奴隷区 僕と23人の奴隷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奴隷区 The Animationから転送)
Jump to navigation Jump to search
僕と23人の奴隷
ジャンル ミステリ群像劇
小説
著者 岡田伸一
出版社 双葉社
掲載誌 エブリスタ
レーベル 双葉文庫(文庫版)
巻数 全3巻
漫画:奴隷区 僕と23人の奴隷
原作・原案など 岡田伸一
作画 オオイシヒロト
出版社 双葉社
掲載サイト E★エブリスタ
レーベル アクションコミックス
巻数 全10巻
漫画:大奴隷区 君と1億3千万の奴隷
原作・原案など 岡田伸一
作画 オオイシヒロト
出版社 双葉社
掲載誌 E★エブリスタ
レーベル アクションコミックス
巻数 既刊3巻
アニメ:奴隷区 The Animation
原作 岡田伸一、オオイシヒロト
監督 倉谷涼一
シリーズ構成 倉谷涼一
脚本 倉谷涼一
キャラクターデザイン ごとうじゅんじ
音楽 長田直之
アニメーション制作 ゼロジー×ティー・エヌ・ケー
製作 「奴隷区 The Animation」
製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2018年4月 - 6月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

僕と23人の奴隷』(ぼくとにじゅうさんにんのどれい)は、岡田伸一による日本ケータイ小説エブリスタで連載された。他人を奴隷にすることのできる機械「SCM」を手に入れた人間たちによる群像劇が描かれる。

単行本は2012年双葉社より全3巻が刊行され、2013年から文庫版『奴隷区 僕と23人の奴隷』(どれいく ぼくとにじゅうさんにんのどれい)が双葉文庫より全3冊刊行。本編に加えて、番外編や続編も発表されている。また、2012年の漫画化を皮切りにメディアミックス化が進み、2014年には実写映画化され、2018年にはテレビアニメが放送された。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

