竹山先生?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竹山先生。から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹山先生。
ジャンル バラエティ番組
出演者 竹山隆範
ソニン
松井絵里奈
飛石連休
三拍子
やまもとまさみ
加藤めぐみ
いとうあさこ
マスクマン
ほか
製作
プロデューサー 新村正夫
各話の長さ 30分
制作 テレビ東京
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2006年4月1日 - 2007年3月31日
放送時間 土曜日 18:30 - 19:00

竹山先生?』(たけやませんせい)は、2006年4月1日から2007年3月31日までテレビ東京で放送されたバラエティ番組

2006年10月7日から番組タイトルが改題された。それまでは『竹山先生。』だった。

概要[編集]

学校づくりバラエティ』と称し、校長役の竹山隆範(カンニング)が理想の学校『竹山学園』を作るために奮闘する。

開始当時から番組のサブタイトルに「この人だけは先生になって欲しくなかった」と付いており、「…?」となってからは「キャラ立ちバラエティ」のサブタイトルも付加されている。

その他、クレイアニメによるしりとりや、子供からの疑問にキャラクターが答えるミニコーナーも放送。

なお、竹山隆範にとっては、テレビのレギュラー番組としては初の冠番組となる。テレ東以外のネット局は存在しない関東ローカル番組である。2006年12月30日に24:30 - 25:30に1時間スペシャルとして放送したが、この時もテレ東でしか放送されなかった。

なお、この番組内で放送された『犬紙先生』は、平成18年度(第10回)文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の審査委員会推薦作品に選ばれた。

番組は1年で終了したが、竹山自身は自身のラジオでもう一度「竹山先生」をやってリベンジしたいと語っている。

放送時間[編集]

  • 毎週土曜日 18:30 - 19:00(テレビ東京)

出演者[編集]

レギュラー[編集]

準レギュラー[編集]

など

その他の出演者[編集]

  • ストロングマシン2号
    • オープニングとエンディングのダンス(体操)を担当。
  • パフィー
    • 「Tea break」コーナーの声の出演。
  • 平川地一丁目
    • 「みんなのぶた」コーナーの声と歌「トランプのうた」で出演。
  • HALCALI
    • 「みんなのぶた」コーナーの歌「ガとチョウ」で出演。このとき竹山がタンバリンを担当した。

番組構成[編集]

番組はテーマである学校づくりを意識して、1時間目から5時間目までの授業と言う形式で進行する。

授業(教室内)[編集]

1時間目は教室内での授業を行うことが多い。番組当初はスタジオでの撮影であったため、出演者と黒板、教卓、机以外の背景を緑一色に加工したスタイルだったが、廃校になった学校の一室を借りて授業を行うようになったため、加工の必要が無くなった。

竹山校長自ら教鞭をとり、その日のテーマにしたがって生徒との対話形式による授業が行われる。

課外授業[編集]

通常は2時間目に行われる。数回に渡るテーマによって授業が行われており、撮影場所も様々。2006年8月には芦ノ湖キャンプ村での企画も行った。

ソニン先生の保健室[編集]

3時間目に行われるのが通例。教頭でもあるソニンが保健の先生として、小学生出演者に対して大人への手ほどきをする。番組当初は「成長剤」(整腸剤、のもじり)として酒の肴となる食べ物を提供していたが、番組開始から1か月程度経過してからは女の子の初メイクの場と化している。

教えて、キャラクター先生[編集]

番組のオリジナルキャラクターが視聴者からの質問に答える。4時間目に行われ、日によっては5時間目も占有する。

まるだし先生
かつらが取れると全裸にネクタイという出で立ちに変身。
山ちゃんと山さん
CGアニメーションによるキャラクター、山さん(約40万歳)と山ちゃん(約2万歳)が対話しながら疑問について考える。ただし「山だから分からない、自分で試してみなさい」と言う結論に落ち着くことがほとんど。
ポポンチョ先生
マペット風の人形のポポンくん(50歳)、ポンチョくん(45歳)の漫才コンビ、ポポンチョの二人が友情などの疑問に答える。型破りな性格のポポンくんが荒れて、ポンチョくんが止めるのが通常のパターン。声はブッチャーブラザーズが担当していたと言われている。
犬紙先生
メグの家に居候している、ティッシュボックスに耳と舌、胴体が付いた「犬紙」がメグからの疑問に答える。犬紙は頭のティッシュペーパーが無くなると動けなくなる。ただし、補充してやれば再び動けるようになる。

しりとりうた[編集]

番組当初は5時間目に行われていたが、放映開始から2ヶ月ほど経過して行われないことが多い。簡単な音楽にあわせてしりとりを行うもので、クレイアニメーションでしりとりの対象の物を表現する。

トイレまだマスク[編集]

マスクマンが公衆トイレや建物内のトイレを回ってノックし、入っている人にスケッチブックで書いたことを質問するコーナー。「この漢字書ける?」等の質問が多い。このコーナーも4回ほどで行われなくなった。

かっこいいradio体操[編集]

授業後に行われる。読み方は「ラジオたいそう」ではなく「レディオたいそう」。ストロングマシン2号がPOLYSICSの音楽にあわせてストリートダンス風の体操を行う。

じじょうのうた[編集]

二乗と事情をかけており、ある数を二乗した数のおぼえ歌となっている。10代編、20代編、30代編の三つが放送されたが、一部アニメーションは彩色もされていない状態であった。このコーナーは同じスポンサーの「シンボルず」に引き継がれ、30代編以降が放送されていた。

主なスタッフ[編集]

  • ナレーション: 摩味
  • 企画: 丸山博久、井口高志、松本直規
  • 構成: 植竹公和、金森直哉、小林学、森光司
  • CG : 松本光央
  • キャラクターデザイン
    • 「山さんと山ちゃん」「ポポンチョ」「Tea break」: 丸山博久、浜島達也
    • 「犬紙」: 加藤充彦、田村雪絵
    • 「みんなのぶた」: 松本巌、寄藤文平
  • ディレクター: 太田浩介
  • 演出: 堀川勝
  • プロデューサー: 新村正夫(テレビ東京)、小掛慎太郎、滝田和人、一丸拓之
  • 製作協力: JUMPGrasshoppa!
  • 製作: テレビ東京、電通

主題歌[編集]

  • オープニングテーマ
    • POLYSICS 『I My Me Mine』 (放送開始 - 2006年5月20日)
    • POLYSICS 『Electric Surfin' Go Go』 (2006年5月27日 - 9月30日)
    • POLYSICS 『シーラカンス イズ アンドロイド』 (2006年10月7日 - )
    • POLYSICS『Shizuka is a machine doctor』 (2006年11月4日 - )
  • エンディングテーマ
    • POLYSICS 『Dance Dance Dance』

外部リンク[編集]

テレビ東京 土曜18:30枠
前番組 番組名 次番組
竹山先生。

竹山先生?
Ya-Ya-yah
(日曜12:24枠から移動)