ディディエ・ケロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディディエ・パトリック・ケロー
ディディエ・パトリック・ケロー
人物情報
生誕 (1966-02-23) 1966年2月23日(53歳)
国籍 スイスの旗 スイス
出身校 ジュネーヴ大学
学問
研究分野 天文学
研究機関 ケンブリッジ大学
博士課程
指導教員
ミシェル・マイヨール
学位 博士
主な業績 有史上で初の太陽系外惑星の発見
主な受賞歴 ウルフ賞物理学部門(2017)
公式サイト
http://obswww.unige.ch/~queloz/Welcome.html
テンプレートを表示

ディディエ・パトリック・ケロー(: Didier Patrick Queloz, (1966-02-23) 1966年2月23日 - )は、太陽系外惑星の探査を専門とする天文学者である。

彼は指導教官であったミシェル・マイヨールと共に、有史上で初めて、太陽系外惑星発見した。

専攻[編集]

ケローは1990年にジュネーヴ大学物理学修士を取得し、1992年に天文学天体物理学の学位を取得した。

その後、彼はジュネーブ天文台にてミシェル・マイヨールの指導の下で、論文“Research by cross-correlation techniques”を書き上げ、1995年に博士号を取得した。

業績[編集]

1995年当時に、ミシェル・マイヨールのグループは、惑星の重力によるペガスス座51番星のふらつきを、ドップラー効果による波長の変化で測定していた。 その当時には太陽系外惑星を直接観測(画像撮影)する手段が無かった[1]からである。

博士課程に在籍していたケローは、彼の指導の下で、ソフトウェアを開発し[1]、観測データの分析で僅か4.2日の公転周期を持つ惑星を発見した。 この惑星は、後にペガスス座51番星bと命名され、太陽系の在り様や当時の惑星形成理論からは全く説明できず[2]ホットジュピターに類することが判明している。

賞・栄典・勲章[編集]

注釈[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]