カロロス・パプーリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カロロス・パプーリアス
Κάρολος Παπούλιας
Karolos Papoulias .jpg
カロロス・パプーリアス(2009年)

任期 2005年3月12日2015年3月13日
首相 コスタス・カラマンリス
ゲオルギオス・アンドレアス・パパンドレウ
ルーカス・パパデモス
パナギオティス・ピクラメノス
アントニス・サマラス(指名)

ギリシャの旗 ギリシャ
外務大臣
任期 1985年7月26日1989年7月2日
任期 1993年10月13日1996年1月22日

出生 (1929-06-04) 1929年6月4日(91歳)
ギリシャの旗 ギリシャ王国ヤニナ
政党 全ギリシャ社会主義運動
署名 Karolos Papoulias Signature.svg

カロロス・パプーリアスギリシア語: Κάρολος Παπούλιας, 1929年6月4日 - )[1]は、ギリシャ共和国の政治家。2005年3月から2015年3月までの10年間、ギリシャの大統領を務めた[2]。日本の報道ではパプリアスと表記されることが多い。

経歴[編集]

1929年6月4日にヤニナで生まれた。学生時代には陸上競技バレーボールで優秀な成績を収めた。法学の学位をアテネ大学から、修士号をミラノ大学から、国際法博士号をケルン大学から授与されている。母語のギリシャ語の他、ドイツ語イタリア語フランス語を話すことができる。

第二次世界大戦中にはギリシャを占領していたドイツ軍に対するレジスタンス運動に参加していた。ゲオルギオス・パパドプロスによる軍事政権時代には亡命先から民主化活動をおこなった。

全ギリシャ社会主義運動(PASOK)の創設者としてアンドレアス・パパンドレウ英語版の補佐役を務め、1977年に国会議員に選出されてからは幾度か大臣を務めた。[3]

  • 副外務大臣  1981年10月21日 - 1984年2月8日
  • 外務大臣代理 1984年2月8日 - 1985年6月5日, 1985年6月5日 - 1985年7月26日
  • 外務大臣   1985年7月26日 - 1989年7月2日
  • 国防大臣代理 1989年11月23日 - 1990年2月13日
  • 外務大臣   1993年10月13日 - 1996年1月22日

1985年から全国スポーツ協会の会長を務めている。PASOK創設時から党の中央委員会のメンバーの一人である。

妻との間には3人の娘がいる[3]

2004年12月12日に新民主主義党の党首であるコスタス・カラマンリス首相とPASOK党首のゲオルギオス・パパンドレウはパプーリアスを大統領候補に指名した。翌年2月8日に議会の圧倒的多数の賛成をうけ大統領に選出された。2005年3月12日にギリシャ共和国大統領に就任し、2015年3月13日に退任した。

脚注[編集]

  1. ^ Profile of Karolos Papoulias
  2. ^ Welle (www.dw.com), Deutsche. “Opinion: A new era for Athens | DW | 06.07.2015” (英語). DW.COM. 2021年1月19日閲覧。 “Karolos Papoulias was president of Greece from 2005 to 2015. He also served two terms as Minister for Foreign Affairs.”
  3. ^ a b President”. Greek Government. 2015年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]

(フランス語)

公職
先代:
コスタス・ステファノプロス
ギリシャの旗 ギリシャ共和国大統領
第三共和制第7代:2005 - 2015
次代:
プロコピス・パヴロプロス
先代:
イオアニス・チャラランボポウロス英語版
ミハリス・パパコンスタンディヌー
ギリシャの旗 ギリシャ共和国外務大臣
1985 - 1989
1993 - 1996
次代:
ザンニス・ザンネタキス
セオドロス・パンガロス英語版