スターラックス航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
星宇航空から転送)
星宇航空
スターラックス航空
Starlux Airlines
Starlux Airlines Logo.png
IATA
JX
ICAO
SJX
コールサイン
STARWALKER
設立 2016年(準備会社登記)
2018年5月2日(正式)
運航開始 2020年1月23日
AOC # 2019年12月10日
ハブ空港 中華民国の旗 台湾
台湾桃園国際空港
焦点空港 台中国際空港
マイレージサービス COSMILE
本拠地 中華民国の旗 台湾
台北市内湖区南京東路六段382号6F(三陽大楼)[1]
代表者 張國煒董事長
外部リンク スターラックス航空
テンプレートを表示

スターラックス航空(スターラックスこうくう、英名:STARLUX Airlines Co., Ltd.)は台湾の航空会社。台湾語名は星宇航空(せいうこうくう)。 航空連合ワンワールド加盟を視野に入れている[2]

概要[編集]

エバーグリーン・グループの創業者張栄発の死去により勃発した後継者争いで、エバー航空董事長の座を追われた張國煒により設立された[3]
台湾桃園国際空港をベースに「台湾のエミレーツ航空」を目指して事業計画を進めている[4][5]

沿革[編集]

2017年4月に星宇投資有限公司が成立[6]。資本金1000万ニュー台湾ドル、本社の所在地は台北市内湖区南京東路六段382号で、一般投資業としてのスタート[7]。翌5月、星宇航空は三陽工業本社内6階全フロア約4,500坪の空間を借りて、本社機能を設定[1]。実際の運行に際しての航空行政側の規制緩和も予定されている[8]

2018年5月2日、登記が完了し、航空会社としての法人が正式に発足[9]

2019年9月21日、IATAコード、ICAOコード、コールサインがそれぞれJX、SJX、STARWALKERに決定したことが同社から発表された[10]。 2019年10月28日、自社初号機となるエアバスA321Neoが台湾に到着。パイロットのライセンスを所持する董事長の張が自ら操縦していた[11]。12月23日に2機目も同じく張の操縦で高雄空港に到着しており、その際に張は「フェリーフライトは全機を自分で操縦する」ともコメントしている[12]。3号機は2020年1月18日に到着[13]。 2019年12月10日、民用航空局からAOC(航空運送事業許可)を[14]、翌日に1月就航の3路線(マカオは1日3便、ダナン、ペナンは1日1便)の認可を取得した[15]。12月16日午前11時(現地時間)より自社ウェブサイトでの航空券販売を開始[16]

2020年1月23日に台北・桃園発着のマカオ、ダナン、ペナン線に就航し正式な運行が開始された[17]

運用機材[編集]

台北松山空港でのA321Neo初号機(B-58201)の飛行訓練(2019年11月5日)

2022年5月現在[18][19]

機材 保有数 発注数 座席数 備考
F C PY Y
エアバスA321neo 11 1 8 180 188 2021年中に受領完了予定
全機GECASよりリース[20][21][22]
エアバスA330-900neo 4 4 28 269 297 2021年から受領予定[23]
エアバスA350-900 1 17 4 26 36 240 306 2022年後半から受領

2027年度までに投入完了予定 10機のオプション付き[24][25][26]

16 22

計画では2024年末までに27機体制を整え、アジアや北米の20都市に就航する予定。第一段階として、2022年までの6年間で24機の運用、3,500人のスタッフ/第二段階として2028年までに50機の運用、スタッフ数は7,000人~8,000人を計画。

運航路線[編集]

就航地[編集]

COVID-19感染症防疫措置により減便、運休の可能性あり

国/地域 都市 空港 備考 引用
中華民国の旗 台湾 台北 台湾桃園国際空港 ハブ空港
日本の旗 日本 東京 成田国際空港 [27][28]
大阪 関西国際空港 [27][28]
福岡 福岡空港 [29]
マカオの旗 マカオ マカオ マカオ国際空港 [27][30][31]
フィリピンの旗 フィリピン マニラ ニノイ・アキノ国際空港 [27][32]
 ベトナム ホーチミン タンソンニャット国際空港 [33]
ダナン ダナン国際空港 [27][34][30]
タイ王国の旗 タイ バンコク スワンナプーム国際空港 [27][28]
マレーシアの旗 マレーシア クアラルンプール クアラルンプール国際空港 [27][35][36]
ペナン ペナン国際空港 [27][34][30][31]
シンガポールの旗 シンガポール シンガポール チャンギ国際空港 [27][37][38][39]

就航予定路線[編集]

日時確定分のみ

就航検討路線[編集]

2019年の時点で上記に加え以下の路線への就航に向けて申請を行っている。

日本の旗 日本

タイ王国の旗 タイ

 ベトナム

マレーシアの旗 マレーシア

中華人民共和国の旗 中国

サービス[編集]

A321ビジネスクラス A321エコノミークラス
A321ビジネスクラス
A321エコノミークラス
機内誌

機内誌タイトルは「歩く、往来する」を意味する台湾語の「Kiâⁿ(注音: ㄍㄧㄚˊ華語の行走)」[45]

