プロコピス・パヴロプロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プロコピス・パヴロプロス
Προκόπης Παυλόπουλος
Prokópis Pavlópoulos portrait.jpg
プロコピス・パヴロプロス(2015年10月27日)

任期 2015年3月13日
首相 アレクシス・ツィプラス
バシリキ・タヌー(暫定)

ギリシャの旗 ギリシャ
内務大臣
任期 2004年3月10日2009年9月11日
首相 コスタス・カラマンリス

出生 (1950-07-10) 1950年7月10日(68歳)
ギリシャ王国の旗 ギリシャカラマタ
政党 新民主主義党
配偶者 ヴラシア・パヴロプル=ペルツェミ

プロコピス・パヴロプロスギリシア語: Προκόπης Παυλόπουλος発音 [proˈkopis pavˈlopulos]英語: Prokopis Pavlopoulos1950年7月10日 - )は、ギリシャ弁護士法学者にして政治家。2015年3月13日より、ギリシャ共和国第三共和政第8代大統領を務めている。2004年から2009年までは内務大臣を務めていた。[1] 日本のメディアでは主にパブロプロスと表記される。

経歴[編集]

法学者[編集]

1950年、ギリシャ王国カラマタ市に生まれる。父親のヴァシリオス・パヴロプロスは大学教授だった。アテネ大学法学部を卒業後、フランスに留学しパリ第二大学(パンテオン・アサス)の法学部博士課程を修了した。帰国後、1980年にアテネ大学の講師となり、助教授へと昇進後、1989年に教授となる。[1]

政治家[編集]

1974年にミハイル・スタシノプロス (Michail Stasinopoulos大統領の秘書となり、1989年11月から1990年4月までクセノフォン・ゾロタス (Xenophon Zolotas内閣の政府報道官を務めた。1990年から1995年まではコンスタンディノス・カラマンリス大統領の法律顧問だった。[1]

1996年のギリシャ議会総選挙においてパヴロプロスは新民主主義党 (ND) の議員として当選し、その後2014年まで国会議員を続けた。2004年から2009年まではコスタス・カラマンリス首相の下で内務大臣を務めた。[1]

大統領[編集]

パヴロプロスと国会議員たち(2015年3月)
2016年1月15日、ロシアウラジーミル・プーチン大統領と会談するパヴロプロス

2015年2月17日、急進左派連合 (SYRIZA) のアレクシス・ツィプラス首相はNDのパヴロプロスを次期大統領に推薦した。2月18日に、定数300人のギリシャ議会において233の賛成票によりパヴロプロスは大統領に選出され、3月13日に就任した。(対立候補のニコス・アリヴィザトス (Nikos Alivizatosの得票数は30だった。)[2][3][4][5]

カロロス・パプーリアス第7代大統領が2015年3月に任期を満了することに伴うギリシャの次期大統領選出は、NDが政権与党だった2014年から進められてきた。しかし与党の推薦する候補者が3回に渡る投票でも議会で承認されず、憲法の規定により議会は解散、その後2015年1月ギリシャ議会総選挙が実施され、NDは野党に下った。SYRIZAによる新政権が推す候補者は、NDの副党首にして欧州委員会ディミトリス・アヴラモプロス (Dimitris Avramopoulos欧州委員(移民・内務・市民権担当)であると当初は考えられていたため、今回の選出は予想外の結果だった。[6]

人物[編集]

夫人のヴラシア・パヴロプル=ペルツェミとの間に娘が二人、息子が一人誕生している。[7](パヴロプロス (Pavlopoulosという姓はギリシャ語で「パウロの息子」を表す。女性形が「パヴロプル」である。)母国語であるギリシャ語の他、英語フランス語を解する。[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e プロコピス・パヴロプロス・ギリシャ共和国大統領略歴”. 外務省 (2015年3月16日). 2015年4月12日閲覧。(※誕生日が7月10日ではなく6月10日、ミハイル・スタシノプロス大統領の名がミハリスとなっている。)
  2. ^ ギリシャ次期大統領にパブロプロス元内相 最大野党出身”. 朝日新聞デジタル (2015年2月19日). 2015年4月12日閲覧。
  3. ^ ギリシャの新大統領にパブロプロス氏選出”. TRT (2015年2月19日). 2015年4月12日閲覧。
  4. ^ パブロプロス新大統領が就任 ギリシャ、任期5年…豊富な政界経験”. 産経ニュース (2015年3月14日). 2015年4月12日閲覧。
  5. ^ ギリシャ次期大統領にプロコピス・パブロプロス氏が選出”. GreeceJapan.com (2015年2月20日). 2015年4月21日閲覧。
  6. ^ ギリシャ首相、次期大統領にパブロプロス元内相を指名”. ロイター (2015年2月18日). 2015年4月12日閲覧。
  7. ^ Prokopis Pavlopoulos: Who Is the New President of the Hellenic Republic?”. Greek Reporter (2015年2月18日). 2015年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
カロロス・パプーリアス
ギリシャの旗 ギリシャ共和国大統領
第三共和制第8代:2015 -
次代:
(現職)