ニコル・パシニャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコル・パシニャン

ニコル・パシニャンアルメニア語: Նիկոլ Փաշինյան1975年6月1日 - )は、アルメニアジャーナリスト政治家2018年5月8日より同国の首相を務めている。

略歴[編集]

アルメニア北部の都市、イジェヴァン出身。パシニャンは1998年に「オラギル」という日刊紙を創立し、自分が編集長を務めていたが、1年後に当時の安全保障担当大臣セルジ・サルキシャン誹謗中傷したとして投獄された[1][2]。その後実刑は免除となったものの、新聞社は強制閉鎖された。その後、彼は新聞「ハイカカン・ジャマナク」の編集者として務めた[3]

2007年、パシニャンは当時の大統領ロベルト・コチャリャン弾劾を掲げる政党を設立し、総選挙に参加したが[4]、13位で終わったため議席を得ることがなかった[5]2008年の大統領選挙で元大統領のレヴォン・テル=ペトロシャン陣営に参加したが、対立するロベルト・コチャリャン現職大統領とセルジ・サルキシャン候補者の陣営に負けた。その後、テル=ペトロシャンとパシニャンは不正選挙と主張して、大規模な反対運動を起こした。警察と群集の激突により10人の参加者が死亡したため[6]、パシニャンはアルメニア当局により起訴され、2010年に7年の実刑判決を受けた[7]

2011年、当局の恩赦により釈放された後、テル=ペトロシャンと接触し再び市民運動を起こした。また、アルメニアの民主化および政治犯制度の撲滅運動に投身するとも宣言した[8][9][10]。2012年の総選挙では野党のアルメニア国民会議から出馬し当選したが[11]、2013年の大統領選では長年の盟友である党首のテル=ペトロシャンと決別し、他党のラッフィ・ホヴァニスィアンを支持したが、またセルジ・サルキシャンに敗れた。この時もホヴァニスィアンが不正選挙と主張し反対運動を起こし、パシニャンも参加した[12]

2014年、パシニャンは自分が党首を務める政党「市民契約」を設立し、セルジ・サルキシャンを政界から追放すると宣言した[13]2017年の総選挙とエレバン市議選で連敗した後[14][15]2018年3月にセルジ・サルキシャン大統領の3回目の首相指名を受け[16]、パシニャンは大規模な反サルキシャン・反共和党運動を組織し、サルキシャンの辞職を要求した。その結果、サルキシャンは4月23日、つまり3回目の首相就任の1週間後に辞職した[17]。5月8日、議会はパシニャンを新しい首相として選出した[18]

首相就任後、報道の自由度が顕著に改善され[19]経済旧ソ連諸国の中で上位の成長率を遂げた[20]。また、2018年の総選挙ではパシニャンの与党連合が大勝した[21]

パシニャンは隣国のトルコとの関係改善には意欲的であるが[22]ナゴルノ・カラバフ領有権問題については極めて強硬であるため、東隣のアゼルバイジャンとの関係正常化が極めて難しいと見られた[23][24]。しかし、2020年9月、国境での小競り合いにより第二次ナゴルノ・カラバフ戦争が勃発した。44日間の戦争はアルメニアの劣勢のままで停戦し、ロシアの仲介の下でパシニャン首相が2020年ナゴルノ・カラバフ停戦協定に署名した。特にナゴルノ・カラバフの周辺地域のアゼルバイジャンへの返還という項目が盛り込まれるため、首都エレバンで数千人規模の抗議デモが発生した。デモ隊は政府庁舎に侵入し、パシニャン首相を「裏切者」と糾弾して辞任を要求したが、パシニャンは辞任を拒否し続けた[25][26]2021年2月25日アルメニア共和国軍オニーク・ガスパリアン参謀総長軍隊の長官はパシニャン首相の辞任を要求したが、パシニャン首相はクーデターを示唆するとして彼らを解任すると表明した[27]。ただし、アルメン・サルキシャン大統領はパシニャン首相は辞任すべきと表明した上、解任命令は憲法に違反するため発出を拒否した[28]。首相辞任の圧力が続く中、3月28日、議会総選挙を6月20日に前倒しするため首相を4月に辞任し、選挙まで暫定首相を務めると表明した[29]。予告通り4月25日に首相を辞任し、総選挙まで暫定首相を務めることとなった[30]。6月20日執行の議会総選挙英語版ではパシニャン率いる与党・市民契約英語版が得票率53.9%を獲得し、パシニャンが勝利宣言した。野党は不正があったとして結果を受け入れなかったが[31]、8月2日にサルキシャンはパシニャンを首相に再任した[32]

人物[編集]

アンナ・ハコビャン

パートナーは同じくジャーナリストのアンナ・ハコビャン。2人の間に1男3女をもうけたが、未だに正式に結婚していない。ハコビャンは2012年より、「ハイカカン・ジャマナク」の編集長を務めている[33]

なお、息子は2020年のナゴルノ・カラバフ戦争アルツァフに行き、前線でボランティアとして奉仕した[34]

2020年6月、パシニャンおよび家族全員が2019新型コロナウイルスにかかったと自ら公表した[35]

参考資料[編集]

