楽天ブログ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
楽天ブログ
URL http://plaza.rakuten.co.jp/
使用言語 日本語
タイプ ブログサービス
運営者 楽天
登録 必要
設立日 2001年8月

楽天ブログは、楽天が提供するブログサービス。2001年8月楽天広場の名前でサービスを開始し2006年楽天ブログへと呼称変更。

概要[編集]

大手が運営するものとしては、ブログサービスの中でも設立が古く、いわゆる老舗の部類に入る。 楽天が提供するサービスということもあり、楽天市場で購入した商品のレビューや、商品紹介などとの親和性が高い。 楽天アフィリエイトの利用によって楽天スーパーポイントを貯められたりなど、アフィリエイターの利用も多い。

GREEを設立した田中良和_(実業家)、みんなの就職活動日記の伊藤将雄(共に過去に楽天に在職)達の手によって作られ、サービスを開始。[1][2]

機能[編集]

ブログとしての一通りの機能を備え、楽天市場を始めとする、他の楽天サービスとの連携が特徴的である。

日記[編集]

ブログ記事の投稿の際に、 HTMLや絵文字、写真、楽天アフィリエイト等を利用することができる。 youtubeニコニコ動画の動画をブログ記事内に埋め込むことも可能。

写真[編集]

ブログ記事に写真を利用することができる。 利用可能な画像容量は無制限。 楽天写真館を利用することにより、より多くの画像を利用することが出来る。

アフィリエイト[編集]

楽天アフィリエイトを利用して、 ブログ記事内に楽天市場商品のアフィリエイトを設定することが出来る。 アフィリエイトは、楽天スーパーポイントにて還元される。

リンクシェア アフィリエイト、TGアフィリエイトの利用も可能(双方、楽天グループ)。

コメント[編集]

ブログ記事に対してコメントを記載することが可能。

クチコミテーマ[編集]

ブログ記事をクチコミテーマに設定することにより、 他者が書いた同じクチコミテーマの記事と紐付けることができる。 関連したジャンルの記事が集まるため、 近しい内容の記事を探すことが出来る。

カテゴリ[編集]

自分でカテゴリを作成することが可能。 自分が書いた記事を1つのジャンルとして管理することが出来る。 クチコミテーマとの違いは、

クチコミテーマ → 関連する他者が書いた記事を集める
カテゴリ → 関連する自分が書いた記事を集める

という点。

SNS連携[編集]

ブログ記事を投稿する際に、 他のSNS(楽天プロフィールfacebookTwitterMixi)への同時投稿を行うことが可能。

携帯版楽天ブログ(モブログ)[編集]

携帯(ガラケー)向けの楽天ブログ。 携帯サイズに最適化された表示で見ることができる。

メール投稿機能[編集]

楽天ブログの管理画面にログインせずとも、 特定のメールアドレスへメールを送信することにより、 ブログの記事を投稿することが出来る機能。

iPhone版アプリ[編集]

2010年にリリースされた際は、他のブログを閲覧できるのみのアプリであったが、 2012年に大幅にリニューアルされ、ブログの投稿やSNS連携等が可能になった [3]

Android版アプリ[編集]

2013年にリリースされ、iPhone版アプリと同様、ブログの投稿やSNS連携等が可能[4]

沿革[編集]

  • 2001年
    • 楽天広場 サービス開始
  • 2002年
    • RSS機能の提供を開始
  • 2003年
    • 購入した商品による楽天アフィリエイト機能の強化[5]
    • RSS機能を強化[6]
  • 2004年
    • トラックバックやレイアウト機能など、本格的なブログサービスへ移行[7][8]
    • ランキングブログパーツをリリース[9]
    • カレンダー、カテゴリ機能を追加[10]
    • アフィリエイト機能を楽天アフィリエイトに限定 [11]
    • 11月に会員数30万人を突破[12]
  • 2005年
    • 携帯版楽天ブログ「モブログ」 リリース[13]
    • 姉妹サービス、楽天フォト、サービス開始。[14]
    • 1日に複数記事が投稿可能に[15][16][17]
    • メールでの記事投稿が可能に[18]
    • infoseekマネーと連携し株価チャート表示可能に[19]
    • アフィリエイト機能の強化を実施[20]
    • 動画投稿機能を追加
    • ブログ検索機能提供開始[21][22]
    • 12月に会員数50万人を突破
  • 2007年
    • 日記を一時保存出来る下書き機能を追加
    • タグ付けサービスTagStaの利用開始[26]
  • 2008年
    • 姉妹サービス、店長の部屋Plus+、サービス開始。
    • 有料サービス「楽天ブログPlus」開始(※現在は提供終了)
    • アバター機能を提供開始。
  • 2009年
    • Twitterバナー広告につぶやき表示[27]
  • 2012年
    • 楽天ブログiPhoneアプリ 大幅リニューアル
  • 2013年
    • 楽天ブログAndroidアプリリリース
    • ページの横幅が760pxから1000pxへ拡大(旧広場型以外)
    • 楽天ぼうさいネットでのいち早い情報発信に参加[30]
  • 2014年
    • 利用画像容量が50MBからアクセス数に応じて増量(最大10GB)されるように変更[31]
    • リンクシェア・ジャパン、「楽天ブログ」にアフィリエイトプログラムを提供開始[32]
  • 2016年
    • 利用画像容量が一律10GBにアップ&記事の投稿文字数が50000文字にアップ[34]
    • Google が主催する Advanced Hosting Meetup に参加表明(ウェブシステムの健全化を目的)[35]
    • PCの管理画面を大幅に改訂(約10年ぶりの改訂)[36]
    • 予約投稿の機能を追加[37]
  • 2017年
    • モブログ(フィーチャーフォン機能)の提供終了[38]
    • サービスの完全SSL化を実施[39]

