宅配ボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宅配ボックス(たくはいボックス、英語: home-delivery box)は、宅配業者や郵便局が、受取人留守の場合に荷物を入れておき、受取人に紙などで宅配ボックスに配達したことを知らせることにより荷物の受け渡しができる、ロッカー型の設備のことである。留守でも荷物が受け取れるため、共働きで昼間の宅配物の受け取りが困難な世帯や、インターネットショッピング等の通信販売をよく利用する人にニーズが高まっている。近年は特にマンションの共用設備として新築物件で導入が進んでいる。

利点[編集]

  • 不在時でも荷物が受け取れる[1]
  • 再配達依頼する必要がないので再配達を待つ必要がなく時間を有効に使える。

宅配ボックスに入れることができない物品[編集]

以下の物品は、配達会社の規定あるいは宅配ボックスメーカーの規定により、正式に、宅配ボックスへの配達は禁止されている。

  • チルド便、冷凍便
  • 生もの(品名欄に「食品」と書かれていて生ものかどうか配達員が判断できない場合を含む)
  • 書留
  • 代金引換、着払
  • 宅配業者による貴重品扱いのもの(ギフトの商品券、クレジットカード、セーフティーサービスなど)
  • 送り主が宅配ボックスへの配達禁止を明示して差し出したとき。

※レターパックプラスは宅配ボックスに入れることができる。(郵便取扱マニュアル)

また、以下の場合は配達員の判断により、宅配ボックスに入れないことがある。

  • 居住確認できない場合(受箱に表札が無かったり、宛名と表札の苗字が違ったり、宅配ボックスの液晶画面に表示される苗字が違うなど)。
  • 宅配ボックスが満杯のとき。需要に比べてボックスの総数が元々少ない物件では、慢性的に「ボックス空き無し状態」になりやすい。
  • 荷物が空きのボックスを超える大きさのとき。
  • 重量物。概ね10kgを超えるような重量物は住人がボックスから取り出して運ぶのに労力がかかるため、宅配ボックスに入るサイズであっても、住民の負担を考慮して、宅配ボックスに入れないことがある。例えば水や米の通信販売など。
  • 会員登録が必要な宅配ボックスにおいて、事前に会員登録がないとき。ならびに、入庫禁止を設定しているとき。
  • 配達員が新人のため不慣れで、宅配ボックスへの入庫方法が分からないとき、または、宅配ボックスの存在自体に気付かなかったとき。
  • 宛先住所欄の末尾に「不在時宅配BOX希望」と書かれていないとき。この旨が記載された荷物は、配達員は極力宅配ボックスに配達するように努める(ただし書留のような入庫禁止品を除く)。なお、宛先住所欄の末尾に記載せずに、伝票の備考欄や品名欄といった箇所に、宅配ボックスへの配達希望の旨を記載しても配達員がその記載に気づくことはない。

普及状況[編集]

マンション[編集]

1990年代以前に建てられたマンションでは設置率は低いが、2000年以降普及が進み、一定規模以上の新築マンションでは標準的な設備となっている。マンション情報誌の「ほしい設備」のベスト5に必ず入る設備として受け入れられている。

アパート[編集]

アパートは一般に世帯数が少ないため、コスト(数十万円以上)の問題から、宅配ボックスの設置率は低い。新築アパートであっても設置されないことが多い。

戸建住宅[編集]

戸建では、コストや管理維持の観点から、宅配ボックスが設置される事例は少ない。一部のメーカーからは、戸建住宅用の壁取り付け型の宅配ボックス商品も販売されている。

種類[編集]

宅配ボックスにはいくつかの種類があり、機能や操作方法がそれぞれ異なっている。

ダイヤル式[編集]

  • 操作方法:宅配ボックスのそれぞれの箱の扉に3桁または4桁のダイヤルがある。配達員は荷物を入れ、ダイヤルを配達員自身がその場で決めた番号に合わせてこれを暗証番号とし、暗証番号と箱番号を配達通知書に記入して郵便受けに投函する。受取人はダイヤルを暗証番号に合わせることで扉を開き、荷物を取り出せる。
  • メリット
    • 電気代がかからない。
    • 会員登録不要なので、住民が入居したばかりでも取り出せる。
    • 10世帯程度の集合住宅向けに、ボックス数が2箱からのタイプもあり、導入コストが電気式よりは安い。
  • デメリット
    • 暗証番号を記入した配達通知書が第三者に郵便受けから取り出されて読まれ、荷物を盗まれる可能性があるなど、セキュリティ性で劣る面がある。
    • 荷物が長期滞留していても、何月何日から入りっぱなしなのかの記録が無いため、管理会社として対応が難しい。
    • 配達員が箱番号や暗証番号を記入漏れしたり、誤記入することがある。

電気式(コンピューター制御方式)[編集]

  • 操作方法:液晶操作パネルがあり、配達員は操作パネルや音声で案内される手順に従って荷物を入れる。扉の開き方は、住民自身が予め暗証番号を設定するタイプと、住民に配布される磁気カード等を使って扉を開くタイプの2タイプがある。
  • メリット
    • その部屋の住民だけが持っているカード等でしか取り出せないので、ダイヤル式に比べセキュリティ性が高い。
    • 何月何日に荷物を入れたという記録が内部データとして残るので、宅配ボックス管理会社は長期滞留の荷物を発見できる。そのため物置代わりに悪用される恐れが低い。(長期間入りっぱなしの荷物は宅配ボックス管理会社が回収し処分する規定になっているなど)
    • 宅配ボックス管理センターと通話する機能があり、緊急時にサポートを受けることができる。また、配達会社が誤配達した等の際には、管理センターに連絡すると遠隔操作で扉を開いて配達員が回収することができる。
    • 配達通知書を内蔵プリンタで発行する機能が付いたものが多いため、配達員の負荷軽減になっている。
    • 上位機種では、オートロックと連携しており、宅配ボックスに荷物が入っていると、住民が帰宅時にオートロックのインターホン付近に表示される機種もある。
  • デメリット
    • ダイヤル式よりも導入コストが高い。また、電気代や、転入者への磁気カード発行費用など、維持コストもかかる(宅配ボックス管理会社への委託料)。

管理方式[編集]

  • 自主管理方式
長期滞留荷物が入っていないかどうかのチェックはマンションの管理人などが行う必要があるが、実際には宅配ボックス使用状況のチェックはマンション管理人の日々の管理業務になっていないケースが多い。そのため、配達員が配達通知書を入れ忘れた場合や配達通知書を住民が誤って捨ててしまった場合に、何か月も荷物がボックスに入りっぱなしになることがある。そのため空きのボックスが常に少ない状況となり、満杯になりやすく、配達員が入れたくても入れられないことも多い。
  • オンライン方式
宅配ボックス会社がオンライン(電話回線)で長期滞留荷物がないか毎日自動点検する。数日間以上入りっぱなしになっている場合は、メールや郵便で居住者宛てに通知を行う。通知してもさらに長期間入りっぱなしになっている場合は、宅配ボックス会社または依頼を受けた管理人が強制的に取り出すので、長期滞留荷物の防止に効果がある。オンライン方式が利用できる宅配ボックスメーカーは2014年現在はまだ少ない。

その他[編集]

  • 出前の返却容器(すし皿など)専用の収容スペースを備えた機種がある(もちろん鍵はついていない)。
  • 宅配便の発送やクリーニングの依頼に対応したものもある。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

宅配ボックスメーカー