ジャパンベストレスキューシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャパンベストレスキューシステム株式会社
Japan Best Rescue System Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2453
2005年8月30日上場
名証1部 2453
2007年11月12日上場
略称 JBR
本社所在地 日本の旗 日本
460-0003
愛知県名古屋市中区一丁目10番20号
アーバンネット伏見ビル
北緯35度10分13.2秒
東経136度53分48.1秒
座標: 北緯35度10分13.2秒 東経136度53分48.1秒
設立 1997年平成9年)2月12日
(日本二輪車ロードサービス株式会社)
業種 サービス業
事業内容 生活トラブル解決サービスである「生活救急車」の全国展開 等
代表者 榊原 暢宏(代表取締役
資本金 7億7964万3千円
発行済株式総数 34,685,000株
売上高 連結:121億1774万0千円
単独:78億9038万9千円
(2015年9月期)
営業利益 連結:5億9712万7千円
単独:6億1957万8千円
(2015年9月期)
純利益 連結:△1億7614万0千円
単独:3241万3千円
(2015年9月期)
純資産 連結:54億478万0千円
単独:46億7493万7千円
(2015年9月30日現在)
総資産 連結:119億3065万2千円
単独:99億4775万9千円
(2015年9月30日現在)
従業員数 連結:158名 単独:124名
(2015年9月30日現在)
決算期 9月30日
主要株主 榊原 暢宏 35.29%
(2015年9月30日現在)
主要子会社 ジャパン少額短期保険株式会社
外部リンク http://www.jbr.co.jp/
テンプレートを表示

ジャパンベストレスキューシステム株式会社: Japan Best Rescue System Co., Ltd.)は、愛知県名古屋市中区に本社を置く、総合生活トラブル解決サービス「生活救急車」を全国展開する会社である。

沿革[編集]

  • 1997年平成9年)2月 - バイクロードサービスの全国組織を構築するため名古屋市昭和区明月町に「日本二輪車ロードサービス株式会社」を設立。
  • 1998年(平成10年)6月 - 本社を名古屋市昭和区御器所に移転。
  • 1999年(平成11年)8月 - 商号をジャパンベストレスキューシステム株式会社に変更。
  • 2001年(平成13年)9月 - 本社を名古屋市昭和区御器所から名古屋市昭和区鶴舞に移転。
  • 2002年(平成14年)8月 - 旭硝子株式会社との提携事業である一般消費者向け緊急ガラス割換サービス「旭硝子ガラスの救急車」を開始。
  • 2004年(平成16年)4月 - セコム株式会社とセコムテクノサービス株式会社との共同出資会社「セコムウィン株式会社」を当社出資比率33.3%にて設立し、高機能防犯性ガラスの販売を開始
  • 2004年(平成16年)6月 - 株式会社INAX(現:株式会社LIXIL)との共同出資会社「株式会社水の救急車」を設立し、水まわりサービス事業を拡充。
  • 2005年(平成17年)
    • 8月 - 東京証券取引所マザーズ上場。
    • 10月 - 株式会社ウエスト(現:株式会社ウエストエネルギーソリューション)との共同出資会社株式会社ハウスドクター(現:株式会社シュタットベルケジャパン)を設立。
  • 2006年(平成18年)4月 - バイク会員事業を会社分割しJBR Motorcycle株式会社(後のJBR Leasing株式会社)を設立。
  • 2007年(平成19年)
  • 2008年(平成20年)10月 - リプラス少額定期保険株式会社(現:ジャパン少額短期保険株式会社)の全株式を取得し子会社化。
  • 2009年(平成21年)4月 - 株式会社光通信との合弁会社である株式会社ライフデポを設立。
  • 2010年(平成22年)4月 - 持分法適用関連会社であった株式会社バイクブロスの株式を株式会社プロトコーポレーションに譲渡。
  • 2012年(平成24年)
    • 5月31日 - 株式会社アットワーキングを子会社化。
    • 6月25日 - At Working Singapore Pte.Ltd.を子会社化。
    • 6月29日 - 株式会社水の救急車を子会社化。
  • 2013年(平成25年)
    • 2月27日 - 株式会社バイノスを子会社化。
    • 12月 - ネット110番株式会社を子会社化。
  • 2014年(平成26年)9月 - 持分法適用関連会社であった株式会社ハウスドクター(現:株式会社シュタットベルケジャパン)の保有株式を全て譲渡。
  • 2015年(平成27年)
    • 3月 - 持分法適用関連会社であったSLS株式会社の保有株式を全て譲渡。持分法適用関連会社であったジャパンロックレスキュサービス株式会社及び株式会社BACの保有株式の一部を譲渡し、関連会社から除外[1]
    • 4月 - 株式会社プレコムジャパンを子会社化[1]。株式会社水の救急車を完全子会社化。株式会社アットワーキングの保有株式を全て譲渡[1]
    • 8月24日 - 株式会社バイノスの保有株式を全て譲渡[2]
    • 9月 - 本社を名古屋市昭和区鶴舞から名古屋市中区錦に移転。
    • 10月1日 - 株式会社水の救急車及びJBR Leasing株式会社を吸収合併[3][4]。子会社のネット110番株式会社が株式会社プレコムジャパンを吸収合併し、株式会社プレコムジャパンに商号変更[5]
  • 2016年(平成28年)
    • 5月23日 - 株式会社トラスト・グロー・パートナーズを連結子会社化し、JBRあんしん保証株式会社に商号変更[6]
    • 8月22日 - ジャパンロックレスキューサービス株式会社を連結子会社化[7]
    • 9月1日 - 株式会社プレコムジャパン及び株式会社ライフデポを吸収合併[8][9]
    • 10月1日 - ジャパンロックレスキューサービス株式会社を吸収合併[10]

関連会社[編集]

連結子会社[編集]

  • ジャパン少額短期保険株式会社
  • JBRあんしん保証株式会社

持分法適用関連会社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]