プロカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プロカ (Proca) はローマ建国神話に登場するアルバ・ロンガの13代目の王。プロカス (Procas) とも。アヴェンティヌスの子で、ヌミトルアムリウスの父[1]。ローマの建国者ロムルスの曽祖父にあたる。

伝承によれば、先代の王アウェンティヌスは二人の息子のうち兄のヌミトルには王位を[1]、弟のアムリウスには財産と領土を遺した。しかし後にアムリウスはヌミトルの王位を簒奪し自らがアルバ・ロンガの王位についた[1]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ファウヌス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンキーセース
 
アプロディーテー
 
ラティヌス(1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレウーサ
 
アエネーイス(2)
 
 
 
ラヴィニア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスカニウス(3)
 
 
シルウィウス(4)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シルウィウス?
 
 
アエネーイス・シルウィウス(5)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブルータス
 
 
ラティヌス・シルウィウス(6)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルバ・シルウィウス(7)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アテス(8)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カペス(9)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カペートゥス(10)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティベリヌス・シルウィウス(11)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリッパ・シルウィウス(12)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルディウス(13)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アヴェンティヌス(14)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロカス(15)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヌミトル(16)
 
アムリウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レア・シルヴィア
 
マールス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘルシリア
 
ロームルス(17)
 
レムス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウィッリウス


脚注[編集]

  1. ^ a b c ティトゥス・リーウィウス、1巻3。

参考文献[編集]