ディディエ・ケロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディディエ・パトリック・ケロー
ディディエ・パトリック・ケロー
人物情報
全名 Didier Patrick Queloz
生誕 (1966-02-23) 1966年2月23日(54歳)
国籍 スイスの旗 スイス
出身校 ジュネーヴ大学
学問
研究分野 天文学
研究機関 ケンブリッジ大学
博士課程
指導教員
ミシェル・マイヨール
学位 博士
主な業績 太陽系外惑星の研究
主な受賞歴 ウルフ賞物理学部門(2017)
ノーベル物理学賞(2019)
公式サイト
Didier Queloz
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2019年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:太陽型恒星を周回する太陽系外惑星の発見

ディディエ・パトリック・ケロー: Didier Patrick Queloz (1966-02-23) 1966年2月23日 - )は、太陽系外惑星の探査を専門とする天文学者。1995年、指導教官ミシェル・マイヨールと共に、史上初めて主系列星を公転する太陽系外惑星を発見したことで知られる[注 1]。2019年、その功績からマイヨールとともにノーベル物理学賞を受賞した[1][2][3]

専攻[編集]

ケローは1990年ジュネーヴ大学物理学修士を取得し、1992年天文学天体物理学の学位を取得した。その後、彼はジュネーブ天文台にてミシェル・マイヨールの指導の下で、論文“Research by cross-correlation techniques”を書き上げ、1995年博士号を取得した。

業績[編集]

ジュネーヴ大学の大学院生であった1994年、ミシェル・マイヨールの指導の下で、オート=プロヴァンス天文台の口径1.93メートルの望遠鏡に設置された高分解能分光計ELODIEを使い、褐色矮星巨大惑星の探索のため、太陽に似た142個の恒星の観測を始めた[4]。1994年末、マイヨールとケローは、ペガスス座51番星に木星より小さな惑星が周回することで起こされると考えられる周期的な変動があることに気付いた[4]。特筆すべきことに、この惑星の公転周期はわずか4.2日であり、これは当時想定されていた理論からは考えられないことであった[5]。しかしながら、1995年7月までのデータで惑星の存在に確信を得た2人は、1995年10月6日、太陽と同じ主系列星では史上初めてとなる太陽系外惑星の発見を報告した[6][7][注 1]。この発見が評価され、2019年10月、マイヨールとケローは、現代宇宙論研究者のジェームズ・ピーブルスとともにノーベル物理学賞が授賞されることが発表された[8][1]

賞・栄典・勲章[編集]

科学アカデミー会員[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 主系列星以外では、1992年にアレクサンデル・ヴォルシュチャンらがミリ秒パルサーPSR 1257+12を公転する惑星を発見している。

出典[編集]

  1. ^ a b c “The Nobel Prize in Physics 2019” (プレスリリース), The Nobel Foundation, (2019年10月8日), https://www.nobelprize.org/uploads/2019/10/press-physics2019.pdf 2019年10月9日閲覧。 
  2. ^ 系外惑星追う「変わり者」の学生、ノーベル物理学賞科学者に”. AFPBB News (2019年10月9日). 2019年12月8日閲覧。
  3. ^ 2019年のノーベル物理学賞、欧米の研究者ら3氏に 宇宙論の業績で”. AFPBB News (2019年10月8日). 2020年7月30日閲覧。
  4. ^ a b Mayor 2015, p. 156.
  5. ^ Mayor 2015, pp. 156-158.
  6. ^ Marsden, Brian G. (1995-10-25). “51 Pegasi”. International Astronomical Union Circular. Circular No. 6251. http://www.cbat.eps.harvard.edu/iauc/06200/06251.html#Item1. 
  7. ^ Mayor, Michel; Queloz, Didier (1995). “A Jupiter-mass companion to a solar-type star”. Nature 378 (6555): 355-359. doi:10.1038/378355a0. ISSN 0028-0836. 
  8. ^ “2019年ノーベル物理学賞を宇宙物理学の3氏が受賞”. 国立天文台(NAOJ). (2019年10月8日). https://www.nao.ac.jp/news/topics/2019/20191008-nobel-prize.html 2020年2月27日閲覧。 
  9. ^ “Michel Mayor et Didier Queloz lauréats du prix Wolf en physique” ((フランス語)) (プレスリリース), ジュネーヴ大学, (2017年1月4日), http://www.unige.ch/communication/archives/2016/mayor-queloz-wolf.html 
  10. ^ 177415 Queloz (2004 CK3)”. JPL Small-Body Database Browser. アメリカ航空宇宙局ジェット推進研究所. 2019年10月10日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]