新指導者にアクンザダ師”. 産経ニュース. (2016年5月25日). https://www.sankei.com/article/20160525-CIIZI5ZJRFNMHLJ6PMLF4HR4VI/ 2016年5月25日閲覧。 
  2. ^ a b c Taliban supreme leader urges world to recognise government” (英語). France 24 (2022年4月29日). 2022年7月1日閲覧。
  3. ^ Taliban supreme leader makes rare appearance to mark Eid al-Fitr” (英語). www.aljazeera.com. 2022年7月1日閲覧。
  4. ^ a b “Afghan Taliban announce successor to Mullah Mansour”. BBC News. BBC. (2016年5月25日). https://www.bbc.com/news/world-asia-36375975 2021年9月7日閲覧。 
  5. ^ a b c d e Biography of Hibatullah Akhundzada” (英語). Afghanistan Online (2022年4月10日). 2022年7月1日閲覧。
  6. ^ Afghan Taliban says Haibatullah Akhunzada is new leader”. Aljazeera. 2016年5月25日閲覧。
  7. ^ Afghan Taliban Appoint New Leader After Mansour's Death”. ABCNews.com. 2016年5月25日閲覧。
  8. ^ Profile: New Taliban chief Mawlawi Hibatullah Akhundzada” (2016年5月26日). 2016年5月31日閲覧。
  9. ^ “【解説】タリバン指導部にはどんな人物がいるのか?”. JIJI.COM. (2021年8月17日). https://www.jiji.com/jc/article?k=20210817041909a&g=afp 2021年8月18日閲覧。 
  10. ^ 【図解】タリバン最高指導者ハイバトゥラ・アクンザダ師”. AFPBB. 2021年8月31日閲覧。
  11. ^ “Son of Afghan Taliban leader dies carrying out suicide attack” (英語). Reuters. (2017年7月22日). https://www.reuters.com/article/us-afghanistan-taliban-son-idUSKBN1A707K 2022年6月10日閲覧。 
  12. ^ “アフガン、タリバン指導者アクンザダ師が実権 評議会設置=幹部”. ロイター. https://jp.reuters.com/article/amp/idJPKBN2FJ1VL 2021年9月7日閲覧。 
  13. ^ “死亡説くすぶるタリバン最高指導者が声明「国外に出るべきではない」”. 朝日新聞. (2021年9月8日). https://www.asahi.com/articles/ASP984WMNP98UHBI017.html 2021年9月8日閲覧。 
  14. ^ Afghan leader hails 'security' in rare appearance to mark Eid” (英語). France 24 (2022年5月1日). 2022年6月10日閲覧。
  15. ^ 5Pillars. “Afghanistan leader pledges to defend Islamic system no matter what the cost”. 5Pillars. 2022年7月1日閲覧。
  16. ^ https://twitter.com/bakhtarna/status/1542788083443286016” (日本語). Twitter. 2022年7月1日閲覧。
  17. ^ Taliban’s Supreme Leader Issues Decree on Women’s Rights” (英語). TOLOnews. 2022年6月9日閲覧。
  18. ^ Directives of Esteemed Amir-ul-Mumineen (May Allah protect him) to all the Mujahideen of the Islamic Emirate – Islamic Emirate of Afghanistan” (英語). 2022年6月9日閲覧。
  19. ^ “Taliban chief warns against recruiting child soldiers” (英語). (2022年3月28日). https://pajhwok.com/2022/03/28/taliban-chief-warns-against-recruiting-child-soldiers/ 2022年6月9日閲覧。 
  20. ^ Welle (www.dw.com), Deutsche. “Child soldiers - What's their role in the Afghan conflict? | DW | 13.02.2016” (英語). DW.COM. 2022年6月9日閲覧。
  21. ^ The Ban on Older Girls' Education: Taleban conservatives ascendant and a leadership in disarray” (パシュトー語). Afghanistan Analysts Network - English (2022年3月29日). 2022年6月9日閲覧。
  22. ^ 勧善懲悪省. “https://twitter.com/mopvpe1/status/1522882293718818816” (パシュトー語). Twitter. 2022年6月9日閲覧。
  23. ^ 'One marriage only,' Akhundzada issues unprecedented guidelines for Afghan Taliban” (英語). Daily Pakistan Global (2021年1月15日). 2022年6月10日閲覧。
  24. ^ TOLONews. “https://twitter.com/tolonews/status/1527667878803161088” (日本語). Twitter. 2022年6月10日閲覧。