  1. ^ FREEDOM OF THE PRESS OR FREEDOM TO HARASS?” (英語). iwpr.net. 2021年3月1日閲覧。
  2. ^ Oragir Editor Sentenced for ‘Defamation’” (英語). Asbarez.com (1999年8月31日). 2021年3月1日閲覧。
  3. ^ Biography - Prime Minister - The Prime Minister of the Republic of Armenia” (英語). www.primeminister.am. 2021年3月1日閲覧。
  4. ^ ‘Impeachment Bloc’ Among Armenian Vote Contenders” (アルメニア語). «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2021年3月1日閲覧。
  5. ^ Monitoring of Campaign Finance of the 2007 and 2008 elections in Armenia”. transparency.am. Transparency International Armenia. p. 16. 2021年3月1日閲覧。
  6. ^ Human Rights Watch Demands Probe Into Armenian Crackdown” (アルメニア語). «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2021年3月1日閲覧。
  7. ^ Armenian Court Upholds Opposition Leader’s Jail Term” (アルメニア語). «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2021年3月1日閲覧。
  8. ^ Nikol Pashinyan Released from Prison” (英語). Hetq.am. 2021年3月1日閲覧。
  9. ^ No More ‘Political Prisoners’ In Armenia, Says Ter-Petrosian” (アルメニア語). «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2021年3月1日閲覧。
  10. ^ Узел, Кавказский. “Oppositional rally is on in Yerevan”. Caucasian Knot. 2021年3月1日閲覧。
  11. ^ Aleksanyan - $9.9 Million in Cash; Pashinyan - $49.75” (英語). Hetq.am. 2021年3月1日閲覧。
  12. ^ Hovannisian Rallies Thousands Against ‘Stolen Election’” (アルメニア語). «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2021年3月1日閲覧。
  13. ^ New Armenian Opposition Group Takes Shape” (アルメニア語). «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2021年3月1日閲覧。
  14. ^ Opposition Bloc Decries Vote Buying” (アルメニア語). «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2021年3月1日閲覧。
  15. ^ Ruling Party Claims Victory In Yerevan Mayoral Elections” (アルメニア語). «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2021年3月1日閲覧。
  16. ^ ARF-D backs decision to nominate Serzh Sargsyan for prime minister” (英語). www.tert.am. 2021年3月1日閲覧。
  17. ^ Weekly, The Armenian (2018年4月23日). “Breaking: Serge Sarkisian Resigns as Prime Minister” (英語). The Armenian Weekly. 2021年3月1日閲覧。
  18. ^ Pashinian Elected Armenian PM (UPDATED)” (アルメニア語). «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2021年3月1日閲覧。
  19. ^ NATIONS IN TRANSIT 2020”. www.freedomhouse.org. 2021年3月1日閲覧。
  20. ^ Unpacking Armenia's resilient economic growth” (英語). eurasianet.org. 2021年3月1日閲覧。
  21. ^ CEC announces final results of early parliamentary elections” (英語). news.am. 2021年3月1日閲覧。
  22. ^ Pashinyan presents vision for normalization of relations with Turkey” (英語). armenpress.am. 2021年3月1日閲覧。
  23. ^ Никол Пашинян: никакого геополитического заговора против России нет” (ロシア語). BBC News Русская служба (2018年4月29日). 2021年3月1日閲覧。
  24. ^ Pashinian Rules Out ‘Lands-For-Peace’ Deal With Azerbaijan” (アルメニア語). «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2021年3月1日閲覧。
  25. ^ ナゴルノ停戦にアルメニア国民激怒、首相辞任求め抗議デモ”. AFP BB NEWS (2020年11月12日). 2021年3月1日閲覧。
  26. ^ Dozens Arrested As Armenian Opposition Protests Again In Capital” (英語). RadioFreeEurope/RadioLiberty. 2021年3月1日閲覧。
  27. ^ Armenian Military Demands Government’s Resignation” (アルメニア語). «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. 2021年3月1日閲覧。
  28. ^ News, A. B. C.. “Armenia's president refuses order to dismiss military chief” (英語). ABC News. 2021年3月1日閲覧。
  29. ^ “Armenia PM Pashinyan to resign in April ahead of snap election to defuse crisis”. France 24. (2021年3月28日). https://www.france24.com/en/europe/20210328-armenia-pm-pashinyan-to-resign-in-april-ahead-of-snap-election-to-defuse-crisis 2021年3月30日閲覧。 
  30. ^ “Armenian Prime Minister Pashinyan Resigns Before New Elections”. ブルームバーグ. (2021年4月25日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-04-25/armenian-prime-minister-pashinyan-resigns-before-new-elections 2021年4月25日閲覧。 
  31. ^ “Armenia's Pashinian Claims Landslide Victory In Vote Rejected By Main Opposition”. ラジオ・フリー・ヨーロッパ. (2021年6月20日). https://www.rferl.org/a/armenia-election-dispute-pashinian-kocharian/31317506.html 2021年6月21日閲覧。 
  32. ^ “Pashinyan officially appointed Armenia's prime minister”. CTV News. (2021年8月2日). https://www.ctvnews.ca/world/pashinyan-officially-appointed-armenia-s-prime-minister-1.5531783 2021年8月3日閲覧。 
  33. ^ Նիկոլ Փաշինյան. «Գուցե իմ ամբողջ կյանքը խենթություն է»” (英語). mediamax.am. 2021年3月1日閲覧。
  34. ^ Armenian leader Pashinyan’s son volunteers to serve in Karabakh | Eurasianet” (英語). eurasianet.org. 2021年3月1日閲覧。
  35. ^ Staff, Reuters (2020年6月1日). “Armenian PM Pashinyan tests positive for coronavirus” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-armenia-pm-idUSKBN2381IC 2021年3月1日閲覧。