楽天損害保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朝日火災海上保険から転送)
Jump to navigation Jump to search
楽天損害保険株式会社
Rakuten General Insurance Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 楽天損保
本社所在地 日本の旗 日本
〒101-8655
東京都千代田区神田美土代町7番地
住友不動産神田ビル
設立 1951年2月28日
業種 保険業
法人番号 7010001008860
金融機関コード 9851
事業内容 損害保険
代表者 取締役社長: 添田智則
資本金 51億53百万円
2017年3月31日現在)
売上高 連結992億38百万円
(2017年3月期)
総資産 連結3,689億62百万円
(2017年3月期)
従業員数 単体546名(2018年3月期)
決算期 3月31日
主要株主 楽天インシュアランスホールディングス(株) 100.0%
(2018年7月2日現在)
主要子会社 株式会社 みらいの保険 100%
関係する人物 穂坂雅之(会長)
橋谷有造(副会長)
外部リンク https://www.rakuten-sonpo.co.jp/
特記事項:売上高は経常収益。正味収入保険料は366億19百万円。
テンプレートを表示

楽天損害保険株式会社(らくてんそんがいほけん)は、日本の損害保険会社である。

概要[編集]

1951年野村證券、大和銀行(現・りそな銀行)、第一銀行(現・みずほ銀行)、そのほか財界人および有力各社の発起により、資本金5,000万円をもって設立登記。同年3月17日に火災、海上及び運送保険の事業免許を受け、朝日火災海上保険株式会社として営業を開始した。

1965年2月に興亜火災海上保険(現・損害保険ジャパン日本興亜)鉄道保険部が取り扱ってきた保険業務を引き継ぐ形で、国鉄(現・JRグループ)の福祉関連団体である鉄道弘済会の営業地盤を譲受している。

2006年6月、本社を東京都千代田区神田美土代町7番地住友不動産神田ビルに移転。

2011年5月、野村ホールディングスの連結子会社となる。

長らく、野村グループの傘下にあったが、2018年1月に楽天が朝日火災の株式公開買付け(TOB)による買収を発表[1]。3月に楽天はTOBによって株式の99.3%を取得し、朝日火災は楽天の連結子会社となる[2]

2018年7月、社名を楽天損害保険株式会社に変更し[3]、現在に至る。

脚注[編集]

  1. ^ “朝日火災海上保険株式会社株券等に対する公開買付けの開始に関するお知らせ | 楽天株式会社” (日本語). New Corporate Site. https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/0129_04.html?year=2018&month=1&category=corp%20ir 2018年4月1日閲覧。 
  2. ^ “楽天、朝日火災へのTOB終了” (日本語). SankeiBiz(サンケイビズ). (2018年3月15日). https://www.sankeibiz.jp/business/news/180315/bsg1803150500002-n1.htm 2018年4月1日閲覧。 
  3. ^ “当社連結子会社の商号の変更に関するお知らせ | 楽天株式会社” (日本語). New Corporate Site. https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/0501_02.html?year=2018&month=5&category=corp%20ir 2018年5月20日閲覧。 

外部リンク[編集]