マイレージサービス

COSMILE[46]

備考[編集]

  • 2019年12月13日に全便運航停止したファーイースタン航空について、スターラックス航空広報担当の聶国維は、スターラックス航空と同社は目指す目標が異なるとして、同社の路線を引き受けることはないと明らかにしている[47]
  • 当初は短距離線の使用機材としてボーイング737MAXを検討していたが、ライオン・エア610便墜落事故が起きる前の段階でエアバスA321neoの導入に切り替えていたため、ファーイースタン航空の二の舞を避けることができた[48]
  • 2021年8月海外一部報道で同社CCOがインタビューで「一定の成長を遂げた後には、必ずアライアンスに加盟して、お客様により便利なサービスを提供したいと考えています。」と答え、エバーグリーン・グループお家騒動から始まった社内クーデターの確執もあり、同社が太平洋横断路線開設後アライアンス加盟を検討していて、台湾航空市場で消去法的に残っているワンワールドの可能性が有力とみられている[49]

脚注[編集]

註釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b (繁体字中国語)“星宇航空 租下三陽內湖總部”. 中時電子報. (2017年5月25日). http://www.chinatimes.com/newspapers/20170525000050-260202 
  2. ^ “スターラックス航空、ワンワールド加盟も視野”. TRAICY. (2021年8月27日). https://www.traicy.com/posts/20210827218283/ 
  3. ^ (繁体字中国語)“張國煒重返航空界 星宇航空登記籌備中”. 中央通訊社. (2016年1月13日). http://www.cna.com.tw/news/firstnews/201611305008-1.aspx 
  4. ^ (繁体字中国語)“張國煒:長榮華航怕被星宇超越 才冷嘲熱諷”. 台灣蘋果日報. (2017年9月14日). http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20170914/1204109/ 
  5. ^ “エバー航空前会長、新航空会社の旗揚げ目指す 社名は「StarLux」/台湾”. フォーカス台湾. (2017年5月23日). http://japan.cna.com.tw/news/atra/201705230008.aspx 
  6. ^ “台湾から第3の国際線 エバー航空前会長が新会社、規制・発着枠に課題”. 日本経済新聞. (2017年10月15日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22277170U7A011C1EA4000/ 
  7. ^ (繁体字中国語)“為籌組星宇航空 張國煒成立星宇投資”. 蘋果日報. (2017年4月17日). http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/finance/20170417/1099888 
  8. ^ “台湾、航空業の規制緩和へ エバー前会長の新会社設立に追い風”. フォーカス台湾. (2017年10月7日). http://japan.cna.com.tw/news/atra/201710070005.aspx 
  9. ^ エバー前会長の新航空会社、初期は日本路線を重点に 20年就航予定/台湾”. フォーカス台湾 (2019年5月8日). 2019年9月21日閲覧。
  10. ^ “台湾の新航空会社「星宇」、コールサインは「スターウォーカー」”. フォーカス台湾. (2019年9月22日). http://japan.cna.com.tw/news/atra/201909220003.aspx 
  11. ^ “新航空会社・星宇、初号機が台湾到着 董事長自ら操縦”. フォーカス台湾. (2019年10月28日). http://japan.cna.com.tw/news/atra/201910280006.aspx 
  12. ^ (繁体字中国語)張國煒發豪語 星宇新機都會親自開回來”. 中国時報 (2019年12月23日). 2019年12月30日閲覧。
  13. ^ (繁体字中国語)“星宇23日首航時刻表、票價、亮點”. 三立新聞網/Yahoo奇摩. (2020年1月22日). https://tw.news.yahoo.com/%E6%98%9F%E5%AE%8723%E6%97%A5%E9%A6%96%E8%88%AA%E6%99%82%E5%88%BB%E8%A1%A8-%E7%A5%A8%E5%83%B9-%E4%BA%AE%E9%BB%9E-055023385.html 
  14. ^ 星宇航空、交通部の航空運航事業許可を取得”. Taiwan Today (2019年12月11日). 2020年12月30日閲覧。
  15. ^ (繁体字中国語)星宇航空獲交通部許可 首航三航點航班時間公布”. 桃園電子報 (2019年12月14日). 2019年12月15日閲覧。
  16. ^ (繁体字中国語)星宇3航線16日開賣 機上提供免費WiFi”. 中国時報 (2019年12月14日). 2019年12月15日閲覧。
  17. ^ スターラックス・エアラインズが運航開始、マカオ、ダナン、ペナン線で
  18. ^ STARLUX Orders 12 A350-1000s and five A350-900s
  19. ^ “台湾のスターラックス、A350-1000とA350-900を17機発注”. Flyteam. (2018年7月17日). https://flyteam.jp/news/article/97252 
  20. ^ STARLUX Airlines reconfirms and upsizes its order for 10 A321neo”. Flightglobal (2018年3月13日). 2018年3月13日閲覧。
  21. ^ Starlux Airlines unveils cabin design and seat products for its A321neo”. Business Traveller (2019年10月9日). 2019年10月10日閲覧。
  22. ^ Starlux Airlines receives its first Airbus A321neo”. Business Traveller (2019年10月29日). 2019年10月29日閲覧。
  23. ^ スターラックス航空、A330-900neoを8機リース導入へ
  24. ^ Bailey, Joanna (2022年9月21日). “Photos: First A350 For Starlux Airlines Takes Flight” (英語). Simple Flying. 2022年10月29日閲覧。
  25. ^ STARLUX Airlines confirms its order for 17 A350XWB”. Flightglobal (2019年3月19日). 2019年3月19日閲覧。
  26. ^ Starlux switches part of A350-1000 order to smaller -900”. FlightGlobal (2019年11月8日). 2019年11月9日閲覧。
  27. ^ a b c d e f g h i Visit everywhere with STARLUX”. www.starlux-airlines.com. 2021年2月17日閲覧。
  28. ^ a b c Starlux Airlines schedules network expansion in Dec 2020”. Routesonline (2020年10月26日). 2022年4月24日閲覧。
  29. ^ スターラックス航空、福岡就航 初便記念品は一蘭のラーメン” (日本語). TRAICY(トライシー) (2022年2月17日). 2022年2月17日閲覧。
  30. ^ a b c Liu, Jim (2020年3月18日). “STARLUX Airlines suspends operation 21MAR20 – 30APR20”. Routesonline. Informa Markets. 2022年4月24日閲覧。
  31. ^ a b Liu, Jim (2020年5月15日). “Starlux Airlines outlines reduced operation in June 2020”. Routesonline. Informa Markets. 2022年4月24日閲覧。
  32. ^ Starlux Airlines to launch Taipei-Manila flights next month”. www.aviationupdatesph.com. 2021年6月10日閲覧。
  33. ^ STARLUX will expand network to Ho Chi Minh City!”. www.starlux-airlines.com/en-US (2021年3月24日). 2021年3月25日閲覧。
  34. ^ a b Liu, Jim (2019年12月11日). “Starlux Airlines outlines operational schedules in 1Q20”. Routesonline. Informa Markets. 2019年12月12日閲覧。
  35. ^ STARLUX will expand network to Kuala Lumpur!”. STARLUX Airlines (2020年11月27日).[リンク切れ]
  36. ^ Taiwan's StarLux launch flights to Kuala Lumpur on Jan. 5”. www.taiwannews.com.tw (2020年11月28日). 2022年4月24日閲覧。
  37. ^ 50 new routes starting in August 2021”. www.routesonline.com/news/29/breaking-news/296447/50-new-routes-starting-in-august-2021/. 2022年4月24日閲覧。
  38. ^ Starlux planning flights to Singapore, Manila”. 2021年8月6日閲覧。
  39. ^ Starlux Airlines Launches Ticket Sales For Singapore Flights” (英語). Simple Flying. Joanna Bailey (2021年8月12日). 2022年4月24日閲覧。
  40. ^ (繁体字中国語)“星宇航空、桃園―セブ線を4月就航”. NNA ASIA. (2020年1月17日). https://www.nna.jp/news/show/1996275 2020年1月19日閲覧。 
  41. ^ “星宇航空、初の日本路線は沖縄線に 早ければ7月1日就航へ/台湾”. フォーカス台湾. (2020年5月26日). http://japan.cna.com.tw/news/atra/202005260003.aspx 
  42. ^ a b c d e f g (繁体字中国語)星宇航空敲定日本、泰國航線・張國煒將親駕新機回台”. 財經新報 (2019年7月5日). 2019年11月9日閲覧。
  43. ^ a b c d e f “星宇航空、夏季ダイヤに7路線就航か”. NNA ASIA (NNA). (2019年11月5日). https://www.nna.jp/news/show/1969201 2019年11月12日閲覧。 
  44. ^ a b c 星宇航空、マカオとベトナム線の運航認可”. NNA ASIA (2019年8月20日). 2019年11月9日閲覧。
  45. ^ (繁体字中国語)“星宇機上誌命名台味十足!網歪樓笑:看完會很ㄎㄧㄤ”. 東森新聞. (2019年10月15日). https://fnc.ebc.net.tw/FncNews/life/102761 
  46. ^ (繁体字中国語)“星宇COSMILE會員方案曝光 他航高卡級可申請同等級”. 自由時報. (2019年12月16日). https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3010613 
  47. ^ (繁体字中国語)“遠航停飛 星宇:目標不同不會接收遠航航線”. 聯合報. (2019年12月13日). https://udn.com/news/story/7241/4223976 
  48. ^ (繁体字中国語)星宇選空巴、棄波音是對的 3個關鍵數據印證張國煒「神決策」”. 今周刊 (2019年10月24日). 2019年12月17日閲覧。
  49. ^ スターラックス航空、将来的にアライアンスに加盟へ ワンワールドが有力か

外部リンク[編集]