ヌミトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヌミトル (Numitor) はローマ建国伝説に登場するアルバ・ロンガの王。ロームルスレムスの祖父。

伝承によれば13代目のアルバ・ロンガの王プロカの息子でアムーリウスの兄。ロームルス、レムスの母レア・シルウィアの父であり、他に息子ラウススがいた。

父王プロカの死後、本来継ぐはずであった王位を弟アムーリウスに簒奪され、さらにヌミトルの子孫による王位の奪還を防ぐためアムーリウスによってラウススも殺害された。加えて娘レア・シルウィアも処女が義務付けられているウェスタの巫女とされた。

それでもレア・シルウィアはマールスが父とされる双子を懐妊し出産する。しかしこの双子はアムーリウスによってティベリス川に流された。

流された双子はアムーリウスの牧夫ファウストゥルスに拾われ、ロームルスレムスと名付けられ立派な若者に成長する。成長した二人はパラティヌスの牧夫たちの指導者となっていた。

ヌミトルはパラティヌスに南のアウェンティヌスに土地と牧夫たちを持ちつづけていたが、この牧夫たちはアムーリウスの牧夫たちと争いを起こしていた。あるときヌミトルの牧夫たちはレムスを拉致し、ヌミトルの元につれてきた。ヌミトルはアムーリウスにレムスを訴え身柄を引き渡したが、すぐにアムーリウスはレムスをヌミトルに渡しその処分を任せた。

ヌミトルはレムスの堂々とした容姿を見て、二人きりになるとその生まれを訪ねた。レムスは自分たちがファウストゥルスの本当の子供ではなく川に流されていたことを語るとヌミトルは自分の孫が生きていたことを知った。

その後アムーリウスから使者が送られたが、この使者からアムーリウスも双子の生存を知ったことを知らされる。これを契機としてヌミトルらはアムーリウス打倒に蜂起し、ロームルスらによってアムーリウスは殺された。

ヌミトルがアルバ・ロンガ王に復位したのち、ロームルスとレムスは新たな都市を築くためアルバを去る。ヌミトルはこの双子の企てを支援したという。

ヌミトルの死後アルバ・ロンガの王位はローマの王となっていたロームルスに渡ったという。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オデュッセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンキーセース
 
アプロディーテー
 
ラティヌス(1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレウーサ
 
アエネーイス(2)
 
 
 
ラヴィニア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスカニウス(3)
 
 
シルウィウス(4)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シルウィウス?
 
 
アエネーイス・シルウィウス(5)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブルータス
 
 
ラティヌス・シルウィウス(6)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルバ・シルウィウス(7)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アテス(8)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カペス(9)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カペートゥス(10)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティベリヌス・シルウィウス(11)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリッパ・シルウィウス(12)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルディウス(13)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アヴェンティヌス(14)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロカス(15)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヌミトル(16)
 
アムーリウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レア・シルヴィア
 
マールス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘルシリア
 
ロームルス(17)
 
レムス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウィッリウス