嶋田じゅん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
島田純から転送)
Jump to navigation Jump to search

嶋田 じゅん(しまだ じゅん、本名: 島田純)は、日本の女性モデルタレントである。1970年昭和45年)のミス・ユニバース日本代表を務めた。

人物[編集]

ミス・ユニバース[編集]

1970年昭和45年)5月、大阪万国博会場で開催された大会でミス・ユニバース日本代表となり[1]、6月に開催された「万国博の女王選出大会」に出場した[2]。同大会では無冠であったが、7月にアメリカのマイアミビーチで開催された第19回ミス・ユニバース世界大会ではセミファイナルからファイナルに進出、第4位を獲得したほか、『ベスト水着賞』にも選ばれている[3]。島田はショートヘアで大会に出場したが、これは当時のミスコンテスト出場者としては世界的にも珍しいことであった[3]。当時は21歳で、サイズは身長168cm、体重53kg、88-60-88[1]

タレント活動[編集]

ジャニーズ事務所に入所。ジャニーズ事務所としては飯野矢住代に次ぐ2人目の女性タレントであった。

雑誌のグラビアを飾ったり、日本テレビゲバゲバ一座のちょんまげ90分』や、フォーリーブスのミュージカル『生きていくのは僕たちだ!』(昭和46年度文化庁芸術祭参加作品。1971年10月29日&31日・帝国劇場。大阪・名古屋公演も有り)などに出演した。

私生活[編集]

1977年昭和52年)8月26日[4]に、フォーリーブスの青山孝と結婚し、ロサンゼルスで挙式。披露宴は東京で開かれ、その模様は当時フジテレビでも放送された(司会は徳光和夫)。青山との間には2児をもうけたが、後に離婚した[5]

1982年昭和57年)に生まれた長男、城下一正[6]は、「KAZU」名義でギタリストとして活動中。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東京の島田さんに栄冠 ミス・ユニバース日本代表『朝日新聞』1970年5月3日14面
  2. ^ 「万国博の女王」決る マレーシアのウォングさん『朝日新聞』1970年6月20日22面
  3. ^ a b Nihonjins Of The Decade Missosology -The Science of Beauty
  4. ^ 青山孝が島田純と結婚『週刊明星』1977年8月21日号
  5. ^ フォーリーブス青山孝史さん死去…肝がん闘病、57歳 ZAKZAK 2009/01/28
  6. ^ 1982年8月4日生まれ

関連項目[編集]

  • 飯野矢住代 - ミスユニバース日本代表から、ジャニーズ事務所で初めての女性タレントになった