声はテレビアニメのもの。

荒川 エイア(あらかわ エイア)
- 山村響[1]
本作の主人公。ズシオウマルの飼い主。友人の紹介でユウガと知り合いSCMを知る。最初はユウガの「保険」として参加していたが、ユウガが「頭のおかしい人」の奴隷になったため、自らSCMを付けてゲームに参加する。
大田 ユウガ(おおた ユウガ)
声 - 鈴木崚汰[1]
シンノスケとともに起業する予定であったが、面白いことが出来ると考えSCMを手にした。セイヤとアヤカを奴隷にしたが、その後セイヤをリュウオウに、アヤカをフジコに取られる。フジコに勝負で負けて奴隷にされるが、エイアが「保険」の約束を果たしエイアの奴隷になる。
江戸川 リュウオウ(えどがわ リュウオウ)
声 - 泊明日菜[2]
母親を開放するための資金集めに奴隷を集める。
葛飾 ジュリア(かつしか ジュリア)
声 - 千本木彩花[1]
セイヤの彼女。歌舞伎町の人気キャバ嬢。セイヤがアヤカに奴隷にされたため振られた後、リュウオウに知り合う。リュウオウの最初の奴隷になり、命令されずとも主のために動く第二段階に達し、リュウオウに心から尽くすようになる。
新宿 セイヤ(しんじゅく セイヤ)
声 - 緑川光[1]
ジュリアの彼氏。歌舞伎町にあるホストクラブのNo. 1ホスト。アヤカを奴隷にしようとして失敗し、逆に奴隷になる。その後、エイアとユウガから勝負を持ち掛けられ、アヤカから解放されるためにあえて不利な勝負に乗る。ユウガの奴隷となるが、アヤカによって別れさせられたジュリアと再会した時に勝負に負け、リュウオウの奴隷になる。
豊島 アヤカ(としま アヤカ)
声 - 木下鈴奈[1]
セイヤのお得意客。ユウガの奴隷となるが、フジコにユウガが捕まった際にフジコの奴隷となる。フジコがリュウオウに団体戦で負けた際に、リュウオウの奴隷となる。
杉並 ルシエ(すぎなみ ルシエ)
声 - 西田望見[3]
地味なOL。オフ会で出会った目黒にレイプされ、復讐のためにSCMを目黒に付け奴隷にする。その後フジコの奴隷にされ、団体戦の後、リュウオウの奴隷となる。
目黒 マサカズ(めぐろ マサカズ)
声 - 川津泰彦[3]
足立 シヲリ(あだち シヲリ)
声 - 八島さらら[3]
お姫様カフェの店員。普段は姉御肌のサバサバした性格。中野と知り合った際にゼンイチに襲われ、奴隷になる。その後、中央に助けられ、リュウオウの奴隷になる。
中野 タイジュ(なかの タイジュ)
声 - 村瀬歩[3]
シヲリを理想の女王様とあがめる。女装してシヲリに近づいたが、ゼンイチに襲われる。その後、中央に助けられ、リュウオウの奴隷になる。
文京 ゼンイチ(ぶんきょう ゼンイチ)
声 - 稲田徹[3]
金と女とけんかを好む男。指図されるのが嫌い。練馬から跡継ぎの条件として、SCMを使った奴隷集めを提示されSCM装着者を探していたところに足立らと出会う。ズシオウマルに負けて奴隷となるが、その後に中野に負ける。リュウオウと出会う前にフジコに負け、フジコの奴隷になる。
中央 アタル(ちゅうおう アタル)
声 - 小西克幸[3]
スーツ姿の実業家。ジュリアの常連客で、ジュリアを元気づけようとして勝負に負け、リュウオウの奴隷になる。以後、リュウオウの右腕的存在として活動する。
品川 ゼロ(しながわ ゼロ)
声 - 國立幸[3]
パン工場で夜勤をしている青年。「いなくなっても誰も気にしない」という理由でリュウオウの奴隷にされる。
港 タキオ(みなと タキオ)
声 - 白井悠介[3]
猜疑心の強い男。ジュリアの働くキャバクラで、ジュリアを奴隷にしようとして勝負したが、サチが勝負に負けたためサチを奴隷にする。
渋谷 サチ(しぶや サチ)
声 - 結城光[3]
キャバクラで港の奴隷にされたが、その後、エイアの奴隷になる。
ジュリアの同僚のキャバ嬢。
墨田 ズシオウマル(すみだ ズシオウマル)
声 - 宮田幸季[3]
エイアの飼い犬。道に迷った際に墨田博士に拾われ、その恩義を返すべくSCMの開発実験の実験台となる。墨田博士を貶めた世田谷に復讐するため、SCMを付けて放浪の旅に出る。エイアに再開した後、エイアをユウガに従わせるためにユウガの奴隷にされる。その後、ユウガがエイアの奴隷になったので、自身もエイアの奴隷になった。
北 ミナミ(きた ミナミ)
声 - 上村彩子[3]
練馬の孫。女子高生。
板橋 ゲッコウ(いたばし ゲッコウ)
声 - 河西健吾[3]
練馬 ムオン(ねりま ムオン)
声 - 堀内賢雄[3]
裏の世界で名の知れた男。歌舞伎町界隈で手広く夜の商売をしているグループを経営している。エイア達との勝負に負け、孫のミナミとともにエイアの奴隷になる。
千代田 マリア(ちよだ マリア)
声 - 早川沙希[3]
世田谷 ツバキ(せたがや ツバキ)
声 - 興津和幸[3]
墨田博士の研究室に所属していたが、SCMを人の奴隷化に利用するために研究データを消去し、試作品をもって研究室を去った。
立川 シンノスケ(たちかわ シンノスケ)
声 - 森久保祥太郎[3]
ユウガの友人。本作の登場人物で唯一、名字が23区外の地名。
台東 フジコ(たいとう フジコ)
声 - 荒浪和沙[4]
恋に一途な看護師。シンノスケに助けられた際に恋に落ち、シンノスケを探すために奴隷を集める。リュウオウに団体戦で負け、リュウオウの奴隷になる。

刊行一覧[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

2012年から2016年にかけて、オオイシヒロトによる作画で描き下ろし刊行された。2017年からは新シリーズ『大奴隷区 君と1億3千万の奴隷』(だいどれいく きみといちおくさんぜんまんのどれい)が刊行中[13]

実写映画[編集]

