ザンニス・ザンネタキス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザンニス・ザンネタキス
ギリシア語: Τζανής Τζαννετάκης
第175代ギリシャ首相
任期
1989年7月2日 – 1989年10月12日
前任者 アンドレアス・パパンドレウ
後任者 イオアニス・グリヴァス
第8代外務大臣
任期
1989年7月3日 – 1989年10月12日
前任者 カロロス・パプーリアス
後任者 ゲオルギオス・パプーリアス
個人情報
生誕 (1927-09-13) 1927年9月13日
ギリシャ、ギティオ
死没 2010年4月1日(82歳)
ギリシャ、アテネ
政党 新民主主義党
配偶者 マリア・ラングーシ

ザンニス・ザンネタキスギリシア語: Τζανής Τζαννετάκης1927年9月13日 - 2010年4月1日)は、ギリシャの政治家。1989年の政治危機のさなかに首相を務めた。

1927年、ラコニア県のギティオに生まれた。海軍将校を務めていたが、ゲオルギオス・パパドプロス独裁政権に対する軍事クーデターの翌日、1967年4月22日に退官し、1969年から71年まで投獄された。ギリシャが民主主義を取り戻した1974年にコンスタンディノス・カラマンリス率いる新民主主義党(ND)に入党した。1977年に国会議員に選出され、1981年に同党が惨敗を喫するまで公共事業などの大臣職を務めた。

1989年6月の議会選挙では、NDはアンドレアス・パパンドレウ率いる全ギリシャ社会主義運動(PASOK)を押さえ第一党となったが、選挙前にPASOKによって選挙法が改正されていたため、ND党首のコンスタンディノス・ミツォタキスは政権を樹立することができなかった。ザンネタキスは左派連立政権のもと首相に任命されたが、その一角を成した左派運動と環境学連合(SYN)が連立離脱したことで辞任した。それから同年12月の次回選挙まではイオアニス・グリヴァスが暫定政権を運営した。その12月の議会選挙でNDは46%の票を獲得して再び第一党となったが、PASOKが40%の票を獲得して第二党となったため、またしても政権を樹立できなかった。その結果ND、PASOK、SYNの主要三党による大連立政権が誕生し、クセノフォン・ゾロタスが代表となったが、政党間の行き違いから4ヶ月もせず分裂した。1年間で3回目となる1990年の議会選挙では、NDはPASOKを得票率で8%以上引き離し、さらに2人の国会議員を取り込んで過半数を確保し、ミツォタキス政権を樹立することができた。ザンネタキスはこの政権で1993年まで副首相を務めた。その後も政界引退を発表する2007年9月まで国会議員を務め上げた。

2010年4月1日にアテネ市内の病院で逝去した[1]

脚注[編集]

先代:
ステファノス・マノス
公共事業大臣
1980年 – 1981年
次代:
アタナシオス・アポストロス
先代:
カロロス・パプーリアス
外務大臣
1989年
次代:
ゲオルギオス・パプーリアス
先代:
観光大臣
1989年
次代:
先代:
アンドレアス・パパンドレウ
首相
1989年
次代:
イオアニス・グリヴァス
先代:
国防大臣
1989年 – 1990年
次代:
先代:
観光大臣
1989年 – 1990年
次代:
先代:
ゲオルギオス・ミロナス
文化大臣
1990年 – 1991年
次代:
アンナ・プサルダ=ベナーキ
先代:
副首相
アタナシオス・カネロプロスと共同)

1990年 – 1993年
次代:
テオドロス・パンガロス
2009年に復活