ラクマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラクマ: Rakuma)は、楽天株式会社が運営するフリマアプリサービス。2014年11月25日サービス開始。

概要[編集]

楽天独自のフリマアプリとして2014年11月25日Android版が、翌11月26日iOS版が配信開始となった。 2016年9月には、日本初のフリマアプリであるフリルの運営会社「Fablic」を楽天が買収したことで、楽天グループ内に「フリル」と「ラクマ」という2つのフリマアプリが存在していたが、2018年2月26日に両サービスが統合され、名称が「ラクマ」に変更された。なお、新生ラクマは、フリルのシステムがベースとなり、UIもフリルのものを踏襲している。

価格が競りあがるオークション形式ではなく、出品者が設定した販売価格にて購入者が即購入できる仕組みとなっている。代金の授受はエスクローシステムを採用している。購入者が支払った代金はラクマが預かり、取引が終了した後に出品者に支払われる。

日本国内限定のサービスであり、海外では利用できない。かつては2015年8月の利用規約変更に伴い海外からの出品が可能となっていたが、サポート面の強化から2019年12月に再度利用規約が変更され、海外からの出品が不可になった[1]

リリース[編集]

主なルール[編集]

現在、郵便局留め宅配便営業所止め、郵便私書箱受け取り、私設私書箱受け取り、コンビニ受け取り、宅配ロッカー受け取りは、統合前後で取り扱いが異なる。統合前の旧ラクマでは可能、フリルでは禁止となっているが、統合後の新ラクマでは禁止となる。

競合サービス[編集]

業界最大手のメルカリ、女性専用でファッションに特化したフリルLINEが運営するLINE MALL(LINEモールは2016年5月31日サービス終了)などが主な競合相手となっている[9]。メルカリが販売手数料10%なのに対しラクマは3.5%であることや、楽天スーパーポイントが利用できること[10]、不正品対策の充実[11] などを強みとしている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]