奴隷区 僕と23人の奴隷
監督 佐藤佐吉
脚本 佐藤佐吉、伊藤秀裕
原作 岡田伸一
出演者 秋元才加
本郷奏多
大沢ひかる
山田裕貴
久保田悠来
杏さゆり
折井あゆみ
イ・テガン
麻亜里
黒石高大
斉藤悠
槙尾ユウスケ
岩崎う大
天乃舞衣子
川嵜祐樹
畔柳亮平
MASAMI
板垣李光人
心美響
緒形幹太
斎藤洋介
鳥居みゆき
音楽 MOKU
撮影 さのてつろう、岡本和大
編集 目見田健
製作会社 映画「奴隷区 僕と23人の奴隷」製作委員会
配給 ティ・ジョイ
公開 日本の旗 2014年6月28日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2014年6月28日に公開された。主演は秋元才加本郷奏多

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 佐藤佐吉
  • 企画 - 及川次雄、伊藤秀裕
  • プロデューサー - 鷲頭政充、糸井美喜、大塚玲美
  • 原作 - 岡田伸一
  • 脚本 - 佐藤佐吉、伊藤秀裕
  • 撮影 - さのてつろう、岡本和大
  • 照明 - 蒔苗友一郎
  • 録音 - 沼田和夫
  • 美術 - 平井淳郎
  • 衣装 - 吉田実穂
  • ヘアメイク - 大江一代、氏井美沙
  • 編集 - 目見田健
  • 音楽 - MOKU
  • オープニングテーマ - ナイトメア『TABOO』
  • エンディングテーマ - ナイトメア『ドラスティカ』
  • 配給 - ティ・ジョイ
  • 製作 - 映画「奴隷区 僕と23人の奴隷」製作委員会

テレビアニメ[編集]

漫画版を原作とするテレビアニメ『奴隷区 The Animation』(どいれく ジ・アニメーション)が、2018年4月よりTOKYO MXほかにて放送中[1]

スタッフ(アニメ)[編集]

  • 原作 - 岡田伸一、オオイシヒロト[1]
  • 監督・シリーズ構成・脚本 - 倉谷涼一[1]
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - ごとうじゅんじ[1]
  • プロップデザイン - 枝松聖[1]
  • 美術監督 - 倉田憲一[1]
  • 色彩設計 - 津守裕子[1]
  • 撮影監督 - 藤田智史[1]
  • 3DCGI - 伴善徳[1]
  • モニターワークス - 長谷川朋史[1]
  • 2Dデザイン - 越阪部ワタル[1]
  • 編集 - 櫻井崇[1]
  • 音響監督 - 阿部信行[1]
  • 音楽 - 長田直之[1]
  • 音楽プロデューサー - 安田spacey尊行[1]
  • 音楽制作 - SPACEY MUSIC ENTERTAINMENT[1]
  • プロデューサー - 小沼利行、中野雄一、柱山泰佐、森田剛、山崎史紀、鈴木英昭、鈴木良兵、吉田裕二、清水広行、安田spacey尊行、仲矢義彦、三枝俊光、五味智明、八田紳作
  • アニメーションプロデューサー - 河井敬介、渡辺隆之
  • アニメーション制作 - ゼロジー×ティー・エヌ・ケー[1]
  • 製作 - 「奴隷区 The Animation」製作委員会(博報堂、双葉社、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、ブルーク、ゼロジー、カカオジャパン、エイ・クラフト、SPACY MUSIC ENTERTAINMENT、イコロ、トーハン、かぴばら、テレビ東京メディアネット

主題歌[編集]

オープニングテーマ「カラカラな心」[27]
作詞・作曲・歌 - 阪本奨悟 / 編曲 - 田中隼人
エンディングテーマ「BJ」[27]
作詞 - 安田尊行 / 作曲・編曲 - ミライショウ / 歌 - Pile