脚注[編集]

  1. ^ 楽天初のコミュニティサービス「楽天広場」楽天10周年の軌跡
  2. ^ 「お金にならなくてもサービスを作りたい」が大事〜ユーザーローカル社長 伊藤将雄氏
  3. ^ iTunes プレビュー 楽天ブログ
  4. ^ Google Play 楽天ブログ
  5. ^ 楽天、購入した商品を自分のページで宣伝できるアフィリエイト機能
  6. ^ 楽天、「楽天広場」の日記を他サイトに掲載できるサービス開始
  7. ^ 楽天広場、トラックバックなどをサポート〜ブログに“完全対応”
  8. ^ 楽天広場が、8月3日にデザイン機能をバージョンアップ
  9. ^ 楽天アフィリエイト、ランキング情報配信〜楽天広場には夏以降対応
  10. ^ 楽天広場、カレンダーとカテゴリー表示をサポート
  11. ^ 楽天広場、自社のアフィリエイトサービスに限定
  12. ^ 楽天、Blog サービスの登録ユーザー数が30万人を突破
  13. ^ モブログ搭載でユーザー拡大を図る楽天広場
  14. ^ 楽天広場、フォトアルバム機能を「楽天広場フォト」としてリニューアル
  15. ^ 楽天広場、1日複数件投稿など3月1日にテストリリース
  16. ^ 楽天広場、複数投稿を正式サポートへ
  17. ^ 楽天広場、複数投稿を1日5件まで拡充
  18. ^ ケータイからのメール更新を可能とした楽天広場
  19. ^ 楽天広場、infoseekマネーと連携し株価チャート表示可能に
  20. ^ 楽天広場、アフィリエイト連携強化へ
  21. ^ 楽天広場のブログ検索、正式公開
  22. ^ 楽天、ブログ検索「楽天広場ブログサーチ」の正式サービス開始
  23. ^ 楽天、SNS事業に関する説明会を開催。グループへの顧客誘導を主軸に展開
  24. ^ 楽天広場の3サービスが名称変更--SNS「楽天リンクス」は自由登録制へ
  25. ^ 楽天広場ブログ、絵文字投稿機能を追加。携帯電話からの閲覧にも対応
  26. ^ タグ付けシステム「TagSta」が生まれるまで ──楽天・田中さん
  27. ^ 楽天ブログに「Twitterバナー」 広告につぶやき表示
  28. ^ 3Di、楽天ブログにブラウザベースのアバター交流プラットフォームをβ提供
  29. ^ 楽天ブログ、トラックバックの受け付け機能を廃止
  30. ^ インターネットを活用した全国規模の防災ネットワークを国内で初めて構築
  31. ^ 画像容量の変更を行いました
  32. ^ リンクシェア・ジャパン、「楽天ブログ」にアフィリエイトプログラムを提供開始
  33. ^ フィーチャーフォン向け楽天ブログの一部機能縮小について
  34. ^ 画像容量と最大投稿文字数を増やす変更を行いました
  35. ^ Advanced Hosting Meetup に参加しました
  36. ^ 管理画面のリニューアルのお知らせ
  37. ^ 予約投稿(未来日記)が可能になりました
  38. ^ フィーチャーフォン向け楽天ブログの提供終了について
  39. ^ 楽天ブログ 完全SSL化について

外部リンク[編集]