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督
#01 選択 -sentaku- 倉谷涼一 ごとうじゅんじ、神田岳、渡辺はるか
#02 束縛 -sokubaku- 西島克彦 鈴木薫 中島美子、清水勝祐、服部益実
斉藤香織
#03 被虐 -higyaku- 柳沢テツヤ 朝岡卓矢 石動仁、岩永浩輔、神田岳
櫻井拓郎、二宮奈那子、細田沙織
渡辺はるか
#04 計画 -keikaku- 大畑晃一 まつもとよしひさ 山村俊了、齋藤香織、津熊健徳
#05 困惑 -konwaku- きみやしげる 和田拓也 小林一三、和田拓也
#06 自覚 -jikaku- 柳沢テツヤ 安藤貴史 服部憲知、櫻井拓郎、栗井重紀
森悦史、本田創一、冨田佳亨
服部益実、松本和志
#07 隷属 -reizoku- 倉谷涼一 吉田俊司 岩永浩輔、宇都木勇、神田岳
齊藤佳子、福永純一、渡辺はるか
#08 発覚 -hakkaku- 西島克彦 鈴木薫 服部益実、中島美子、清水勝祐
齊藤香織
#09 交錯 -kousaku- 大畑晃一 朝岡卓矢 齊藤佳子、中島美子、清水勝祐
神田岳、宮澤努、岩永浩輔
櫻井拓郎、斉藤香織、朝岡卓矢
二宮奈那子
#10 転落 -tenraku- 柳沢テツヤ 相浦和也 藤原潤、宇都木勇、服部益実
中島美子、斉藤香織、清水勝祐
齊藤佳子、岩永浩輔、越智博之
山下敏成
#11 収穫 -syukaku- 西島克彦 水本葉月 櫻井拓郎、栗井重紀、服部益実
青野厚司、北沢典子、はっとりますみ
富田佳享、森山剛史、齊藤佳子
朝岡卓矢、宇田みさき、狩野都

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[28]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [29] 備考
2018年4月13日 - 6月29日 金曜 1:00 - 1:30(木曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
金曜 1:05 - 1:35(木曜深夜) TOKYO MX 東京都
2018年4月14日 - 6月30日 土曜 0:30 - 1:00 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり

インターネットでは、Netflixにて独占配信されている[1]

BD / DVD[編集]

発売日[30] 収録話 規格品番
BD DVD
1 2018年7月25日予定 第1話 - 第2話 PFLB-0001 PFLU-0036
2 2018年8月8日予定 第3話 - 第4話 PFLB-0002 PFLU-0037
3 2018年8月22日予定 第5話 - 第6話 PFLB-0003 PFLU-0038
4 2018年9月5日予定 第7話 - 第8話 PFLB-0004 PFLU-0039
5 2018年9月19日予定 第9話 - 第10話 PFLB-0005 PFLU-0040
6 2018年10月10日予定 第11話 - 第12話 PFLB-0006 PFLU-0041

タイアップ[編集]

テレビアニメ放送開始3日後にあたる2018年4月16日から30日にかけてゴーゴーカレー秋葉原の2店舗限定で、コラボカレーの販売のほかコラボカレーを注文した人に限りノベルティを先着でプレゼントすることが決定した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w “「奴隷区 The Animation」追加キャストに千本木彩花、緑川光、木下鈴奈”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年1月25日). https://natalie.mu/comic/news/266587 2018年2月4日閲覧。 
  2. ^ Character”. 【公式】「奴隷区 The Animation」. 2018年5月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p “「奴隷区 The Animation」小西克幸、森久保祥太郎ら追加キャスト16名を一挙発表”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年2月24日). https://natalie.mu/comic/news/270931 2018年2月24日閲覧。 
  4. ^ Character”. 【公式】「奴隷区 The Animation」. 2018年5月18日閲覧。
  5. ^ 僕と23人の奴隷”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  6. ^ 僕と23人の奴隷 覚悟の重さ編”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  7. ^ 僕と23人の奴隷 東京大かくれんぼ編”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  8. ^ 奴隷区2nd. 新宿奇行会”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  9. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 I”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  10. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 II”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  11. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 III”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  12. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 ex.”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  13. ^ “勝負に負けたら奴隷に、「奴隷区」舞台やキャラ一新した新シリーズ1巻”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年5月28日). https://natalie.mu/comic/news/234409 2018年2月4日閲覧。 
  14. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 1”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  15. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 2”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  16. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 3”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  17. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 4”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  18. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 5”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  19. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 6”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  20. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 7”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  21. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 8”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  22. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 9”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  23. ^ 奴隷区 僕と23人の奴隷 10 完”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  24. ^ 大奴隷区 君と1億3千万の奴隷 1”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  25. ^ 大奴隷区 君と1億3千万の奴隷 2”. 双葉社. 2018年2月4日閲覧。
  26. ^ 大奴隷区 君と1億3千万の奴隷 3”. 双葉社. 2018年4月30日閲覧。
  27. ^ a b Music”. 【公式】「奴隷区 The Animation」. 2018年3月12日閲覧。
  28. ^ On Air”. 【公式】「奴隷区 The Animation」. 2018年3月12日閲覧。
  29. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  30. ^ BD & DVD”. 【公式】「奴隷区 The Animation」. 2018年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]